FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2012/07«│ 2012/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/09
23:22:43


10年に一度発表されるSight&Sound誌のオールタイム・ベスト50!
イギリスの映画雑誌で、10年に一度、映画のオールタイム・ベスト50が発表されるんです。
映画批評家が選んだベストと、映画監督が選んだベストの二部門です。
映画批評家選出部門は世界の映画批評家846名、映画監督選出部門は世界の映画監督358名が投票してるので、同じような企画が数多くある中でもかなりの権威があるといわれてます。
1952年が10年毎に発表されてるので、今年で7回目のはずです。
それでは今回(2012年)のベスト10です。

【映画批評家選出部門】
1位 「めまい」アルフレッド・ヒッチコック
2位 「市民ケーン」オーソン・ウェルズ
3位 「東京物語」小津安二郎
4位 「ゲームの規則」ジャン・ルノワール
5位 「サンライズ」F・W・ムルナウ
6位 「2001年宇宙の旅」スタンリー・キューブリック
7位 「捜索者」ジョン・フォード
8位 「カメラを持った男」ジガ・ヴェルトフ
9位 「裁かるるジャンヌ」カール・ドライヤー
10位「81/2」フェデリコ・フェリーニ
以下、日本映画でランク入りしてたのは、15位「晩春」、17位「七人の侍」、26位「羅生門」、50位「雨月物語」でした。

【映画監督選出部門】
1位 「東京物語」
2位 「2001年宇宙の旅」
3位 「市民ケーン」
4位 「81/2」
5位 「タクシー・ドライバー」マーティン・スコセッシ
6位 「地獄の黙示録」フランシス・フォード・コッポラ
7位 「ゴッドファーザー」フランシス・フォード・コッポラ
8位 「めまい」
9位 「鏡」タルコフスキー
10位「自転車泥棒」ヴィットリオ・デ・シーカ

映画批評家と映画監督が選んだ作品には微妙に違いがあるのが面白いですよね。
しかし「東京物語」の評価はすごいですよねぇ。
日本映画が評価されるのは嬉しいことだけど、この日本的な映画を外国人がここまで評価するのが考えられません。

ちなみに数年前アメリカのなんとかというところで発表されたオールタイムも載せておきます。
1. The Godfather - (1972, Francis Ford Coppola)
2. Citizen Kane - (1941, Orson Welles)
3. Casablanca - (1942, Michael Curtiz)
4. Gone With the Wind - (1939, Victor Fleming)
5. Seven Samurai - (1959, Akira Kurosawa)
6. Wizard of Oz - (1939, Victor Fleming)
7. On the Waterfront - (1954, Elia Kazan)
8. The Bridge on the River Kwai - (1957, David Lean)
9. Rules Of The Game - (1939, Jean Renoir)
10. The Godfather Part II - (1974, Francis Ford Coppola)
さすがアメリカ!
5位「七人の侍」9位「ゲームの規則」以外はアメリカ映画(もしくはイギリス映画)でした。
「東京物語」が何位か調べると53位でした。

日本でもキネマ旬報をはじめ、こういう企画が何回か実施されてますが、日本と海外での評価の違いなんかもかなりあって興味深いものがあります。
日本で投票するといつもトップクラスにランキングされる「天井桟敷の人々」(マルセル・カルネ)なんてのは、Sight&Soundでは50位までに全くランクインされてませんし、アメリカのナントカというところのランキングでは94位ですよ。(アメリカでは微妙に原題と違うタイトルで公開されたみたいで探すのに苦労しました)。

ま、映画のことを話し出すと長くなるので、今日はここらへんで終わっときます。

DSC03145.jpg



動画サイト
メンズキャンプ バディ ExGays Boys Star Movie
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード