FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2020/05«│ 2020/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/07
2020/03/16
22:32:19
067-2-1.jpg

インドといえばタージマハール。
タージマハールといえばインドw

054-2-1.jpg

デリーからタージマハールのあるアグラという街まで車で約4時間ですよ。
電車だと2時間ぐらいでいけるらしいです。
但し、時間通りに電車が来るかどうかは・・・

055-1-1.jpg

いやぁ、凄く悩んだんですよね。
タージマハールを見にいくかどうか。
車で4時間って結構キツイじゃないですか。
正味3日間しかないインド滞在で、丸1日を潰しちゃうんですからね。
でもでも凄く考えて、結局行くことにしたんですよね。
やっぱ、タージマハールですから。

066-1-1.jpg

結論として、わざわざ来て良かったです。
凄く良かったです。
写真では伝わらないと思うけど、遠くからみたタージマハールが絵画のように綺麗で、もちろん近づいていくに連れてその大きさを感じられるようになってよく見えるようになってくるんだけど、綺麗なものは綺麗。
結構、歴史上の建築物や遺跡やらたくさん見てきましたけど、この綺麗さ、見た時の感動はこれまででNo.1ですね。

058-1-1.jpg

でね、ボクが写っている写真↑を一枚あげとくけど、インドの服(名前がわからない)を着てますよね。
コレって、レンタル出来るんですよ。
最初、ガイドさんに『1500Rp(約2,400円)でレンタル出来るけど?』って聞いた時は「そんなのいいよ」って断ったんだけど、よくよく考えて、せっかくの記念だし、と考え直し、レンタル屋さんに連れて行ってもらったんですよ。
そのレンタル屋さんに行って、「レンタル代高いね、1500Rpも出したら買えるんじゃない?」って言ったら、『買うんだったら2000Rp(約3,200円)ね、但しズボンはなしで』。
「うーん、やっぱレンタルでいいや、買って日本に持って帰っても多分着ないから」と答えたんだけど、レンタルできるのはちょっとダサい奴しかなかったんですよ。
そこでまたまた考えて、結局買いましたw
だから日本でも着るようしますw

061-1-1.jpg

とにかくタージマハールお薦めです、かなり良かったです。

070-2-1.jpg
↑ガイドに連れて行ってもらったレストランの入り口に立っていた呼び込みの人

069-1-1.jpg
↑ビュッフェです。
カレー3種と、揚げ春巻きと、フライドヌードルと、ラッシーです。

070-3-1.jpg
↑レストランの前で絵葉書のような写真を売りにきた少年。
かなり熱心に売りにきたんだけど、どうしていらなかったので、写真を買う代わりに写真を撮らせてもらってチップをあげました。

072-1-1.jpg
↑アグラー城

077-2-1.jpg
↑アグラー城からタージマハールを見ることができます。

タージマハールは、ムガール帝国の5代皇帝が、奥さんが亡くなった時に、奥さんのために世界中から大理石が集められ、22年間の歳月と天文学的な費用をかけて造られた建物(つまりお墓)なんですよね。
でもあまりにもお金をかけ過ぎたからか、皇帝は息子にこのアグラー城に幽閉されたんですよ。
皇帝は亡くなるまで外に出れなかったんだけど、このアグラー城から奥さんが眠っているタージマハールをずっと眺めていたらしいです。
皇帝の死後、タージマハールの奥さんのお墓の横に葬られることになりました。
タージマハールには皇帝と皇帝の奥さんのお墓が二つ並んでありました。
※タージマハールの建物内は写真撮影不可でしたので写真はないです。
※タージマハールのマハルとは奥さんの名前らしいです。


L1001016-blog.jpg


次の記事:サモサ
このページのトップへ
前の記事:ティッカ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2020/03/16(Mon)23:51:27│ 編集
タージマハールと庶民の街とのギャップがすごいですね。

葉高大鋤│URL│2020/03/17(Tue)07:25:42│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2020/03/17(Tue)12:38:30│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2020/03/19(Thu)05:17:04│ 編集
コメントサンクス★
匿名さん
ただ単に見るだけでなくて歴史を知ると興味が一層大きくなりますよね。
正装になるのかどうかわからないけど、コレに白いズボンをはくとインドの民族衣装になるようです。
ターバンはなかったですけど、買えば良かったかなw
このお店はどちらかといえば外人さんが来店するようなお店だったので、辛さは控え目だったらしいですよ。
ライスもありましたよ。
タージマハールには車をチャーターして行ったのでかなり高かったです。
入場料とか食事代とか全部込みで2万数千円払ったと思います。
二人だと半額になるんだけど、一人でしたからね。

yamanari│URL│2020/03/20(Fri)11:49:57│ 編集
コメントサンクス★
葉高大鋤さん
やっぱインドでは貧富の差ってのが日本とは大違いですよね。
貧しい人はホント貧しくて、バラックに住んでいて子供は靴もはいてなくて、服も洗ってないような汚れた服を着てましたからね。
それに比べタージマハールの豪華絢爛さは凄いですもんね。

yamanari│URL│2020/03/20(Fri)11:52:23│ 編集
コメントサンクス★
匿名さん
タージマハールは恐ろしいほど綺麗でしたよ。
写真ではわからないと思うけど、実物で見ると絵画を見てるようで感動しますよ。
インドに行ったからにはカレー食べないとねw

yamanari│URL│2020/03/20(Fri)11:53:39│ 編集
コメントサンクス★
匿名さん
インドって地震はないのかなぁ。
今回のタージマハールやアグラ城は建物が凄く立派で、アグラ城を見た時はUSJのハリーポッターみたいだって思ったけど、それよりはもっとお金と労力を使って建ててるのでしょうね。
インドの人はハッキリした顔してるので、特に女性は美女が多いような気がしますよ。
男性も中にはかなりのイケメンもいたし、子供は可愛いですよ。
コロナ騒動がどんどん大きくなってきて今やどこにも行けそうにないけど、この時はギリギリセーフって感じでしたね。

yamanari│URL│2020/03/20(Fri)11:57:43│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanari.blog122.fc2.com/tb.php/1915-1c8faae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード