FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2011/12«│ 2012/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/02
23:05:29


上野はゲイジュツの街です。
上野には10を超える美術館があります。
今回ボクが行ったのは国立西洋美術館。
建物がコルビュジェの設計で、世界遺産になるやならないやで話題になりました。
現在、ゴヤの油彩画や素描が多数展示されてます。
29日までなので、まだの方はお早めに!

c1_20120116225220.jpg

何度も言いますが上野はゲイジュツの街です。
国立西洋美術館を後にしたボクは、競パン専門店ジュエンに行きました。
ちっちゃなビキニタイプの競パン、競泳選手が練習時によく穿いてるショートボクサータイプの競パン、膝上まであるピッチリの競パン、いろいろありましたが結局目の保養をしただけで、今回は購入はしませんでした。

c2_20120116225242.jpg

もう一度言いますが上野はゲイジュツの街です。
ここからが潜入ルポです。
潜入したのは映画館『上野オークラ劇場』です。
上映されているのは一般のピンク映画なんですが、知る人ぞ知るゲイのハッテン映画館で有名な映画館です。
年齢層がかなり高いと聞いていたので、ボクみたいな若人が行くとよってたかってイタズラされるんじゃないだろうかと、期待と不安を感じ悩みに悩みましたが、好奇心には勝てず、イタズラされる覚悟で潜入。
入場料500円を払って入場すると、待合エリアにたくさんの人が。
いったいこの人たちは何をしてるのか・・・と思いながら、とにかく館内に入ろうと扉を開けると・・・・ビックリしました。
館内にはすごいすごいたくさんの人が!
座席はほぼ満席、横の立ち見は二重の列が、後ろの立ち見は・・・五重?六重?の列?
ちょっとした恐怖を感じながらも、扉を開けて中に入った限り後ずさりは出来ないと思い、横の立ち見でいっぱいの人たちを掻き分けて前のほうに移動していきました・・・
見るつもりはなかったのですが、少なくともボクが見た限りで横の立ち見客で二組が、座席に座ってる客で三組が絡んでました・・・つまり、一方の人の股間に顔を埋めてるのですww
その風景にちょっとしたカルチャーショックを受け呼吸困難を感じながら、立ち止まったらヤバイと思い、後ろの扉から入って前に移動して前の扉から一旦外に出ました(滞在時間約10秒)。
外で呼吸を整えながらどうしようかとしばらく思案。
でもせっかく来たので、ここは勇気を出して、覚悟を決めて・・・
今度は前の扉から入りました。
先ほどと同じ光景が・・・
先ほどは初めてのすごい光景にショックを受けましたが、今回は二回目ということで覚悟ができており、ゆっくりと後ろに移動しながらどうしようと思ったりもしましたが、どう考えても立ち止まる勇気はやはりなく、後ろの扉から退場(入館時間約10秒)。
せっかく覚悟を決めて入場したのに、またまたあまりにもの景色に挫折。
待合エリアでタバコを吸いながらどうしようとしばらく考えてました。
入場して立ち止まると間違いなく何かがあると予感。
立ち止まる勇気がない自分と、いやこの映画館に入ったことだけでもすごい勇気があるじゃんと思う自分と・・・
結局、勇気を出してこの映画館に入っただけでも自分を褒めてあげたいということで納得し、映画館を後にしました(映画館滞在時間約15分)。

しかし、誰も映画なんか見てないのじゃないかなぁww
絡んでる人、絡んでる人を見る人、遠慮ぎみに手を出す人・・・・
とにかく上野はゲージュツの街だということを身をもって感じた次第です。
恐るべし、上野!

DSC03120.jpg



動画サイト
メンズキャンプ バディ ExGays Boys Star Movie
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード