FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2016/05«│ 2016/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2016/07
2016/06/29
20:12:10
DSC00172-blog.jpg

前回に引き続き「根津」ですが、
根津美術館は、谷根千の根津にあるのではなく、
南青山にあります。
地名の根津ではなく、つまり谷根千とは全く関係なく、
根津さんという人が集めた美術品を展示する美術館らしいです。
この美術館にある庭園がなかなかのもので、
蚊にいっぱい刺されました。

04_20160629195620d22.jpg

05_20160629195626bb4.jpg

今の時期、花は咲いてませんが、苔がいいんですよね。

02_2016062919562349e.jpg

あと、庭園内には多くの石仏がありました。

01_201606291956273fe.jpg

07_201606291956278db.jpg

南青山にあるという立地なのか、外人さんもたくさん来園されていました。
しかし、南青山というところには用もないので来ることはないですけど、
おしゃれな街でびっくりです。
外国に来てるような感じになります。

08_20160629195706ee3.jpg

そんなところにある日本らしい庭園のある根津美術館。
都会の喧騒を忘れさせてくれる素晴らしい美術館でした。

09_201606291957040bc.jpg




2016/06/27
00:44:34
DSC03694-blog.jpg

夏のように暑った日曜日。
東京都文京区にある根津神社に行ってきました。

DSC04218-2.jpg

DSC04221-2.jpg

いわゆる谷根千(谷中&根津&千駄木)付近には何度か来たことがありますが、根津神社に来るのは初めて。
以前から一度訪れてみたいとは思っていたのですが、機会がなくてようやくです。
来て思ったのは、想像していた以上に立派な神社で、写真も何枚か撮りました。

DSC04227-1.jpg

DSC04259-1.jpg

DSC04245-1.jpg

DSC04272-1.jpg

DSC04276-1.jpg

根津神社から夕焼けだんだん、谷中ぎんざまでぶらりとお散歩。
谷中ぎんざには面白い雑貨店や飲食店が並び、面白い通りでした。

DSC04294-1.jpg

帰り道、前を歩く男性二人組。
DSC04296-1.jpg

男性二人で歩いてるだけでもつい「お仲間かも」と思ってしまうのですが、
犬を連れてのお散歩でしたので、「もしかして一緒に住んでるのかも」と妄想を膨らませた一日でしたww

DSC03696-blog.jpg


2016/06/25
00:55:30
DSC02199-blog.jpg

英国がEU(欧州連合)を脱退することが決まって、
世界金融市場が大混乱!
日本でも日経平均株価が16年ぶりの下げ幅!
こりゃ、大変なことになりましたね、って。
一体、英国がEUを脱退したことが、
どうしてボクの生活に影響するのか。

浮世離れしてるね、ってたまにお褒めの言葉?をいただくことがあるんだけど、
こういった世界経済とか、金融市場とか・・・
仕組みが全くわかってないので、
何がどうなったら何がどうなるのかわかってません。
多少は何らかの何かでインフレになったりデフレになったりとかあるんだろうけど、
結局のところ、あまりボクには関係ないような気がするんですけどね。

DSC02190-blog.jpg



2016/06/22
17:36:49
DSC04188-blog.jpg

シロパンをネットで買ったんですよ。
白いパンツです。
下着じゃなくて、ズボンのことね。
宅配便で送られてきた箱を開け、ビニール袋を開けると、これからの季節にぴったりの薄手の生地。
軽いし、涼しそうなのでいい買い物をしたと喜ん・・・
白で、薄い・・・もしや・・・

穿いてみました。
あんのジョーです。

後ろから
DSC04183-blog.jpg

横から
DSC04185-blog.jpg

前から
DSC04184-blog.jpg

想像以上にスケスケでした

下着ラインを見せながら堂々とお外に出かける勇気もなく、又そういう趣味もなく・・・
せっかく買ったのだから捨てるわけにもいかず・・・
どうすればいいのやら。
ノーパン?ヒモパン?
どうしたってスケスケなんだからヤバそうだし・・・
どうすればいいでしょうか

DSC04187-blog.jpg







2016/06/19
00:56:06
DSC02525-blog.jpg

セキララ五十音シリーズ、今回は「オ」です。

表:オープンジョー
オープンジョーとは、往路の降機地と復路の乗機地が異なっている航空券のことです。
学生時代、初めて中国に行った時(生涯二度目の海外旅行)、行きは上海で降りて、その後、国内線や列車で移動しながら一か月位いろんな街をブラブラして、帰りは北京から帰ってきました。そんな感じです。
以前はこういう旅を結構していたのですが、最近はしていないような。
でも昔は片道チケットを買うのが異常に高かったと記憶していますが、今は片道チケットだけでも自由に買えるので、往路と復路が違う航空会社というのも可能ですしね。
又、そういう旅をしてみたいと思っている今日この頃です。

裏:オナホ
オナホは今のボクの性生活にかかせない玩具?となっています。
発明した人にノーベル賞を授けたいぐらいですww
他の人はどうなんでしょうか。
ボクは感じやすい体質なので、オナホであればどんなものでもすぐにイッちゃう自信がありますww
だからいろんなオナホを買いたい気分もあるのですが、今持っているので不満もないというのが現状で、新オナホを最近は購入していません。
でも最高で最高の快楽を追及するためには、いろんなオナホを試してみないといけないなぁって思っている今日この頃です。

DSC02528-blog.jpg

2016/06/16
00:32:17
DSC03430-blog.jpg

電車から降りた時、前を歩く人の靴のかかとを踏んづけちゃいました。
前を歩く人は、ボクを振り返ることなく歩いて行きましたが、
足元を見ると、かかとが脱げたまま歩いていました。
悪いことをしてしまった。

コーヒーを飲もうとドトールに。
アイスコーヒーを注文しようとレジの前に行って「アイスクリームください!」と言ってしまいました。

コンビニで買い物をして、お金を払おうと小銭入れを探してたんですが、いくら探しても見つからず焦ってしまいました。
脇の下にはさんでました。

映画館で「ヒメアノ~ル」を見て、
家に帰ってからDVD「ファーゴ」を見ました。
そんな一日でした。

DSC03411-blog.jpg

2016/06/14
23:53:19
DSC03851-blog.jpg

朝の情報番組を見てると、
某歌手が、某お笑い芸人の元奥さんとW不倫したとか、オメデタとか・・・
くだらないニュースだなぁって思いチャンネルを変えると、
某落語家が不倫したとか浮気だとか・・・
今年はこういうネタの当たり年のよう

DSC03850-blog.jpg

チャンネルを変えると、舛添東京都知事の話題・・・
さらにチャンネルを変えると、アメリカの乱射事件・・・
毎日いろいろあって、ニュースに事欠かないですね。

フロリダの有名なゲイクラブだとか。
カリフォルニアでは、ゲイパレード襲撃計画があったとか・・・
大丈夫だとは思うけど、もしかして、同性愛者にとって困難な時代になるのかも。

DSC03849-blog.jpg

23:40:12
DSC03484-blog.jpg

セキララ五十音シリーズ、今回は「エ」です。

表:LCC
安く飛行機に乗れるLCCが生まれて、安く旅行に行けるようになりましたね。
ボクが初めてLCCに乗ったのは、日本ではまだLCCなんて誰も知らない(そんなことないだろうけど)時代、シンガポールからバンコク間のフライトでした。
確か、タイガーエアだったかな。
ネットで予約を入れてたんだけど、出発の数日前に、予約したフライトが飛ばなくなったので、次の日のフライトにスライドしていい?ってメールが来て、それは困るので、キャンセルして、代わりに慌てて予約したのがエアアジアだったんですよね。
と、LCCのことを話し出したらキリがないんだけど、今回は「裏」編が長いので、このへんで。

裏:SM
SとMは表裏一体。
突き詰めて考えれば、SはMの奴隷であり、MはSを支配してるともいえる。
とにかく相性ぴったりのお相手を見つけるのは難しいですよね。

痛いのと汚いのは無理ですが・・・と初めに言ったボク。
お相手は、中年のおじさんだけど、SMが出来るなら相手選ばず。
でも実際会ってみると中年というより、初老・・・
絶対年齢ごまかしてるな・・・
でも相手選ばず、来る者拒まず、ボランティアの精神で
もしかして一人でこんな豪邸に住んでるの?
豪邸というか古い日本建築で屋敷という言葉がぴったりのお家。
何畳あるのかわからないような広い畳敷きの和室の真ん中に置いてる椅子に、下着一枚にさせられ、座らされる。
手をバンザイの形であげさせられ、手首を縛られる。
そうそう、これこれって感じでウキウキしていると、手首を縛ったロープを高い天井にある梁?に引っ掛けて、ぐいぐいと手を限界まであげさせられる。
手を思い切りあげるのがこんなに痛いとは思わなかった
「痛い!痛い!」と言っても聞こえないふりをするので、大声で怒鳴るように「痛いよ!」と言うと、大声を出すと近所迷惑になるのか、ぶつぶつ言いながらようやくロープを少しだけゆるめてくれた。
ぶつぶつ言いながらもボクを身動きできないように縛った初老の男は、何か紙袋をごそごそしてるかと思えば、何と何と蝋燭を取り出したのだ
ボクはびっくりして、「蝋燭って熱いんじゃないですか?」と恐々尋ねると、「これは低温蝋燭だから熱くないよ」と言ってきた。
ボクは熱くないのならまぁいいっか、これも経験だなって思って、黙ってると、蝋燭に火をつけ、下着一枚で身動きできないボクの、下着の上にいきなり蝋燭を垂らす・・・
「熱いっ!」「熱いっ!」
低温蝋燭ってホントかよっ!
「熱いっ!」といってもなかなかやめてくれず、熱さに耐えられなくなったボクは、唯一動かすことのできる足で、初老の男性をボクは蹴っ飛ばしてました
ボクに蹴っ飛ばされキレ気味になった初老の男性は「もうヤメル?」と言ったので、ボクは「ヤメます」と。
初老の男性は縛ったロープをほどきながらボクに悪態をついてました。
「そんな痛がったり熱がったりしててSMなんて出来るか!」
そう、ボクが悪いんです、勉強不足でした。
これからは、「痛い、汚い、そして熱い」は無理と言うことにしようと

DSC03486-blog.jpg

2016/06/06
23:51:10
DSC02517-blog.jpg

PC関係はホントに苦手で、
他の人のブログを見ては、
ボクには到底できないなぁって
思うことも多々あるんだけど、
ちょっと調べてみると
アプリケーションとかソフトとかを使って、
案外、簡単に出来ちゃうこともあるんですね。

ということで今回はGIF画像ってやつに初挑戦です。
写真が動いてますよww
上手く出来てるかどうか不安だけど。
でもこんなことが出来るのなら、
いろいろ面白いことが出来るかもですね。

create animated gif
make a gif at gickr.com

2016/06/03
08:22:19
DSC09615-blog.jpg

何故かコメントのお返しが出来ない状態なので、前回日記のコメント返しもしないままの更新です。
復活すればまとめてコメント返しします。

久しぶりの「セキララ五十音」シリーズです
お忘れの方は、これまでのシリーズをご確認ください(と言っても「ア」と「イ」だけですけど)。
アとイの記事:http://yamanari.blog122.fc2.com/blog-category-122.html
ネタがない時にいいなと思って始めたシリーズなんですが、旅日記等々ネタがあったので久しぶりになってしまいました。

今回は順番通りに「ウ」です。

表:ウォーターメロン
ご存じだと思いますけど「スイカ」です。
スイカってそれほど大好きというわけでもなかったのです(嫌いでもないのですが)。
東南アジアのような暑い国に行けば、日本でも食べることが出来ないようないろんな果物を食べることが多いんだけど、結局のところ、スイカが一番美味しいなって結論になったわけです。
海外に行って日本を知る、というとちょっと大げさですが(日本だけの果物じゃないですからね)。
ただそれだけです

裏:ウケ
初めてゲイの世界を知った時?、ボクはてっきりゲイの人って同性にヤラレたい人?ばかりだと思ってました。
自分がそうだったから
でも上手く出来てるわけで、しばらくすると、ウケだけじゃなくてタチって存在があることがわかったわけです。
ウケばかりだとなかなか上手くナニが出来ませんからね
ボクも何度か行きがかり上、ウケの人とナニした経験はあるんだけど、やっぱ満足できる結果を得ることはできなかったような
で、またまたしばらくすると、タチ・ウケ以外にもリバという存在があることがわかったわけです。
両方できるって便利というか、いいなぁって思いました。
誰とでもナニ出来るわけですから
で、またまたしばらくすると、リバにも、タチ寄りとか、ウケ寄りとかあることがわかったわけです。
ということは、タチ寄りだけど時にはウケをして、ウケ寄りだけど時にはタチをして・・・
それってなんか微妙?
100%ウケだから100%タチとナニした時に、お互い100%気持ちよくなるわけじゃナイノカ?
なかなか奥が深いというか、いろいろあって・・・結局のところ100%ナニの相性がいい相手を見つけることは困難ということなんでしょうね

DSC09624-blog.jpg




動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード