FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2019/12«│ 2020/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/02
2016/11/30
13:21:25
今回は写真中心で。

今回の旅の第一の目的?であるミャンマー入国に向け、
チェンライのバスターミナルから国境の街メーサイに向かいます。

チェンライのバスターミナルです。
03DSC05757-9.jpg
最初、違う場所に行ってしまって、そこにいた人に尋ねたら、
わざわざ近くまで連れてきてくれました


メーサイ行きのバスです。
03DSC05754-9.jpg
バスの行先にメーサイと書いているバスを見つけ、
バスの呼び込みをしているオバちゃんに確認して乗車しました。


結構ボロいバスです。
03DSC05759-9.jpg
当然、エアコンなんてものはついません。
いつ何時に出発するのかわからないまま乗車しましたが、10分ぐらい待ってると出発しました。
出発してから、料金(39バーツ)が徴収されます。


何故か検問に。
03DSC05770-9.jpg
チェンライからメーサイに行くまでに2回検問を受けました。
乗客全員がIDを出して厳しくチェックされます。


メーサイのバスターミナルです。
03DSC05771-9.jpg
チェンライから約1時間30分くらいで到着しました。

国境ゲートのあるところまでソンテウで移動です。
03z27-9.jpg
国境ゲートまでソンテウで20分位です(15バーツ)。

タイ側のイミグレです。
03DSC05773-9.jpg
ここでタイ出国の手続きをします。
少しドキドキしましたが、特に問題はなく、すぐに出国できました。


川を隔てた向こう岸がミャンマーです。
03DSC05775-9.jpg
いわゆるタイとミャンマーの間の地域ですw
ここに物乞いがいましたが、どちらの人だろう?
どうやってここに入ってきたのか謎ですw


タイとミャンマーの国境の川です。
03DSC05776-9.jpg
左側がタイ、右側がミャンマーです。

反対側です。
03DSC05777-9.jpg
右側がタイ、左側がミャンマーです。
せっかくの国境越えですので、時間をかけてゆっくり歩きましたが、すぐです

ミャンマー側のイミグレです。
03DSC05778-9.jpg
ここで500バーツが徴収され、写真を撮られます。
そして「今日中にタイに戻るか?」と聞かれ、
「YES」を答えると、パスポートは取り上げられ、
VISAの代わりに、ENTRY PERMITが発行されます。


これが、ENTRY PERMITです。
03z32.jpg
03z31-9.jpg
よくわからないのですが、ENTRY PERMITをよく見ると、一応2週間の滞在が許可されているようです。
後で調べてみると、日帰りは250バーツ、2週間なら500バーツという情報も・・・
250バーツ余分に支払ったかもわかりません
また、パスポートは預けなかったという情報も・・・
情報も少なく、本当のところは良くわかりません


ということで、本日はここまで。
次回はミャンマー編ですね。

DSC05739-blog.jpg


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2016/11/30(Wed)23:54:27│ 編集
タイって左側通行なんですね。海外はあまり行ったことがないのでこんなことにも興味が向きます。それとホテルでのヌード。この眺めでは無理ですね。次の機会を待ってます。

葉高大鋤│URL│2016/12/01(Thu)08:32:41│ 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

││2016/12/01(Thu)13:57:19│ 編集
なんだかワクワク
続きは早めにお願いです
ヤマナリくんの行動力にびっくり‼️

秋│URL│2016/12/01(Thu)14:28:06│ 編集
コメントサンキュー★
匿名さん
バスは自由席で、隣にお客は乗ってきませんでした。
二人だとちょっと厳しい狭さですからね。
検問は一応全員チェックされていて、ボクはパスポートをチラッと見られただけでOKだったけど、写真の人は時間かけていろいろ聞かれてました。
警察官が乗り込んできてチェックするなんてチョット緊張ですよね。
物乞いはきっとフリーパスなんでしょうねw
500バーツ取られたのがわざとだったのかどうかは結局わかんないです。
でも500バーツ取られようが1000バーツ取られようがここまで来たなら行くしかないですからねw

yamanari│URL│2016/12/03(Sat)19:40:28│ 編集
コメントサンキュー★
葉高大鋤さん
どこの国にいってもタクシーとかトゥクトゥクには乗るけど自分で運転してるわけじゃないので、どっち側通行だとかはあまり気になってないのか、全然覚えてませんねw
ホテルの向かい側のビルが近いし、いっぱい窓があるのでどこから誰が覗いてるかわからないので、カーテン開けてハダカでいるのはちょっとヤバいですよw

yamanari│URL│2016/12/03(Sat)19:43:45│ 編集
コメントサンキュー★
匿名さん
写真が連続写真のようになっているので、リアルに感じていただいているのかなと思います。
陸路で国境越えって日本じゃないことだから、何か不思議な感じがしますよね。
ツアーで行くような観光地でもないですし、日本人もほとんど見ませんでしたよ。
不安なこともたくさんあるけど、まぁこういう旅が楽しいですw

yamanari│URL│2016/12/03(Sat)19:46:12│ 編集
コメントサンキュー★
秋さん
ワクワクドキドキの国境越えです。
実は国境越えだけがワクワクドキドキなんじゃなく、その場所に行くまでバスに乗ってソンテウに乗り換えて、無事到着出来るかなってところがワクワクドキドキなんですよね。
行動力というか無謀というか好奇心というかw

yamanari│URL│2016/12/03(Sat)19:48:40│ 編集
驚き
こんなに小さい川が国境か...
日本じゃ何処の町でも有る様な川幅だし。
この川に掛かっている橋はどっちの国のモノになるんだろう?
それにしてもミャンマーのイミグレでパスポート取り上げられたのは、怖い感じがしたなぁ...。
でも物乞いにはかなりaboutな対応なんだw

アカマル│URL│2016/12/13(Tue)12:15:18│ 編集
コメントサンキュー★
アカマルさん
国境にしては小さな川ですよねw
どこにでもあるようなちっぽけな川です。
この川の維持管理はどうしてるんでしょうね。
陸続きの国境がない日本なので、ピンときませんね。
パスポートを取られるのはちょっと怖い気がしますけど、ネットで調べて前もってわかってたから、ま、信頼するしかないですけどね。

yamanari│URL│2016/12/14(Wed)14:03:19│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://yamanari.blog122.fc2.com/tb.php/1506-1647da5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード