FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2014/02«│ 2014/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/04
13:28:04
bDSC06838-11.jpg
千鳥ケ淵公園です。

またまた桜の写真で申し訳ッス
どうしてもね、桜のシーズンって短いので
ムリしてでも時間を見つけて見に行ってしまうんですよ。
そしてたくさん写真も撮ってしまうんですよ。
そしてブログにもお出掛けネタとしてアップしちゃうんですよ

今日は雨ですけど、昨日はホントにいい天気でした。
昨日お出掛けして運が良かったなって思ってます。

bDSC06873-11.jpg
目黒川です。

何気なく、毎年のように桜のシーズンになると目黒川に行ってると思います。
桜が綺麗なところはたくさんありますけど、
何となく目黒川沿いの雰囲気が好きなんでしょうね。

しかし、この季節はどこも桜まつりとか称してイベントを開催してるので、
人出が凄いです。凄すぎます

bDSC06819-11.jpg

bDSC06877-11.jpg

写真もゆっくりと撮れないような状態です。
すごく立派なカメラで撮ってる人やスマホで撮ってる人とかいろいろだけど、
思わず写真に撮ってしまいたくなるという魅力が桜にはあるんでしょうね。

残念ながら桜の開花シーズンは短いので今の時期しか見れませんからね。
ボクも開花してるうちに、もう一度どこかに行けるチャンスを見つけて
お出掛けしたいと思ってます。

ホントは京都に行きたいんだけど仕事でも行く予定ないし、
休みにも行ける時間がないかなぁ。


※写真はクリックすると大きくて綺麗に見えるから、ぜひクリックして見てください(桜の写真ね)
DSC04942-11.jpg

2014/03/26
19:59:50
DSC06804-7.jpg

見後な桜ですね。
開花宣言が出ても実際はまだまだつぼみという状況が多い状況ですが、
場所や桜の種類によればもう見事に咲いてますね。
今年は冬の寒さが厳しかったため、桜の花芽が早く目覚めたらしいです。
しばらくイッテなかったため、思わぬ早くイッテしまった・・・
みたいなものでしょうか。

せっかちな性格でもないと思うんだけど、食べるのだけは早いんですよ。
もっとゆっくり時間をかけて食べたほうがいいとは思って、
意識してゆっくり食べるようにしてるんですけど、結構早いんです。

でも上には上がいるもので、
以前勤めていた職場ではよく三人でランチを食べにいったんですけど、
一人は物凄く早くて、一人は物凄く遅い、ボクは中間って感じ。
初めて行った時には、そのボク以上に早い人の早さにビックリしたんだけど、
もっとビックリしたのは、自分が食べ終わってから他の人がまだ食べてるのに、
煙草をプカプカ吸い出すんですよ。
なんて常識のないというか、マナーのない人だなって思ったんです。
煙草を吸ってるボクでも、食べてるときに横でプカプカされると
せっかくの美味しい料理も不味くなりますからね。

でも、何回か食べにいってるうちに、それも仕方ないなって思ったんです。
食べるのが遅い人なんだけど、とにかく遅いんです。
一口食べては休憩し、また一口食べては休憩し、って感じなんですww
だから食べ終わるのにすごい時間がかかるんですよね。
食べ終わるのを待ってるとお昼の休憩時間が終わっちゃいますから。

DSC06413-2.jpg


2014/03/23
21:33:52
DSC04885-5.jpg

大河ドラマ『軍師官兵衛』を一回もかかさず見てるんだけど、
このドラマを見てると歴史モノの小説が無性に読みたくなるんですよね。
歴史小説が大好きで高校生の頃から歴史小説をよく読んでましたから。
司馬遼太郎、山岡荘八、海音寺潮五郎、津本陽等々たくさん読んでました。
好きな時代は多くの人がそうであるように戦国時代と幕末時代。
この時代は歴史的に面白いですからねぇ。
大学の卒論のテーマは確か『陽明学と吉田松陰』だったかな。
タイトルとか忘れちゃってますね

でも、最近歴史小説って読んでないんですよね。
ボクは家では雑誌を読むのがほとんどで小説はあまり読まなくて、
小説を読むのはほとんどが電車の中なんですよ。
電車の中って家より読書に集中できるんですよね。
たまぁにですけど、読書に集中しすぎて乗り過ごすことあります。
で、実は今年から職場が変わったんですよ。
これまでは片道30分ぐらい電車に乗ってたんですけど、
今は・・・・・・・・約5分
だから最近は長編が多い歴史小説は読んでなくて、
短編やエッセイ本などを読むことが多くなりました。
でも、やっぱ長編の歴史小説を読みたくなってきたので、
家で読書する時間を見つけて読むようにします。

と、大河ドラマを見て毎週同じことを思ってます

DSC04888-5.jpg


2014/03/19
22:37:10
IMG_0047-5.jpg

少し前になるんだけど、あるフォトコンの表彰式に参加してきたんだよね。
賞金と賞状と副賞が貰えるって言うから。
表彰式に参加しなくても後から送ってくれるんだけどね。
賞金はいくら貰えるかはわかってるし、賞状は紙切れだし、
ただ副賞ってやつがいったい何なのか聞かされてなかったんですよ。
ボクはその副賞に何が貰えるのかと凄く楽しみにしてたんですよ。
もしかして、電化製品とかヨーロッパ旅行とかかなって。
一応、千点近くの応募作品があったなかで、ボクは三等賞ですからね。
少しは期待しちゃいますよね。
だから三等賞をいただけるとわかってからは、
副賞はいったい何なのかと毎日毎日思ってました。
副賞を早く貰いたいために表彰式に参加したみたいなものです。

表彰式会場に行くと、舞台側には左右にお偉いさんの席がずらっと並んでて、
受賞者は舞台前の円形のテーブルに、
一人一人座る場所に名札が貼っていましたので、
自分の名前が書かれている席に着席して表彰式が始まるのを待ってました。

表彰式が始まって、お偉いさんや審査員の眠くなるようなスピーチがあって、
ようやく表彰に。
一等賞の人から賞を授与されるんだけど、名前を呼ばれると舞台に進んでいって、
左右のお偉いさん方に礼をして、中央で立ってる人に賞状と賞金をいただく。
そして別の人から副賞をいただくんだけど、
司会の人から『一等賞の副賞は旅行券○万円分です』と発表が。
おぉー、さすが一等賞、旅行券が貰えるなんてうらやましい。

続いて二等賞の人が呼ばれて、同じく賞状と賞金の授与、そして副賞。
司会の人から『二等賞の副賞は旅行券○万円分です』と発表が。
おぉー、二等賞も旅行券かぁ、羨ましい。
でも、この流れでいくとボクも旅行券が貰えるかも、と期待。

続いて三等賞のボクの名前が呼ばれたので、ボクは舞台まで進んでいき、
左右のお偉いさん方に礼をして、賞状と賞金を頂き、期待の副賞・・・
一等賞、二等賞の副賞は旅行券だったので、小さな封筒サイズだったけど、
三等賞のボクには何か大きな紙袋が・・・旅行券じゃない・・・
中に何が入ってるのかわからないけど、何か少し重い紙袋。
司会の人のスピーチを期待して待ってると、
『三等賞の副賞は・・・・赤と白のワイン二本セットです』

『一番(もしくは二番)じゃなきゃダメですか?』(by蓮舫)

DSC04980-5.jpg

2014/03/16
22:17:19
DSC05012-5.jpg

旧古河庭園に行ってきました。
敷地内には日本庭園と洋風庭園があり、
『和と洋が調和する大正の庭』というのはキャッチフレーズみたいです。

aDSC06636-5.jpg

aDSC06634-7.jpg
現在の洋館と洋風庭園の設計者は、
鹿鳴館、ニコライ堂などを手がけた英国人建築家のジョサイア・コンドルです。

aDSC06660-5.jpg

aDSC06642-5.jpg
日本庭園の作庭者は、京都の庭師の小川治兵衛という人らしいです。

aDSC06656-5.jpg

この土地はもともと陸奥宗光の邸宅だったのが、
宗光の次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となったらしいです。

aDSC06690-5.jpg

この庭園は、バラで有名なのですが、もちろん今の時期は咲いておらず、
その他いろんな花があるんですが、この時期はほとんど咲いてません。
梅は咲いてたのですが、もう元気がなくて写真は撮りませんでした。

aDSC06659-5.jpg

でも天気が良くてとても気持ちのいいお散歩ができました。
これから徐々に暖かくなってきて、お散歩日和だと家でじっとしてられないので、
カメラを持ってお出掛けすることが増えそうです。

DSC05013-5.jpg

2014/03/13
23:11:26
DSC05016-5.jpg

マチュピチュでハダカになって撮影してた人が拘束されたらしいですね。
22歳と24歳のオーストラリア人男性と20歳のカナダ人男性2人です。
やっぱTPOを考えないでハダカになってはダメですね。
ハダカになるのが好きな人は十分気をつけてハダカになりましょうね

おにいさんからおじさんに変わるのは何歳ぐらいからなんでしょう。
最近のことなんだけど、子供におじさんと言われました。
大人なら気を使ってお兄さんって呼んでくれると思うけど、
子供は怖いですね。
でも考えたら、子供から見ると完璧におじさんですからね。
あながち、子供の落ち度だといって子供を責めるわけにはいきません。
まだおばさんって呼ばれなかっただけ良しとしよう

DSC05020-5.jpg


2014/03/11
22:30:45
DSC06382-5.jpg

あれから三年たつんですね、早いですね。
テレビではどのチャンネルを見ても関連の番組だらけ。
見たくない映像を再び見てしまうわけで、正直やめて欲しいなと思う反面、
忘れてはいけないことなんで、これはこれでいいのかなとも思う。
忘れるわけないですけどね。

まだまだ復興もしてなくて、26万人以上の人が避難してるらしいです。
東京オリンピックなんてしてる場合か?とも思うし、
元気な日本になるための何らかの何かになるのかなとも思うし。
ボクにはよくわかりません。

とにかく、
早く三年前の3月11日以前の状態になることを祈るばかりです。

DSC06385-5.jpg


2014/03/08
14:03:33
aDSC05568-5.jpg

亀戸(かめいど)は、昔小さな島からなっていて、その島の形が亀に似ていることから亀戸という地名になったらしいですよ。
島の形に似ていたのが亀の頭じゃなくて良かったですね、亀戸の住民さん

亀戸は江戸の下町ということで観光客も多いらしく、観光客用にぶらりMAPというものがあるんだけど、そのMAPを製作してるのが『かめの会』というところみたいです。
返す返す、亀の頭に似てたわけじゃなくて良かったですね。
もし亀の頭に似ていたなら地名も違っていただろうし、MAPを製作したところも『かめの会』じゃなくて、きっと『亀○の会』になっていたと思いますから

亀戸天神社です
z04-5.jpg

天神さんなので当然菅原道真公が神様です
z05-5.jpg

今の季節は梅ですね。
ちょうど、亀戸天神社でも『梅まつり』が開催されていました。
平日だったせいか、祭りという催しは何もなく、ただ梅の木があっただけでしたがww
z11-5.jpg

z10-5.jpg

z09-5.jpg

一本の木の幹から白とピンクの梅の花が咲く紅白梅です。
z03-5.jpg

z02-5.jpg

梅の季節はまだまだ寒くて、桜の季節になると少し暖かくなりますよね。
暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、寒く感じるのももう少しの辛抱です。
ボクは寒いのが苦手なので、カメラをもってゆっくりお散歩したのは今年初でした

aDSC05566-5.jpg

2014/03/04
23:00:06
DSC04041.jpg

預金通帳を見るのが好きなんです。
趣味というほどでもないのですが、割と頻繁に記帳をしに行くんですよね
あっ、こんなものが引き落とされてるって。
たいていは出て行くお金で、お金が入ってることは滅多にないんだけど。

記帳をしにいって『お客様の通帳には記帳する内容のものはありません』
とATMに言われると何か寂しいんですよね。

でも誤解してほしくないのは通帳を見るのが好きと言っても、
決して残高が増えていく、つまり貯金が好きなわけではないんですよね。
どちらかと言えば減っていくほうが好きなのかな
少し貯まったら、旅行でも行って使ってこようと思いますからね。
どちらかと言えばギリギリまで消費してギリギリの生活をするのが好きなんですよww
ま、それは冗談ですけどね。

やっぱ増えるほうが好きかなぁ。
でも、とにかく死ぬ時にはゼロで死ぬつもりです。
貯金も、借金も。

DSC04039.jpg


2014/03/02
21:07:11
DSC04031-2.jpg

驚くことにもう三月なんです。
つい最近、初詣に出掛けたばかりだと思ってたのに。
毎月こんなこと言ってると思うけど、
こんなことの繰り返し繰り返しで歳を重ねていくんでしょうね。
繰り返してるうちに白髪が生えてきて、足腰が思うように動かなくなってきて、
頭の回転も悪くなってきて、最後にはボケてくるんでしょうね。
ま、頭のほうはもう既にボケてきてるような気がしますww

お風呂に入ってあそこやあそこを順番ずつ洗うんだけど、
ボクはまず頭を洗って、顔を洗って、身体を洗って、歯を磨きます。
だからまずシャンプーをして洗い流し、リンスをして洗い流すんだけど、
洗い流してるときに、自分はいったい何を洗い流してるのかわからなくなる時があるんですよね。
シャンプーを洗い流してるのか、それとも
シャンプーを洗い流した後にリンスをしてリンスを洗い流してるのか・・・ww

あと、メガネをかけてるのにメガネを探したり、
メガネをかけてないのにメガネを取ろうとしたり。

老化現象ってのは何歳かをピークにして確実に始まってます。
歳を取ることに恐怖感ってのはまだ何もないけど、
ボケてくるのは怖いですね。

DSC04030-1.jpg

動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード