FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2019/12«│ 2020/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/02
23:02:55
秋と言えば・・・読書の秋。
ボクは本を読むことが好きで(秋にかかわらずだけどww)、そんなに読むのも早くないし読む時間も限られてるんですが、一年に数十冊もしかして百冊ぐらいは読んでると思います。
そのほとんどが小説なんですが、その小説の内、約半数が歴史小説です(今も山岡荘八の『新太平記』を読んでます)。
中学生の頃から小説が好きで暇さえあればよく本を読んでました。

これに対して実は漫画ってのがかなり苦手でした。
テレビではいくつかの漫画(アニメ?)を見てたことはありますが、いわゆる週刊誌や月刊誌などの漫画を読むことができませんでした。
周りの友人たちを見てるとホントに皆よく漫画雑誌を買って読んでるので、ボクも少しあせってきて大学時代に一番売れてる週間少年ジャンプってのを買ってみました。
結果は・・・全くダメでした。いろんな漫画がありましたが最後まで読める漫画は一つもありませんでした。
それだけ漫画が苦手だったんです。
でも今はかなり改善されました。
いくつかの漫画は読めるようになって、特に吉田秋生さんの『BANANA FISH』や『YASHAー夜叉ー』は大好きで他の吉田秋生作品とともにコミック本も所有しています。

今回初めてBL(ボーイズラブ)コミックってのを読みました。
羅川真里茂さんの『ニューヨーク・ニューヨーク』という作品です。
この漫画はゲイをテーマにしててたまたまネットで大絶賛されていてのを知って一度読んでみようと思って買ったのです。

081003_214303.jpg


内容は・・・・(ウィキペディアより転載)
ゲイの男性を主人公にしているものの世間一般に流通しているようなボーイズラブ的な内容ではなく、ゲイである事を隠して生活をする難しさやそれに伴うジレンマ、ゲイへの偏見や弾圧、肉親への罪悪感、エイズ (HIV)、更にはゲイのカップルが養子を取る事で発生する問題まで、現実に生活しているゲイの人々が直面しているあるいはするであろう極めて深刻なテーマを多岐に渡って扱い、少女漫画誌に連載されていた作品でありながら男性を含む幅広い層からの支持を獲得した作品として知られている。 2000年にドラマCDが発売された。

「花とゆめ」という少女漫画雑誌に1995年から1998年まで連載されてたということですからもう10年も前の作品です。
ボクは一気に全部読みましたが、ゲイとして生きていくための様々な問題が描かれていていろいろと考えさせられるとともに、少し感動して涙がチョチョギレました
コミック本で全4巻、文庫本で全2巻なので興味ある方はぜひ読んで下さい。
買って損はない漫画だと思います。
AMAZONの中古で買うと安いし(笑


9907-blog.jpg



コメント
漫画・・・・オレもちょっと苦手だったかなぁ・・・・。
唯一面白いと感じたのは、いしいひさいちという方が書いていた「おじゃまんが山田くん」というやつと秋本治の「こち亀」(でも今みたいな絵のレタッチじゃなくて、微妙に劇画調のタッチが残っていた時代のやつね)ぐらい。

つまり・・・ナンセンスとか、コメディっぽい作風はOKなのだけど、なんていうのかハードボイルド路線とかはちょっと厳しかったかなあ(><)。ドラゴンボールが丁度全盛の時代だったんだけど、あれのどこが面白いのか。。今ひとつ、オトナになった今も尚分からないのよねー・・・・(アセ)。

BL系というと、まっさきに美男子同士の耽美の世界を想像するけど、実はそういう路線であっても、なかなか感情の描写は丁寧に、克明に絵が書かれているんだよねぇ。
昔・・・高校のときさ、ちょっと興味があって、数冊、BL系のコミック雑誌も買ったことあるんだけど・・・・、性描写は勿論の事(笑)、その間、間の微妙な感情の絡み合いとかがまたリアルでねー、ちょっとはまったことあるんだよねぇ(^^)。
ここしばらく・・・大学卒業してからは見る機会がほとんどなくなっちゃたけど、ちょっと、フラっとまた休みの日でも本屋に立ち寄ってちょこっと久々に立ち読みしてこようかなぁ(笑)。

Ryu│URL│2008/10/07(Tue)00:09:17│ 編集
マンガ超見ます!
オススメは
・おおきく振りかぶって
・都立水商
・西洋骨董洋菓子店
ですo(^-^)o
1コ目は野球マンガで結構感動します(^_^)v
2コ目は水商売を教える高校の話で、ゲイバー科とかあって面白いです(*^_^*)
3コ目は、昔タッキーがドラマでやってて、BLだけど、普通のBLよりゲイの描写がリアルです 笑
よかったら見てくださいo(^-^)o

涼│URL│2008/10/07(Tue)00:31:56│ 編集
漫画苦手^^
昨夜窓開けてエアロバイクしてたら隣ん家の金木犀の香りがいい具合に・・・・すんまそんっ自分に似合わない台詞でした。(^^)

yamanari君、そんなに年間活字読むんだー!!スんゴぉーイ★
前も言ったかなぁ、、、自分は全くお粗末な人間でして、読書は苦手。洋服の雑誌を読むくらいかなぁ~・・・「おぉっー、このジャケット欲しぃー」とかっ(バカッ^^)
漫画は学生時代を過ぎて社会人になったら一切読まなくなったなぁ。
今も全然読みたいと思わんもんっ。(実際は内容についていけんのだが・・・苦笑^^)

やっぱ映像優先生活・・・って言っても最近はDVDなんかもそんなに観ないよねー、、、毎日時間が許す限りPC前でコチョコチョってかんじかなぁー(^-^)


NX-01│URL│2008/10/07(Tue)07:42:05│ 編集
コメントありがとぉ☆
Ryuさん
「おじゃまんが山田くん」も「こち亀」も知ってますよ。
「こち亀」はテレビのアニメでは見たことあるんだけど、コミックってすごい出てますよねぇ。
160巻ぐらい出てるんじゃなかったっけなぁ・・・v-408
ナンセンスとか、コメディっぽい作風ならOKなんだぁ。
ボクはどうなんだろう・・・まず漫画の絵がリアルっぽいのが好きかな。
だからドラゴンボールとかはテレビアニメとしては見れてもコミックとして読むことはできないんですよねぇ。
BL系としてはどうしてもエロいイメージがあって・・あっ、もちろんエロ系がイヤとかじゃなくてエロければエロいほうが読む意欲は出てくるんですが(^^;)、今回紹介した「ニューヨーク・ニューヨーク」は全くエロいシーンはなしの本格派なんでお暇なら見て下さい。

yamanari│URL│2008/10/07(Tue)10:35:27│ 編集
コメントありがとぉ☆
涼さん
マンガ超見るんだぁv-411
今やマンガの日本の世界に誇る文化ですからねぇ。
ご紹介していただいてるマンガはぜひ読んでみたいと思います。
特に2コ目が面白そうですねぇ。
お水の話とゲイの話が一つのマンガに入ってるなんてWで面白そうだもんねぇv-221
3コ目はなんかタイトルに見覚えがあると思ったらタッキーでドラマ化したんですね。
ゲイの描写がリアル・・・気になるぅ(笑

yamanari│URL│2008/10/07(Tue)10:39:50│ 編集
コメントありがとぉ☆
NX-01さん
金木犀の香りが・・・・ロマンティックですねぇ・・・てか、エアロバイクって自転車みたいなやつですかぁ??
読書苦手なんだぁv-409
洋服の雑誌はねぇ、ボクも以前までは毎月何冊も買ってましたよ。
ボクも服が好きだから服の雑誌を見るのも大好きなんで。
今でもたまに買ったりするけど、見ちゃうとどうしても欲しくなって・・・だからちょっとガマンしてますv-393
マンガについてはボクは反対で学生の頃より社会人になってから読むようになりましたね。
ボクも最近(ブログは始めてから?)PCの前に座ってる時間が長くなりましたよぉ(^^;)

yamanari│URL│2008/10/07(Tue)10:45:23│ 編集
オレも☆
小説はよく読みますよ~。
好きな作家さんの本をすべて制覇し、また次の作家さんへ・・・という感じで読むのが好きかな。
今は新しい作家さん探しという感じで、気になる本を手当たり次第読み漁ってますw

オレもあまり漫画は読まないですが、紹介された「ニューヨーク・・・」は面白そうですね!
探してみようかな。

朝陽│URL│2008/10/07(Tue)19:58:54│ 編集
コメントありがとぉ☆
朝陽さん
そうですよねぇ。
ボクも好きな作家ができたらその作家さんの本は集中的にほとんど読むって感じですねぇ。
だから好きな作家探しってのはよくわかるというか一緒ですv-221
好きな作家が誕生したらすごく幸せですよねぇ。
『ニューヨーク・ニューヨーク』は面白かったので機会があったらぜひ読んでください!

yamanari│URL│2008/10/07(Tue)21:33:32│ 編集
浜も読書好きでーーーす
yamaちゃん歴史もの好きならBL色濃いけど、壮大な歴史小説「天の華・地の地の風」よかったら~

今は伊坂幸太郎さんの読破中でーーす

「ニューヨークニューヨーク」チェックしてみますね~

浜もアニメ・コミックは全然だめだっのですが、勧められてこの春からハまってます
「夏目友人帳」おススメーーーーーじーーーんてきますっ!!!保証しますっ!!だめたっだ返金しますっ!!

浜あゆ│URL│2008/10/07(Tue)21:54:18│ 編集
コメントありがとぉ☆
浜あゆさん
読書好きなんですかぁ。
『天の華・地の地の風』?知りませんでした・・・
歴史モノでBL色が濃いってのもちょっと興味ありありだなぁv-392
一度チェックしてみますね。
『夏目友人帳』?知りませんでした・・・v-393
すごくオススメなんですねぇ(^^)
間違いなくじ------んってくるんですねぇ(笑
そこまで薦められては一度読んでみないとダメですねぇ。
ぜひ読んでみます!

yamanari│URL│2008/10/07(Tue)23:31:06│ 編集
携帯小説流行
こんばんは、yamanariくん!

僕は、長々というか、だらだらと文章を書くのは苦手じゃないんだけど、
この本を読むっていうのが、めっちゃ苦手なんだぁ(*・・*)ポッ
性格が、せっかちなのかもしれないね。
もちろん、ゲイ雑誌は、目を点にして読んじゃうけど...(;^_^A アセアセ・・・

でも、今は、携帯小説とか、デジタル形式の小説が大流行してるみたいだよね。
本離れって言われて長いけど、携帯小説....これなら読むって人も多いみたいだよね。
僕も、そうかも..。。
ボーイズラブ系携帯小説....面白いの探せばあるのかもだよね。

URL│2008/10/08(Wed)00:03:47│ 編集
コメントありがとぉ☆
敦さん
読むの苦手なんだぁ。
ボクは子供の頃から読むのが好きだったから読むのが苦手ってどう苦手なのかなぁって思っちゃうんだよねぇ。
てか、ゲイ雑誌は目を点にして読めるんだねぇ(笑
携帯小説ってどうなんでしょうね。
本なら読めないけど携帯なら読める・・・う~ん、すごい時代だねぇv-394

yamanari│URL│2008/10/08(Wed)09:58:36│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2008/10/08(Wed)20:12:58│ 編集
訂正~
すみません「天の華・地の風」です。江森備さんの書かれた三国志です(^-^)

浜あゆ│URL│2008/10/09(Thu)00:20:13│ 編集
コメントありがとぉ☆
匿名さん
はじめまして。
そしてコメントありがとうございます。
『ニューヨーク・ニューヨーク』を読んでるのですね。
ご質問の件ですが、ボクの意見がゲイの人の意見を代表してるわけじゃないし、多数意見かどうかもわかりませんがボクなりの回答を・・・
ゲイの人は、ノンケの人が女性が好きなのと同じように男性が好きなのです。
ただそれだけなんです。
だからノンケの人が女性のカラダに興味を持つように、ゲイの人は男性のカラダに興味を持ちます。
ただそれだけなんです。
だから理由なんてないというかわからないんですよねぇ。
本能でしょうか(笑
それと養子の件ですが、これもただ単に子供が好きで自分の子供が欲しかったからじゃないでしょうか。
しいてそれ以外に理由を見つけるとすると二人の愛の証ってことになるんじゃないでしょうか。
ゲイのカップルはいくら法的に結婚が認められたとしても子供は生めませんから、養子をとる以外に自分の子供を持つことしかできないですよねぇ。
生まれてきた子供が父親も母親?も男だと知った段階でどう思うかとか、それが原因でいじめられっ子になるんじゃないだろうかとかいろいろ問題があると思うのですが、とにかく自分の、そして二人の子供が欲しかったんだと解釈しています。
回答になったかどうかはわかりませんがボクなりに思ったことを書いてみました。

yamanari│URL│2008/10/09(Thu)02:16:14│ 編集
コメントありがとぉ☆
浜あゆさん
ボクも後で調べましたので間違いであることに気づきましたv-413
三国志の話だったんですね。
でも数ある三国志の小説の中でも、結構評価が高いみたいで面白そうですね。
機会あれば読んでみますね。

yamanari│URL│2008/10/09(Thu)02:18:50│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2008/10/09(Thu)07:12:33│ 編集
コメントありがとぉ☆
匿名さん
なんか上手く表現できなくてすいません。
ゲイであるボクにとってはあまり深く考えたり疑問に思ったりすることもなく、自然と受け入れられたんで、ノンケの人はこういう疑問を持つんだぁって改めて認識させて頂きました。
ボクはこの本を購入して初めて羅川さんを知ったんですが、確かに羅川さんは心理学に精通してるのかもって感じですね。
また機会があれば羅川さんの他の本も読んでみたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございます。

yamanari│URL│2008/10/10(Fri)09:09:29│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanari.blog122.fc2.com/tb.php/155-146006a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード