FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2021/02«│ 2021/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2021/04
23:12:14


今回は前回の観光編に続き観光編PART2です。
前回は、シティツアーで周った観光地巡りだったけど、今回は一人でMRTに乗ったり歩いたりしてブラブラしたところの紹介です。
たいしたところにもいってないので、つまんないと思うけどよろしく。

a05_20100915215616.jpg


上段:寧夏路夜市
下段:士林夜市

台北と言えば夜市。
屋台ってアジアの国には結構あって、ボクは結構庶民的な屋台ってのが好きなんで、どこにいっても屋台には必ず寄るんだけど、台北は夜市ってのが何箇所もあるんで、屋台の本場って感じで台北旅に屋台ははずせません。
今回も二箇所いきました。
寧夏路夜市は、泊まったホテルから歩いて5分ぐらい場所にあったんで、台北に着いた日に早速お出掛けして、その日の晩御飯を食べてきました。
庶民的で地元の人が多いって言われてる夜市で、食べ物屋さんがほとんどで、あとは子供が遊ぶスマートボール屋さんみたいなゲームの屋台が数軒ありました。
士林夜市は観光客は必ず寄るという台北で一番有名で大きな屋台街で、5年前に台北に来た時にも来たので2回目です。
食べ物屋さんは屋内にあって、雑貨屋さんは屋外にお店が並んでます。
5年ぶりですが、前回来た時に食べたお店とかも覚えてました。
今回は別のお店で食べたんだけど、何を食べたかは次回グルメ編でご報告しますね。


a06_20100915215637.jpg

上段:西門町
下段:ゲイタウン

西門町は台湾の原宿と言われてる場所で、右写真でわかる通り夜遅くまで若者でいっぱいです。
服屋さんとかアクセサリー屋さんとかがたくんさん並んでます。
左写真の紅楼劇場がガイドブックの写真とかにも使われて有名なんだけど、この紅楼劇場の裏手あたりが一応ゲイタウンになってます。
ゲイタウンと言うほどじゃなくてゲイスポットって感じかな。
一階はオープンカフェのお店が何軒か並んでて奥のほうにある『G楽園』ってお店には、日本人のいかにも系ゲイと思わしき人(レインボー祭りで神輿をかついでるようなタイプの人)が5,6人で飲んでました。
左写真はゲイスポットのハシリとなったと言われる『小熊村』(笑
右写真はそのオープンカフェのある建物の二階です。
わかりずらいと思うけど、ショップが並んでます。
服、下着、大人のおもちゃ、DVD・・・・


Picnik collage


左:101
右:珈琲時光

101は竣工当時は世界一高い建物だった超高層ビルで、高さ509.2m、地上101階、地下5階建てのすごい建物で、5年前に来た時に展望階に昇ったので、今回はパス。
遠くから写真だけ撮りました。
侯考賢の映画のタイトルにもなった珈琲時光は、侯考賢監督がプロデュースした台北之家(台北フィルムハウス)というところにあるカフェです。
ここにはカフェ以外にもバーやミニシアターがあったりします。
映画『珈琲時光』は小津安二郎監督生誕100年を記念して作られた侯考賢監督の映画で、主演は台湾出身の一青窈です。
それほど興味はなかったのですが、名作をたくさん撮った侯考賢監督がプロデュースしたということと、たまたま近くを通りかかったということで、ちょっと寄ってみました(^^;)

あと、写真に撮ってないところでどこいったかなぁ。
電脳街(秋葉原みたいなところ)ぐらいかなぁ。
まぁ、基本的にはシティツアー以外はのんびりとした旅だし、期間も短かったんでそんなにお出掛けはしませんでした。


そういうことで、次回はグルメ編かな。

z001.jpg




コメント
夜店とか屋台って、それだけでワクワクするね。
アジアの国って屋台で外食する習慣の有る所が多いね。

頭隠して尻隠さず(笑)
可愛いなぁ。
ぎゅーっと抱き締めたい。

jabeque│URL│2010/09/16(Thu)00:31:30│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2010/09/16(Thu)01:02:12│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2010/09/16(Thu)04:54:02│ 編集
コメントサンキュー★
jabequeさん
そうですよね、日本にいても夜店や屋台ってワクワクしますもんね。
台北もそうかもわかりませんが、アジアの国では夜は家で食べずに外で食べるのが普通だって聞いたことありますよ。
安く美味しいものが食べることができたら、後片付けや料理の時間も節約できるんだから楽ですもんねv-392
今日の画像は顔隠して尻隠してちん○隠さずって感じです(笑

yamanari│URL│2010/09/16(Thu)12:04:08│ 編集
コメントサンキュー★
匿名さん
屋台っていいですよねぇ。
地元の人たちでいっぱいの屋台に入っていくのってちょっと勇気いるけど、一旦座ればもうあとは注文したらいいだけですからね。
台北にもゲイタウンというかゲイスポットがありますよ。
5年前に来た時は、ゲイスポットがあるのを知らなかったんだけど、ゲイクラブにはいきましたよv-221
旅日記の時の画像はすべて台北で撮った画像です。

yamanari│URL│2010/09/16(Thu)12:06:50│ 編集
コメントサンキュー★
匿名さん
旅って楽しい思い出がたくさん出来るから好きなんですよねぇ。
画像は全てセルフですよ。
旅のときもそうでないときも。
トリミングも一応したりしますけど、一人でセッティングしてハイポン!でOKですよ(笑
一人旅は気楽でいいですよv-221

yamanari│URL│2010/09/16(Thu)12:11:47│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2010/09/16(Thu)19:22:41│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2010/09/16(Thu)21:14:05│ 編集
コメントサンキュー★
匿名さん
どうぞどうぞ紹介してあげてください。
今日も電車の中で読んで・・・ v-406
画像を楽しみにしてくれてるのってやっぱ嬉しいです!

yamanari│URL│2010/09/17(Fri)12:26:13│ 編集
コメントサンキュー★
匿名さん
そうですね、アジアって屋台多いですよね。
安くて美味しく気軽に食べることができるから便利なんだよね。
日本の屋台は逆に高いかもしれませんねぇv-390
すべすべですよv-392

yamanari│URL│2010/09/17(Fri)12:31:02│ 編集
夜市いいネッ!
yamanariクン
夜市いいなあ。アジアな雰囲気が。
それにしても、よく5年まえに食べたお店を覚えてタネ~(^。^)
西門町の行き交うヒト達の様子がとても活気があって好きwエネルギーを貰える気がするよ~

ペィペィ│URL│2010/09/17(Fri)23:00:14│ 編集
記事をupしました。
yamanariくんのブログのアーカイブを見ていたら、まだ読んでない月を見つけました。
全部見たと思っていたから、後からオマケを貰ったみたいで嬉しかった。

jabeque│URL│2010/09/18(Sat)00:09:48│ 編集
コメントサンキュー★
ぺぃぺぃ
アジアって夜市があるのがいいよね。
夜市の屋台で食べてるとアジアに来たって感じするよ。
5年前に一度来ただけなんだけど、お店を覚えてたのは自分でもびっくりした(笑
西門町ってところは夜になっても人がいっぱいですごく活気があったよ。

yamanari│URL│2010/09/18(Sat)00:29:20│ 編集
コメントサンキュー★
jabequeさん
わざわざ昔のブログまで見てくれてサンキューですv-398
ブログって過去のも全部残ってるから、自分でも昔の日記を見たりしたら懐かしいですよ。


yamanari│URL│2010/09/18(Sat)00:33:39│ 編集
コメントサンキュー★
icyfireさん
初コメありがとうございます。
台湾にいってきたんですかぁ!
台湾は日本人に優しいですし旅しやすい国ですよね。
ゲイスポットいってきたんですね。
ボクも台湾ではゲイディスコに行ったけどカワイイ男子がいっぱいで良かった記憶がありますよ。
でも皆英語が話せるわけじゃないですから、なかなかお近づきになるのは難しいですよねv-408
士林夜市でボクが買った下着が同じ値段でv-405
あまり変わらないんです(笑
二回目となるともう慣れたもんですから、次がホントの楽しみかなv-392

yamanari│URL│2011/05/18(Wed)21:50:15│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanari.blog122.fc2.com/tb.php/561-abbf835a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
動画サイト
メンズキャンプ バディ ExGays Boys Star Movie
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード