FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2019/12«│ 2020/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/02
23:30:57
b1591.jpg

さて、地下鉄を乗り継いで北京北駅にいこうと思ってたボクですが、Tシャツが匂い付き、タレのマンダラ模様付きになってかなりブルーになってしまい、なんか気力がなくなっていまい、タクシーでいくことにしました。
道路脇に止まって外に出ていた運ちゃんが人の良さそうなオッチャンだったので、その人に「北京北駅」と書いたメモを見せたところオッチャンはいきなり「How Much?」と。
おいおい、それはこっちのセリフだろう!
どうもいきなり白タクを捕まえたみたいです(^^;)
断ることも出来たんだけど、まぁいいっかぁと思い、10分以上にも及ぶ値交渉。
面倒くさくなり結局乗りましたけど、たぶんメータータクシーの2倍か3倍ぐらいは払ってるんじゃないかなぁ。
地下鉄でいく20倍か30倍ぐらいの料金。
日本円にしたらたいしたお金じゃないし、一応納得して乗ったんだけどなんかもうブルーの連続です。
車の中で運ちゃんが「どこから来た?」と言うから「リーベン」と答えると「リーベンレンかぁ!」と露骨にイヤな顔をしました。
反日というのか、とにかく日本人が嫌いなんでしょうね(--;)

ということで、反日の運ちゃんに拉致されることも意地悪されることもなく無事北京北駅に到着。
せっかく来たので時刻表を見るだけじゃなく、切符を今日買えるなら買っておこうと思って切符売り場窓口にいったんだけど・・・・何のこっちゃあって感じで全く何がどうなってるのかわかりましぇん(^^;)
当分掲示板を見たりうろうろしてたんだけど、どうしようもないのでいくつかある窓口に並びました。
あっ、駅と切符売り場はこんな感じです↓

aa10_20090702231916.jpg

ボクが窓口のオバチャンに伝えたいことは、
八達嶺駅(万里の長城)までいきたい、明日の午前発の列車で、着いてから2~3時間後の帰りの列車があるのか、あるんであれば往復で買いたい、一等車で・・・と言うこと。
オバチャンが英語が話せるならどうにか伝えることは出来るだろうけど、もし英語が話せないなら筆談しかないと思い並んでる間にペンとメモ帳を準備。
ボクの順番がやってきました・・・英語はやっぱムリみたいです(^^;)
ボクはメモに必要なことを書いてオバチャンに見せたけど何故か理解できないみたいです。
おばちゃんは平気で早口の中国語でボクに話して来ますけどボクちんぷんかんぷんですからぁ!
ボクもおばちゃんにわかってもらえるように、メモを指さしながら英語で一語一語確認しながら話したりしたんですが、おばちゃんにはちんぷんかんぷんのようです。
ボクの後ろには行列が・・・何事が起こったんだ!早くしろよ!って感じでボクとおばちゃんのやり取りを見ています。
どうしよう、もう列車でいくのはあきらめてツアーバスでいくしかないかなぁってあきらめかけてたら、突然オバチャンがマイクを持って大きなボリュームで館内放送をしました。
何事かと思ってたんだけど、別に何が起きるわけでもなく・・・おばちゃんはしつこく何度も何度も館内放送してます。
しまいにおばちゃんの声が大きくなったのか、マイクのボリュームを上げたのか大音量に。
切符売り場周辺がワイワイガヤガヤと騒然・・・皆がボクのほうを向いてます・・・
なんかよくわかんないけどヤバイ?もう、このまま黙ってフェイドアウトしたほうがいい?・・・と、思ってたその時、客のなかから若い女性がやって来てオバチャンと何か会話、もちろん中国語で。
そしてボクには英語で・・・。
どうもオバチャンは館内放送で「ダレか英語話せる人いる?日本人が何か言ってるけどわからないのよぉ!何とかしてぇ!」と言ったみたいです(^¥^;)
このようにしてボクはどうにか翌日八達嶺にいく片道切符を買うことができたのでした。

b1589.jpg



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2009/07/03(Fri)00:36:10│ 編集
な、なんなら日本語できるその辺の人(笑)ってことで館内放送してほしいよね。

まぁブログコメなんで堅苦しいことはいいたくないけど、自分がアジアに旅行したくないのは日本との過去の歴史が云々・・・--ってーのもひとつなんだよねー。
戦後60年以上も経つのに未だに日本人みてそういう態度って、、、悲しいネ。
自分の意見やけど日本の国もそして国民も過去のやったことの反省とお詫びは少なからずしてきたと思うんやけど、そんで今もやっていると思うんだけどナァ、、、(涙)

聞くところによると中国には反日記念館、南京大虐殺記念館があちこちにあるとか、、、、悲しいヨ(><)

でぇ、肝心のyama様の旅行記、、、もうっ、例のポタポタタレのお陰でブルー心全開な旅やんなぁ、、今のところは! さて、yamanari君は万里の長城でブルー心を吹っ飛ばせるのか、乞うご期待って感じやネッ(^0^)

NX−01│URL│2009/07/03(Fri)01:16:51│ 編集
謝謝☆
匿名さん
もうね、勇気と度胸だけだねv-413
一人旅って頼る人がいるわけでもないしさ、自分自身でなんとかしなければならないという追いつめられた立場だから、行動するしかないんだよね。
ただ言葉がねv-408
ま、おばちゃんのいきなりの館内放送ってのもある意味行動力ある人って感じだよねぇ(笑

yamanari│URL│2009/07/03(Fri)10:45:52│ 編集
謝謝☆
NX-01さん
ホントだね、ボクが英語で話しかけたから英語で話す人を呼びかけたのかなぁ。
日本語話せる人なんていないって決めつけてたからかなぁ。
反日・・・戦争中のことはよく覚えてません・・・てか、生まれてないけどv-408
日本が中国や東南アジアの人々にしてきたことに対しての反省とお詫びが十分だと考えるか、まだまだ不十分だと考えるかでしょうね。
まだまだ戦争で親や兄弟や子供を殺された人ってのが生きてる時代ですから難しい問題ですねv-390
で、肝心の旅行記ですが次回は念願の万里の長城編です!

yamanari│URL│2009/07/03(Fri)10:52:20│ 編集
なる兄のギャップが好き
なる兄はスリムでお肌ツルツルなのに、ゴリマッチょな男をイメージできる強気な一面が魅力的(〃ー〃)
交渉で困ったら、なる兄に頼ろう♪

たかし│URL│2009/07/03(Fri)11:12:10│ 編集
謝謝☆
たかしくん
ゴリマッチョってなんだぁ~v-362v-401
よくわかんないけどゴリラのようなマッチョって意味なのかぁ?
痩せててもタフでなければならない、という諺があったかどうかは知らないけれど。
一人旅は老後一人ぼっちになった時に生きていくためのいい練習だよv-408

yamanari│URL│2009/07/03(Fri)11:24:46│ 編集
前回の
タレの一件は、万里の長城への苦難の序章だったわけですね

歴史的な反日感情や言葉の壁はなかなか辛いものありますからね

まぁ、yamanariさんもいろいろ旅をしてるから、想定の範囲内でしょうけど、いざそういう場面に遭遇するとブルーになっちゃいますよ
総てはタレのせいという事で…いよいよ万里の長城ですね

一等車の優雅な旅だった事を祈りつつ…続きを楽しみにしてます!

あすむ│URL│2009/07/03(Fri)15:08:08│ 編集
今日の室内の写真綺麗男女不詳のエロスですね!

たいち│URL│2009/07/04(Sat)05:57:44│ 編集
謝謝☆
あすむさん
そうそう、よくおわかりでv-392
タレはまだまだ序章だったんです。
いつもある程度のトラブルみたなものがあって、又それが後々思い出に残ることでもあるんだけど、やっぱそん時はブルーな気分になりますねv-408
歴史的な問題は辛いですね。
そういった意味でも戦争ってのはお互いに不幸な出来事であって、絶対にしてはいけないものですねv-390
次回は念願の万里の長城です。

yamanari│URL│2009/07/04(Sat)13:58:09│ 編集
謝謝☆
たいちさん
エロスですかぁ?v-405
う・・・ん、写真っていろいろ表現方法があって面白いですねぇv-392

yamanari│URL│2009/07/04(Sat)14:01:43│ 編集
反日感情
反日感情は、中国人なら誰でも持っているのでしょうかね、そんな教育を受けているのかな。

海外旅行では、言いたいことが言えないもどかしさって、よくあるのね。なんで、あんた、英語が分かんないんだよ、なんて。その国に行けば、こっちがその国の言葉言わなきゃいけないのにね。

スタンドにぼんやりと照らされた良い雰囲気の写真ですね。

達人│URL│2009/07/04(Sat)17:50:05│ 編集
謝謝☆
達人さん
たぶん国家の政策上、反日感情を持つような教育をされてるんでしょうね。
それに歳いった人は戦争を実体験してますからね。
中国では特に言葉の問題がありましたね。
値段を聞いても他の国なら少しわかるんだけど、中国ではホントにわからなかったですv-393
スタンドの明かりがいい雰囲気を出してますよねv-392

yamanari│URL│2009/07/04(Sat)18:11:19│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanari.blog122.fc2.com/tb.php/317-5b2012b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード