FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2011/02«│ 2011/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/04
2011/03/31
21:45:31


スニルの度重なる寄り道の続きです。
今度はボクのリクエストでCURTを買いにいきました。

a79.jpg

CURTと言うのはスリランカのスイーツでガイドブックに載っていたので、スイーツ好きのボクはどうしても食べたかったんです。
水牛のヨーグルトです。

a40.jpg

そのまま食べてもいいらしいけど、蜜をかけて食べればさらに美味しいらしくて蜜も一緒に購入。
ボクはお店で二つ買って、一つはスニルに渡して「娘さんにあげて」と言ったら、スニルが「えっ!」ってびっくりしたように喜んでくれました。
そのまま再びスニルの家に行き、スニルが「お前から娘にあげてくれ」と言ったので、ボクはまたスニルのお家の中に一人で入っていき娘さんに直接手渡しました。
娘さんは恥ずかしかったのかハニカミながら小さい声で「サンキュ」って言ってました。

a41.jpg

で、この写真だけど実はボクはホテルに帰ってから食べたんですよね。
蜜をかけて、さぁ食べようと思ったんだけど、日本のコンビニみたいにスプーンはもちろんついておらず、仕方ないので手でつかんで食べましたよ
現地人は皆、料理も手で食べるんで現地人らしい食べ方といえばいえるかもですね。
味は・・・・美味しかったけど、甘かったぁ
蜜をかけすぎないように注意してかけたんだけど、甘かった。
ま、CURTそのものはヨーグルトなんでたぶん日本のヨーグルトとそう変わらないかもって感じかな。
きっと蜜が甘すぎるんですよね。
一人ではとても食べきれる量じゃなくて、夜食べて、翌朝も食べて、それでも全部食べきれませんでした。
右側はホテルで飲もうと思って買ったビール。
これは美味しくなかった

話しを戻すとCURTを娘さんにあげるため一旦スニルの家に戻って、その後クリケット競技場に連れていってくれました。
でも競技場に着くと残念ながら厳重に入口が閉められてました。
スニルは門番をしてる警備員になんか言って、少しだけ入らせていただきました。
きっと「クリケット好きの日本人BOYがわざわざ来てるんで、ちょっと中に入って写真だけ撮らせろ」みたいなことを言ったんでしょうね
スニルに言われるまま入口近くにある看板の前に立って写真を撮りました。

a38.jpg

「他に行きたい所はない?」ってスニルが聞いてきたけど、ボクはノープランだったので彼に「どこかお薦めのところは?」って言うと、しばらく考えて「キレイな湖があって、その湖に無人島があって、そこに船で行って釣りをしよう」って言ってきたので、そこに行くことにしました。

a39.jpg

トゥクトゥクで湖に行く途中、道でイグアナに出会ったのでトゥクトゥクを止めてもらい写真撮影。
これ結構大きなイグアナで頭から尻尾の先までだと1m以上あるんだけど、こんな大きなイグアナが普通に道を歩いてるなんてさすがスリランカ
イグアナはそう危険ではないらしい
イグアナよりやっぱ象が危険だと言ってました

a42.jpg

湖に着くと早速、船に乗って無人島に向かいました。
船に乗ってたのは5分ぐらいかな。

長くなったので今日はここまで

a60.jpg



22:42:17


前回は旅の写真が少なかったので今日はガンバります!

a30_20110328223406.jpg

マッサージ店から出た後、スニルが「ちょっと娘を学校に迎えにいっていいか?」と聞いてきたので一緒に娘さんが通ってる学校にいきました。

a32_20110328223034.jpg
学校と言っても壁もない建物の教室、冬は寒いだろうなぁって思ったりしたんだけど、スリランカには冬(寒い季節)なんてないわって後から思った
じばらく授業風景を覗いてたんだけど、外人のボクが覗いてるのが珍しいみたいで、何人かの子供がボクのほうをちらちら見て気にしてる様子でした。
10分位で学校が終了。

a33_20110328223053.jpg
スニルのトゥクトゥクの後ろの席にボクと、スニルの娘さん(右側)とご近所さんの娘さんと三人で乗りました。
何か話さなければと思い、ボクが持ってるドラエモンのボールペンを見せてあげ、ボタンを押してドラエモンの顔がクルクル回るのを見せてあげてると、スニルの娘さんが「サンキュー」って・・・いや、あげるって一言も言ってないんだけど・・・まぁいいっかぁ
最初にご近所さんの娘さんを送り届け、それからスニルのお家に到着。

a34_20110328223117.jpg
スニルの家です。
スニルの奥さんが何か雑貨店のようなお店をしています。
スニルが「ちょっと中に入っていけ」というので、お家を覗かせてもらいました。

a35_20110328223154.jpg
奥さんにご挨拶して家の中に入り、ソファに座ってテレビでクリケット鑑賞。
なんかスリランカのお家って壁がカラフルで可愛い、天井と壁の間に隙間があるけど。
テレビを見てるとスニルがココナッツを持ってきてくれました。
飲み物はココナッツジュースです。
ココナッツを食べながらココナッツジュースって、どんだけココナッツ好きだよ
ココナッツを一つ食べるとまたココナッツを出してくれ、そんなことが何回も続きお腹がいっぱいになるほどココナッツを食べました。

スニルの家を出たら、スニルが「ちょっと30分程いいか」って聞いてきました。
選挙キャンペーンの時は「5分いいか」って言って結局30分かかったから、今度はどのくらい待たされるんだって心配になって「何か用事?」って聞いたら、「地域のミーティングがあるんだ」って。
ちょっと面白そうだからスニルに付いていったら町の公民館をオープンにしたような建物で既に集会が始まってました。

a36_20110328223219.jpg
何かよくわからないけど皆真剣に討論してました。
スニルとボクが建物の中に入っていくと皆がボクに注目。
前で喋ってる議長役みたいな人がたぶん「そいつは誰だ」みたいなことを言ったんだろね。
スニルが何かボクのことを説明してるみたいです。
その間も皆がボクを注目して、ボクもこれがいったい何の集会かわからずちょっと緊張。
そしたら議長役がボクに「ここに座れ」って黒板を背にしたお偉いさんの席を指さして言いましたが、言葉もわからない、何の集会かもわからない、それに部外者のボクがそんな席に座るわけにはいかないので、一番最後列の席を指さして「ここでいいです」って言って座りました。
その後しばらく集会が続いてましたが言葉がわからないボクは何の集会が行われてるのが全く理解できず、ただ見てただけでしたが、突然皆が立ち上がりボクのほうを向いて一斉に拍手しだしました。
ボクはいったい何が起こったのかわからずぽか~んとしてると、ボクが座ってる一番最後列のさらに後ろの入口のところから、さっき選挙キャンペーンで会ったトゥクトゥク組合のボスが登場してきました。
ボスは皆の拍手に軽く手を上げて応え、前のお偉いさん席に着席。
ボスのお付きの人も何人かいて座る席がなかったので、そんな状態でボクが座ってるわけにはいかず立ち上がると、スニルがボクのところに来て「悪いけど、別のところで待ってて」と言って、ボクを集会所近くの誰かのお家に連れていきました。
ここがそのお家です。

a37.jpg
右の写真はそのお家のオバサンにいただいた袋に入ったバニラ味の牛乳?
その家でオバサンと一緒にテレビのクリケットを見ながら待つこと約30分。
やっと集会が終わったみたいでスニルが迎えにきました。

しかし、スニルってボクの観光をしながら寄り道の多い人です
でもその寄り道のおかげで普通の旅では絶対見ることのできないスリランカの選挙キャンペーンや学校風景、そして地域の集会が覗けたし、知らないオバサンのお家にいって牛乳もいただけたし、楽しい寄り道でした

a12_20110328223323.jpg



22:22:03


今晩、「世界ふしぎ発見」でシギリヤロックしてましたね。
見ました?
ボクはまだ見てないけど、ちゃんと予約録画済みです

a51.jpg

ノープランな一日だけど、ボクのリクエストでマッサージ屋さんに連れていってもらうことに。
但し、ダンブッラには二軒しかマッサージ屋さんがなく、一軒は評判が悪いと聞いたので、もう一軒のお店にいくことになりました。
まだ新しいお店なので評判を聞いたことがないらしい。
お店は汚いビルの小さな階段を昇った二階にあるんだけど、お店も新しいお店のわりにはシンプルというか事務所?って感じ。
スニルがお店の人と話をしてからボクに「昨日のシギリヤのお店は2000R(1600円)だったけど、このお店は2500R(2000円)なんだって、どうする?」と言ってきたけど、だからと言って今からシギリヤに移動するわけにはいかず、OKした。
マッサージ嬢は一人しかおらず選択の余地もないんだけど、一応「この子しかいないけどいいか?」ってお店のマネージャーらしき人が聞いてきて、もちろんOKした。
ボクとその女は個室に、スニルは1時間後に迎えに来るよって言って出ていった。

個室に入ると女が「シャワー浴びる?」って聞いたきたので「うん」と言ってシャワー室に行ったけど、すぐに後悔した。
狭い空間にトイレとシャワーが一緒にあって、衛生的にも・・・もちろん水しか出なかったので、ボクはちょっとカラダに水をかけてシャワーしたふりをして、しばらくしてから個室に戻りました。
個室でしばらく待ってると女が戻ってきてボクに「この店初めて?」と聞くから「うん」と言うと、「いくら払うの?」って聞いてきた。
ちょっと意味がわからず「1時間2500だよ」って言うと、「いや、それはお店にでしょ!私にいくら払うの?」って・・・
はぁ???、チップのこと???、どういう意味???
意味がわからずボクがしばらく答えなかったら、女は呆れたような怒ったような顔をして部屋から出ていってしまいました。
しばらくすると受付あたりで大声で喧嘩する声が・・・どうもスニルとマネージャーが口喧嘩してるよう
スリランカの言葉なんでボクには全く何言ってるからわからないんだけど、どちらにろボクのマッサージのことで喧嘩になってるのは間違いない
5分間くらい大声で喧嘩が続いてる間、ボクは個室で一人全裸になってベッドに座ってたんだけど、もう何か揉めてるのでこのお店を出たほうがいいなと思い、ベッドから立ち上がって服を着ようとした時に、スニルと女が個室に入ってきました・・・・全裸のボク
服と着ようとしてるボクを見てスニルが「OK!OK!もう話がついたからマッサージ始めてくれてOKだよ」と言って、部屋から出て行きました。

大阪ではこういうとき「なんのこっちゃぁ!意味わかりまへんわぁ!」って言うんだけど(ウソ)、どう揉めてどう
話がついたのか意味わからないままマッサージがスタート。
マッサージは素人に毛が生えた程度、その毛も産毛程度、ボクでももう少し上手なはす。
きっとこの女はカラダのマッサージは経験が少ないんだろう、経験があるのは下半身のマッサージだけなんだろうね
1時間コースなのに40分ぐらいで終了の合図、そして「他にして欲しいところは?」って・・・
「ない!ない!」ということで無事終了。
女に気持ちだけのチップ150R(120円)を渡し、服を着て部屋を出て受付で2500払おうとしたら、何故か2000でいいんだって言われた。
きっとスニルが何か言ったんだろね。
で、マッサージが早く終わったので、1時間後に戻ってくると言ってお店を出たスニルは当然まだいなくて、ボクはスニルに「もうマッサージ終わったから迎えてきて」って電話すると、スニルは怒った声で「はぁ?なんでもう終わったんだ!まだ時間が早いだろう!」って。
5分位してすぐにスニルが迎えに来てくれたんだけど、またまたお店の人と大喧嘩。
相変わらず何言ってるのかわからないけど(汗
まぁ、喧嘩といってもスニルがほぼ一方的に大声で怒鳴ってるんだけどね
スニル「お店にいくら払ったんだ?」ボク「2000R」
スニル「女にチップはいくら渡した?」ボク「150R」
スニル「まぁそれならいいか」って

と言うことで今回はマッサージ店の出来事だけで長くなったんで写真がありませんでしたね。
仕方ないのでこの写真を。

a31-1.jpg

ここはマッサージ店の店内で、マッサージが終わってスニルを待ってる間、タバコを吸いたいって言ったらここで吸えばいいって言ってくれた部屋です。
この部屋の右側にシャワールームがあって、左側に安っぽいパーテーションで区切ったマッサージ部屋が二部屋ありました。
次回写真たくさんアップできるようガンバリます!
写真を多くすると文書が短くなるし、文書が多くなると写真が少なくなるし、旅日記って難しいですね

a67.jpg



22:08:17


全く予定のない朝だからのんびりと寝て少し遅い朝、ホテルの朝食を食べにレストランに。
今日どうするかって結論が出ないまま昨晩は寝たので、未だ決めておらず。

a57.jpg

時間が遅いせいか客も少なく、もちろん日本人はボクだけでした。
レストランの人も暇なせいかボクが食べてるテーブルのところに来ていろいろ話しにきます。
こういうところって海外はフレンドリーなんですよね。
ここで嬉しいひと言を言ってくれました。
「英語上手ですね」って

a29_20110325215559.jpg

海外でボクの英語が誉められたのは初めてじゃないかなぁ
よく聞いてみるとこのホテルにも日本人が泊まることがあるらしいんだけど、日本人だけは話しかけてもほとんどの人が英語が話せないらしい。
まぁ、日本人にしては珍しかったんだろね

朝食を食べ終わり、部屋に帰ってから今日をどうするか考えたんだけど、せっかくなんでスニルに電話しました。
「全くノープランなんだけど、暇だし昼過ぎに迎えに来て」って。
そしたらスニルが「わかった。じゃあ11時に迎えに行くよ」って。
昼過ぎって言ってるのになんで11時・・・ボクの聞き間違いかなって思って聞き直したんだけど、やっぱ11時に来るって言ってる、まぁいいや

11時に部屋を出るともうスニルが待っててくれて、早速トゥクトゥクで出発。
トゥクトゥクの中で「全く行くあてもないんだけど、どこに行こうか」と言ったら、スニルが「ちょっと寄りたいところがあるんで5分間だけいいか?」って聞いてきたのでOKしたら、行ったのはここ。

a30_20110325215619.jpg

何かねぇ、もうすぐ選挙があるみたいで、どうもトゥクトゥク組合?のボスみたいな人が選挙に出るみたいなんです。
左の写真でスニル(左)と握手してるのがその選挙に出る人みたいです。
で、応援キャンペーンみたいな感じで、応援してる人が20人ぐらいで商店を一軒一軒まわって投票をお願いしてるみたいで、結局スニルもこの集団に入ってまわるもんだから、何故かボクも一緒にまわることに
5分間だけって言ってたのに30分以上こんなことをしてました
まわってる時に、近くですごい爆発音がなったんでテロか!と思って一瞬思いましたが、ただの爆竹でした(笑

やっと選挙キャンペーンが終わったと思ったら、どうもボクと出会った時に電話した日本人女性と待ち合わせをしてるみたいで、ボクも一緒に会うことに。
まあ、会って何したわけでもないんで、少し立ち話をしてたら、スニルが近くに大きなリスを飼ってる友人がいるからそのリスを見に行こうと歩いて移動。

a31_20110325215634.jpg

まぁ、確かに大きなリスで、一部屋をリスのために使ってるんだけど、このリスが凶暴で近づけないらしくて、部屋の外から網ごしに見ました。
ホントにあれがリスなのかどうかわかりません。
右の写真はそのリスを飼ってる人の家(ビル?)の屋上に上がらせてもらった時の写真です。

それよか、この日本人女性・・・実はボクの知ってる人だったんです。
知ってると言っても何度かメールしたぐらいですが。
スリランカの洪水情報があまりにも日本に届いておらず、ボクがネットでいろいろ調べてる時に出会ったのが、このスリランカ在住の日本人女性がたまぁ~に更新していたブログ。
藁をも掴むって感じで、ボクがこのブログにメールをして天候情報等を聞いたら返事をいただいて2,3回メールしてたんです。
ボクはわからなかったんだけど、この女性が「もしかして以前ブログで・・・」ってボクに言ってきたんです。
偶然と言えばすごい偶然、女性から言わせれば日本人のバックパッカーは少ないんでもしかしてと思ったらしいです。
ま、この女性との出会いは運命の出会いでも何でもなくて、リスを一緒に見ただけでそれだけでお別れしたんですけどね

と言うことで長くなったのでこのへんで。

a43.jpg




21:56:05


シギリヤロックに登り始めて、またトゥクトゥクドライバーのスニルが待ってる駐車場に降りてくるまで約1時間半ぐらいだったでしょうか。
スニルにはダンブッラ石窟寺院に引き続き、またまた長い時間待たせてちゃいました。
スニルが「これからどうする?どこかに行きたい?」って聞いてきたので、ボクは「今日は歩きすぎて足やカラダがダルいのでマッサージに行きたい」って言うと、ちょっと考えてマッサージ屋さんに連れていってくれました。

a04_20110323214303.jpg

お店に行って値段を聞くとアロママッサージが1時間2500R(約2000円)と言うので、とりあえず「高い!」って言うと2000R(1600円)にプライスダウンしてくれました
またまたスニルには1時間待たせることになってしまって申し訳ないです
マッサージが始まる前に奥の部屋から女の人(シギリヤレディ?)が3人出てきて、どの子か好きな子を選べと言われたので、何か変な雰囲気だなぁと思い、ちょっと考えすぎかもわからないけど何かここでボクが一人を選んじゃうと、やっぱエロを求めてるように思われるんじゃないかと思い、一人を選ぶのは拒否しました。
それでもお店の人は「好きな子を選べばいいんだよ」と言ってましたが、ボクは「選ぶことは出来ないよ。誰でもいいよ」と選ぶことを頑として拒否。
そしたら変な客と思われたのかどうか知らないけど、ようやく諦めてくれました。
個室に案内されると女の子が来てマッサージがスタート。
アロママッサージ用の紙パンツなどは当然なく全裸で大事なところにタオルを置くといった形です。
マッサージ自体はなかなか力強いマッサージが気持ちよかったです。
マッサージが終了し、最後にシギリヤレディはタオルに隠されてるボクの大事なところを指さして「下半身は?」って聞いてきました
もちろん「ノーサンキュー」と答えましたが、やっぱそういうサービスが(も)あるお店だったんですね

マッサージが終わり外に出るともう真っ暗。
トゥクトゥクを走らせながらスニルは「どうする?どこか行く?」と聞いてきたけど、ボクはもう疲れててたし行くところもないしホテルに帰りたかったので「もうホテルに帰るよ」って言いました。
そしたらスニルが「晩御飯はホテルで食べるのか?」って聞いてきて、考えたらボクは今日一日何も食べてないってことに気がつきました。
朝早く朝食も食べずホテルを出て、その後はバス移動、ダンブッラに着いてからはスニルのトゥクトゥクに乗ってダンブッラ石窟寺院に行って、ホテルでシャワーを浴びて、またトゥクトゥクに乗ってシギリヤロック、マッサージに。
スニルの実家でパイナップル食べただけだわと思ったら急にお腹が空いてきて、ホテルに帰ってからレストランに行ってもいいんだけど、ここは町の地元民が行く食堂にいったほうが面白いなって思い、スニルに「どこか安い地元の食堂に連れていって」とお願いしました。

a28_20110323214435.jpg

ボクが食べてる間、スニルとお店の人はテレビで放送していたクリケット中継を見てました。
写真見て気づいたんだけどボクは相変わらず財布をテーブルの上に出しっぱなしの不用心さです
食べたのはチキンフライドライス200R(160円)。
左の小皿にチキンがあって、真ん中と右の小皿には何かわからないけど辛いもの。
お好みに合わせてライスにかけて食べるんだけど、ライス自体が結構な辛口だったんでボクはかけませんでした。

その後、スニルにホテルまで送ってもらったんだけど、ホテルに帰るまでの間トゥクトゥクの中で明日はどうしようかなぁって考えてたら、スニルが「明日どこかに行きたいところあったら連れていってあげるよ」って言ってくれたんだよね。
でもボクはこの街に滞在中に行く予定だったダンブッラ石窟寺院もシギリヤロックも今日一日で行ったもんだから、どこに行くあてもなく「予定は全くないんでホテルで一日のんびりするかもわからないし、行きたいところも特にないから今晩考えて、もしお願いすることがあったらまた連絡するよ」と言って、電話番号を聞きました。

ホテルに帰ってから明日の予定について考えたんだけど、有名な遺跡に行くにはちょっと距離があってトゥクトゥクじゃムリだし、また朝早くからバスに乗っていかないとムリだしそれも面倒だし、でもこの街でもう行きたいところもないし・・・
とりあえずシギリヤロックで案内してもらったガイドには断りのメールを入れておこうと「明日はホテルで一日のんびるするよ」ってメールしたら、ガイドから「誰?このアドレス知らないよ。」って返信が来たので、面倒臭くなってムシった

今日の日記は文章ばかりで写真が少なくてすいませんでした。
マッサージと晩御飯だけの日記なので写真がなかった

b04.jpg



16:30:07


前回に続いて今回もシギリヤロックです。
今回の旅のメインイベントですからね

a27_20110321160859.jpg

さて中間地点まで来ました。
中間と言っても高さ的にはもう4分の3位は来てるのではないでしょうか。
ここまで頑張って階段を昇ってきたんだけど、この地点でちょっとした広場があります。
そしてここからの階段が更に恐い。
ここからの階段はこんな感じです。

a23_20110321153442.jpg
ここからの階段にはライオンの爪の形をした宮殿の入口があります。
もともとは足や頭があったらしいですが、もう爪ぐらいしか残っていません。
階段が見えてるでしょ?
恐そうでしょ?
わかる?わからない?
じゃあ、これでどうだ!

a24_20110321153505.jpg
階段途中でガイドさんが写真を撮ってくれるんだけど、ボクは恐さで顔はひきつり足もガクガクです
この階段の手摺の横はもう断崖ですからぁ!
この写真で恐さが伝わってるのかなぁ。
これでどうだ!

a26_20110321153542.jpg
わかるでしょ?
正直、この地点でボクはガイドさんにギブアップしたんです。
このシギリヤロックに登りたくてスリランカまで来て、せっかくここまで来て頂上まで登らないのは非常に残念と言うか勿体無いのは重々わかってるんだけど、あまりにも恐くて足が動かなくなって立ってることも出来なくて座りこんでしまうといった状態でしたから。
実際ガイドさんに聞くと、ギブアップする人も結構いるらしいです。
でもガイドさんが、「次の角までとりあえず頑張りましょう」とか言って、ボクもじゃあそこまでガンバローかと思ったりして少しずつ登って、そんなのを繰り返すうちにとうとう頂上まで登ることができました
ガイドさんがいなかったら絶対に登ることはできなかったはず。
ガイドさんに感謝です。
頂上です。

a27_20110321153604.jpg
a25_20110321153622.jpg
途中で一度はギブアップ宣言しながらも念願のシギリヤロックの頂上まで登ることができ、360度見渡す限り緑の景色を見て、その達成感満足感に感動しました。
時の王様はこの頂上から下界を毎日見下ろしてどんなことを思ってたのでしょうか。

感動とともにそんな思いに耽っていたところに水を差したのがガイドの営業トークでした
「これからどうするんだ」とか、「買い物するなら安いお店を知ってる」とか、「観光案内するよ」とか、「マッサージはどうだ」とかとかとか・・・・。
ちょっと鬱陶しく思ったんですが、マッサージはこの時点で一回も行ってなくてお店もよくわからなかったので、ちょっとノリ気になって値段を聞いたんです。
でも「自分の口ききで安くなるよ」と言うだけで、値段についてのはっきりとした返事はなく、変だなと思ってよくよく聞いみると何人もの美女の中から好きなタイプのシギリヤレディを選べてハンドジョブサービスがあって・・・
ボクは「そんなサービスはいらないんだよ」ってちょっと怒って言うと、「ゴメン、ゴメン、悪気はないんだよ、日本人客にそういったらたいてい喜ぶんだよ」って・・・日本人としてちょっと恥ずかしかった
とにかく、「今日はトゥクトゥクのドライバー(スニル)を待たせてるんで」と言うと、「じゃあ明日案内するよ」と言って、とりまアドレス交換しました。
やっぱシギリヤロックのガイドだけでは商売にならないんだろうね。
今日も遅い時間に来たボクが初めての客だと言ってたしね。

そんなこんなでシギリヤロックでした。
何回も言うけどこのシギリヤロックに登りたいがために、交通事情とか天候とか不安がいっぱいの中、この遠いスリランカまでやってきて、思ってた以上に順調よくここまで来て、まさかスリランカに到着した日(日付が変わった深夜到着だからね)に、目的であったシギリヤロックの登頂できるとは思っても見ませんでした。
それだけに頂上に登ったときは感動でした。

a77.jpg


13:33:21


さて、夢には出てこなかったけど、夢にまで見たシギリヤロックです。
このシギリヤロックが見たい、登りたいためにこの遠いスリランカまで来たんですからね。
考えればスリランカの大洪水でスリランカ旅を一度延期して、今回もどうしようか迷いつつエイヤーで来て、思ってたより順調にここまで来ることができ、ちょっと感動です。

DSC01545-blog.jpg

シギリヤロックの入口でトゥクトゥクを降りると早速、日本語ガイドがボクのところに来て営業。
この入口付近にはいろんな言語のガイドが待機しているんです。
だからお客が来てその客が日本人だとわかると日本語ガイドが営業してくるんです。
ガイドとして一緒に頂上まで歩いて案内してくれるんですけど、ガイド料が20ドルと現地の物価を考えると結構高い。
でもお金出してでもガイドを頼んだほうが、いろいろわかるから絶対にお願いしようと最初から決めていました。
日本語ガイドは二人いるらしいですが、今日はボクが初めての日本人客だと言ってました

DSC01162.jpg
a17_20110320125744.jpg
あっ、シギリヤロックについて少しだけ説明しておくと、昔、王様である実の父親を殺して王様になった人がいて、弟からの復讐を恐れてこの岩山の頂上に王宮を開いたということです。

a18_20110320125831.jpg
さぁ、シギリヤロックの入口です。
大きな二つの岩の間から入っていきます。
ここから頂上まで階段が1300段だか1800段だかガイドが言ってましたが、忘れました(汗

a19_20110320125852.jpg
岩山の断崖に階段があるんですが、想像通りかなり恐いです。
右側の写真の壊れかけの階段は観光客用じゃなくて点検者用らしいです。

a20_20110320125916.jpg
階段を昇ってる間、何枚かの写真を撮りましたが、とにかく断崖って言葉がぴったりです。

a21_20110320125942.jpg
途中で螺旋階段があってもちろん金網で囲われてるんですが、それでも恐い。
登るのが恐いのでどうしても遅くなってここでガイドさんとかなり距離が開きました

a22_20110320130011.jpg
螺旋階段を昇ると「シーギリヤ・レディ」と言われる有名な壁画があります。
現在残ってるのは18人のシーギリヤ・レディだけらしいです。

このあたりで、やっと中間って感じでしょうか

DSC01541-blog.jpg




22:54:05
a-DSC01296.jpg

ダンブッラ石窟寺院の観光を終え、スニルのトゥクトゥクに乗って、ホテルに向いました。
スニルはボクに「これからどうする?シギリヤロックにいくか?」と聞いてきたのですが、ダンブッラ石窟寺院の観光でヘトヘトになったボクはとても今からシギリヤロックに登る元気はないなぁって思って、「シギリヤロックは明日にするよ」と答えました。
でもそう答えたのはいいものの、もし明日も明後日も雨だったら・・・シギリヤロックに登りたいと思いスリランカにやって来たのに天気の良い今日少しぐらい足が痛かろうが頑張らないとと思い、「やっぱホテルでシャワーを浴びてちょっと休憩してからシギリヤロックに行こうと思う」と言って1時間後に迎えに来て貰うことにしました。

DSC01342.jpg

ダンブッラは田舎町でホテルといってもいいホテルは三軒ぐらいしかなく、後はゲストハウスみたいなところばかりで適当なホテルってないんですよね。
リュックをかついでバックパッカーみたいな旅行はしてるけれど、やっぱアジアの安宿はシャワー、トイレ、衛生面についてちょっと問題もありそうだから、ここはちょっと奮発していいホテルに泊まることにしました(と言っても安い)。

a13_20110316214730.jpg
a14_20110316214803.jpg

のんびりとしたチェックインを済ませ、部屋に入ってすぐにシャワーを浴びたんだけど、ゆっくり休憩する時間もなくすぐに1時間が経過しました。
きっかり1時間後にスニルが迎えに来てくれて、早くも今回のメインであるシギリヤロックです。
シギリヤロックまではトゥクトゥクで約30~40分位。
ホテルを出てしばらくしたらスニルが「ちょっと市場に寄っていいか」と聞いてきたけど、今からシギリヤロックにいこうとしてるのに何で市場なんだよ!って思いながら、ダメだとは言えずOKしたら、スニルは市場でパイナップルとキングココナッツを購入。
その後しばらくトゥクトゥクを走らせたら、今度は「ちょっとオレの実家に寄ろう」とある一軒のお家の前でトゥクトゥクを止め、ボクを家の中にご案内
家族にボクを紹介してくれて、「しばらくそこに座っててくれ」とスニルが奥に消えていったので、ボクは皆とテレビ観賞
ちょうど、クリケットのワールドカップが開催されていて、スリランカではサッカーよりもクリケットが断トツに人気あるスポーツだから、皆テレビ中継に必死なんだよね。
で、ボクもテレビを見てると、スニルが奥の間から出てきたんだけど、スニルが持ってきてくれたのは切ったパイナップルと、ココナッツジュース。
う・・・・ん、市場にいって買い物をしたのは、ボクに食べさせてくれるためだったのね。

a15_20110316214825.jpg

いやぁ、どう思ってかは知らないけど、わざわざボクのために市場でパイナップルとココナッツを買って、ご馳走してくれるなんて、ちょっと感激。
出されたパイナップルは全部食べたんだけど、ココナッツジュースも全部飲むのは結構キツイ!
たまにスニルがココナッツを振って「なんだ、まだ残ってるじゃないか。早くしないとシギリヤロックにいけないぞ」って
シギリヤロックにいけなくなったら困るので頑張って飲んで、スニルに「全部飲んだよ」と言ったら、スニルのチェック。
ココナッツを振って空であることを確認したら「よし、じゃあ行こう」ってことになって、トゥクトゥクに乗ったらまたパイナップルが出されて「これトゥクトゥクの中で食べろ」って・・・そんなたくさん食べれないよ~とは言えず、「ありがとぉ~」ってことで、このパイナップルもトゥクトゥクの中で頑張って完食しました

a16_20110316214907.jpg
スリランカには野生の象ってのがいて、だいたい昼は森の中にいるらしんだけど、夕方になると出てきて田圃の水を飲みに来るらしい。
野生の象って危険らしいよ

DSC01341.jpg



2011/03/10
18:42:35
a-DSC01378.jpg

思わぬ早くダンブッラに着き、バス停を降りたところで1分も待たずにトゥクトゥクドライバーのスニルに声を掛けられ、予定外に世界遺産であるダンブッラ石窟寺院(DambullaCaveTemple)に行くことに。
ダンブッラ石窟寺院はスリランカ最大の石窟寺院で、紀元前一世紀頃のある王様が追われた時に、一時、この自然で出来た石窟に身を隠していて、その後、王権を回復した後にこの地を崇め、寺院を開設したということです。
岩山の頂上付近にあった天然の洞窟に、多数の仏像が彫られ、そして壁一面に極彩色の壁画が描かれています。

a08_20110310163501.jpg
これは石窟寺院入口にある黄金の大仏で、日本の仏教徒のお布施で建てられたということです。
意味はわかりませんが、なぜかお釈迦様が何対も並んでいて異様な風景でした

a09_20110310163517.jpg
こういう階段を昇っていくのですが、これが結構長くて遠くて疲れる。
寝不足だということもあるし、重いリュックを担いでたからというのもあると思うんだけど、足にきて頂上までいくのはムリ!ってちょっと思ったぐらいだから。
でも後からガイドブックで確認すると高さはたった180mと書いてた
頂上からの眺めはもうジャングル。
途中には野生の猿がたくさんいて、特に襲ってきたりはしないので写真を撮りながら歩きました。

a10_20110310163533.jpg
これがダンブッラ石窟寺院の入口(外観)です。
あっ、このダンブッラ石窟寺院だけじゃなくて他の寺院でもそうなんだけど、靴を脱いで裸足じゃないと入れないんだよね。
それが建物に入るところからじゃなくて、その敷地に入るところあたりから。
だから裸足になってから建物に入るまで結構な距離があったり、砂地や砂利であったり、道が熱くなってたりするんだよね。

a11_20110310163550.jpg
a12_20110310163604.jpg
石窟は5つに分かれ、150もの仏陀のイメージが石窟内に描かれています。
壁一面に描かれてる絵画は見事でした。

なるほどなるほど、中にはヒンズーのヴィシュヌ神像もあったり、シンハラ人とタミル人の戦争を描いた絵画があったり・・・・う~ん、後からガイドブックを見たらもっとじっくり見とけばよかったなぁって
だってこの時、トゥクトゥクドライバーのスニルと約束した時間が気になって時間がなかったんだよね。
スニルと別れる時に1時間後に入口付近でと約束したんだけど、スニルと別れてからトイレにいったり、石窟寺院の入場券売場を探してたり、入口を間違ったり、登ってる途中であまりにもしんどくてちょっと休憩したりとかしていたら、もう頂上に到着した時は45分位経過してたからね。
少しぐらいは待ってもらってもいいんだろうけど、あまり待たせすぎはよくないだろうし、ゆっくり余裕をもって見てる時間なかったんですよ

そんなこんなで今日はダンブッラ石窟寺院の紹介で終わりました。
DSC01300.jpg



2011/03/09
19:09:45
a-DSC01415.jpg

今回のスリランカ旅ではボクの海外旅では珍しくバスに大変お世話になりました。
そこでというわけじゃないですが、スリランカのバスについてちょっと気づいたことを書きます。

■バスの多くはエコンなしです。一部の長距離バスにはエアコンのあるバスもあるらしいですが、ボクが乗ったバスは全てエコアンなしでした。エアコンなしでも開けた窓から入ってくる風が心地よくて暑くないです、と言いたいところですが排気ガスと土埃がひどかったので、心地よいことはなかった、でもそれほど暑くはなかったけど。
■車内は大きな音量でスリランカ音楽が鳴っています。
スリランカ音楽ってのはインド音楽とよく似た感じの音楽です。最初は異国情緒の趣があっていいなぁって思ってたんですけど、何時間もバスに乗ってるとちょっと耳障りだったかな
■日本でも老人や小さい子供を抱いてる女の人が乗ってきたら善意で席を譲ったりするけど、スリランカでは善意じゃなくて当然のように譲ります。これは見ててすごいなぁって感心したよ。
■座ってる人は立ってる人の荷物を座ってる人が持ってあげます。それも善意とかじゃなくて当然のように。だから立ってる人は当然のように座ってる人の膝の上に荷物を置くし、降りる時は御礼も言わないで荷物を取り黙った去っていく
■バス代が異常に安い
■扉が常に開いてる
■停車してる時間に物売りの人が来る
こんなもんかなぁ、あとまた思い出したら書きますね。

DSC01309.jpg

と言うことで、ダンブッラで無事降りることができるかどうか心配してたんだけど、あるところでバスが止まった時に隣に座ったお兄ちゃんが降りていこうとするので、「ここはダンブッラか?」って聞いたら「そうだよ」って答えたのでボクも慌てて降りた。
このお兄ちゃんがいなければ間違いなくここがダンブッラだってことがわからなかっただろうなぁって、隣のお兄ちゃんとボクの運に感謝
バスを降りた瞬間、目的地であったダンブッラに無事着いたかと背伸びをして「着いたぁ~」って思わず口に出して言ってしまったほど感慨深いものが。
朝6時30分にホテルを出て、トゥクトゥクに乗って、バスを乗り継いで、11時15分に目的地でダンブッラに到着。
正直、何事もなく無事到着出来るなんて思ってなかったからね。きっとどこかで迷ったり、乗り間違ったりってことがあるものと思ってたからね。
だいたい日本でもバスには滅多に乗らないんで、バスに乗るのって緊張するんだよ
それにこんな早く到着するのはかなりの想定外の嬉しい出来事。

DSC01092.jpg
ダンブッラの街でバスを降りたところ

ホントは、今日は移動日として少し早く着いてもホテルでのんびりしようと考えていて、ダンブッラの二つの世界遺産(ダンブッラ石窟寺院とシギリヤロック)への観光は明日と決めてたんだけど、ここまで早く着いたらこのままホテルにいくのも勿体無いなって思ったんだよね、天気も良かったしね。
だから、ホテルに行く前に近くにあるダンブッラ石窟寺院に行っておこうかと、ダンブッラのバス停で降りて考えてたボクに、早速声を掛けてくるトゥクトゥクのお兄ちゃん。
「日本人?」と聞いてくるので「そうだ」と答えると、「オレ、日本人の友人がいてる」と。
よく使う手なんだよねぇ、こういう人たちが
日本人と見ると、何とかして信用してもらって商売に結びつけようとするんだよねぇ。
使う手が古臭いんだよ、兄ちゃん。
「ハイハイ、わかりました。じゃあ」と言って立ち去ろうとしたボクを「ちょっと待て」と呼び止めて、どこかに携帯で電話し、ひと言二言喋ってから、携帯をボクに渡し「出ろ!」と言うので電話に出たら・・・日本人の女子でした。
嘘じゃなかったみたい

DSC01093.jpg
トゥクトゥクドライバー「スニル」

まぁ、疑ったボクも悪いけど、突然見ず知らずの者同士電話で話せって言われてもなかなか話が弾むわけでもなく困ってたら、「今からトゥクトゥクでどこかに行きたいですか?」って言っきたので、「今からダンブッラ石窟寺院に行って見てる間待っててもらって、それからホテルまで連れていってほしい」と言ったら、「もう一度ドライバーに代わって」と言って代わったら、ドライバーと日本人女子がスリランカ語で1分ぐらい話をしてて、再度ボクに電話を代わって「今、ドライバーは500ルピー(400円)と言ってたけど、少し高いかなっと思って言ったら400ルピー(320円)でもいいと言ってますがどうしますか?ドライバーはスニルと言って決して悪い人ではありませんよ」と言うので、お願いすることにしました。
これが、ボクとスニルの出会いでした。

DSC01141.jpg



17:30:09
朝、目覚めて、自分がまだスリランカにいるのか、それとも日本にもう帰ってきてるのか
それよか今日は何月何日なんだろう・・・
頭が朦朧としています。
インフルエンザらしいです。
昨日からタミフル飲んでます。
今週いっぱい隔離だそうです。

a-DSC01836.jpg

スリランカ初日の宿泊はシャワーも浴びず、ジーンズをはいたまま寝たボクですが、さすがにぐっすりと眠れたわけではなかったみたいで、7時に目覚ましを合わせたんだけど、6時に起きてしまいました。
まだ起きるには早いなって少しぐずぐずしてたんだけど、今日はとにかくダンブッラまでいくという目標があって、想定外にも訳わからんところに宿泊したもんだから、ダンブッラまで無事たどりつくことができるのかどうか不安で、少しでも早く行動を起こさないとと、起きてすぐ準備して6時30分には部屋を出ました。
昨日のツアーカウンターのオッサンの話では、このホテル近くにあるバス停からクルネーガラにいき、そこで乗り換えてダンブッラにいくということでした。
チェックアウトの時にホテルの人に「クルネーガラに行きたいんだけどバス停はどこにあるの?」って聞くと、「このホテルを出て右側だけど歩いていくの?」「遠い?」「5kmぐらいあるよ」・・・トゥクトゥクを呼んでもらいました
バス停にいくと何台かのバスが既に止まっており、どのバスがクルネーガラ行きかがわからなかったので、そこらへんにいたオジサンに聞いて、そのバスに乗ったら運よく座れました。

a05_20110308163939.jpg
左:バス停にいくまでのトゥクトゥク
右:バス停

バスが走り出したらすぐに車掌が集金に来たので、行き先を告げて、1000ルピー札しかなかったので、1000ルピーを渡したけど、お釣りはくれませんでした。
あれっ?そんな高いはずないだろ、他の人はお釣りを貰ってるみたいだし、これが外人価格ってやつかなぁ・・・と思いながらも、それより気になってたのはこのバスがクルネーガラが最終駅かどうかがわからないといことで、もしクルネーガラが最終駅じゃなくて途中の駅だとしたらそこで間違わずにボクは降りなければいけないということです。
そこでボクはクルネーガラで降りるんだということをアピールするためにも、隣に座ってる人に「このバス、クルネーガラいく?」「どれくらい時間かかるの?」って聞いてアピールしときました。
これでクルネーガラに着いたら隣の人が教えてくれるかなって思ってたらその人は途中で先に降りていきました

DSC01220.jpg

クルネーガラで降りることだけが不安だったボクですが、大きなバスターミナルに到着し、ここかなって思ってると乗客全員が降りていったので、車掌に「クルネーガラ?」って聞いたら「そうだよ」って。最終の駅だったんですね。
バスから一旦降りたボクだけど、やっぱ乗車料金の1000ルピーに納得いかず、払った時に貰ったレシートみたいなやつを持ってもう一回バスに乗り込み車掌に見せて「お釣りは・・・?」って言ったら、900ルピー返してくれた
結局2時間乗って100ルピー(80円)とバカ安のバス料金でした。

a06_20110308164005.jpg
左:クルネーガラのバスターミナル
右:バスターミナルのカフェのお兄ちゃん

クルネーガラのバスターミナルは大きくて、バスが何十台も止まっていて何が何だかわかりません。
もう見てるだけでいやになっちゃいますけど、でもどうにかこの中からダンブッラ行きのバスを見つけないといけません。
とにかくトイレに行って、カフェ?でジュースを飲んで休憩した後、バスが何台も止まってるターミナルにいって「ダンブッラにいきたいんだけど」っていってたら「ダンブッラ方面にいくのはあっちのほうだ」とか教えてくれる人が何人かいて、最終的に「あれだ!今出たところだ!飛び乗れ!」と言われて、とにかくそのバスに飛び乗りました。
スリランカのバスは扉を開けっ放しで走るからずっと扉が開いてるのね。
だから走ってる時にも飛び乗れるんです。
便利でしょ

a07_20110308164020.jpg

てか、急いで飛び乗ったのはいいものの、このバスはホントにダンブッラ行きで間違いないのかとか、ダンブッラが最終駅なのかかどうかが知りたくて、車掌が集金に来た時に聞いたらダンブッラにはいくけどダンブッラが最終駅ではないってこと。
ダンブッラが最終駅じゃなくて途中駅だということは、どうにかしてそこがダンブッラってところとわかって降りないといけないなぁ。
あっ、ちなみに案内放送等は一切ないからね。
そんなこと考えてたら、ボクの隣座ってたお兄ちゃんが切符を買う時に確かダンブッラって言ってたような気がするし、このお兄ちゃんをアテにすることにしました
 
長くなりましたね、また次回。

DSC01366.jpg




02:35:10
さて、旅日記3回目にしてようやくスリランカ到着です
これでもその時々のちょっと面白エピソードとやらを泣く泣くカットしながら、長くならないように書いてるんだからご辛抱ください。

a-DSC01371.jpg

定刻通り、24時15分頃にスリランカ・バンダラナイケ国際空港に到着です。
想像してた通り関西国際空港やスワンナプーム空港とは比べようもない小さな空港、スリランカでは現在国内線というのがないので、唯一の空港となるらしいです。
入国手続きを終えて、両替をしたボクは急いでツアーデスクに行きました。
この日のホテルは予約していなかったので、ホテルとホテルまでのタクシーを依頼するためです。
明日の朝、コロンボからダンブッラに行かなくちゃいけないので、少し遠いけど空港から車で50分ぐらいにあるコロンボのバスターミナル近くにあるホテルに泊まろうと決めてたんです。
ツアーデスクにいくと何軒かのデスクがあって、その中の暇にしてた一人のオッサンがバックパックを担いでキョロキョロしてるボクを見つけて「こっちに来い」ってデスクに呼び込みました。
ボクはとりまタバコが吸いたかったので、「外へ出てタバコ吸ってからね」と言ったのですが、「カウンターの裏側に回って座って吸ったら大丈夫だからココで吸え」と言ってボクをカウンターの裏側に座らせました。

a03_20110306022314.jpg
左:このカウンターの内側で身を屈めて喫煙しました、紙コップが灰皿です

オッサンはボクに「どこから来たのか」とか、「何日間いるんだ」とか、「どこに行くつもりか」とかを聞いて、「いいアイデアがある」「タクシーをチャーターして周ったほうが時間を無駄にすることなくいろんなところにいけるよ」的なことを20分位営業トークしました。
ボクは「明日バスでダンブッラにいきたいので今晩コロンボでホテルを見つけたいんだ」って何回も言ったら諦めてくれました。

DSC01367.jpg

しかしオッサンが言うには「コロンボのホテルはどこも高いので、今日はニゴンボという町のホテルに泊まって、明日そこからコロンボにバスでいったほうがいい」と言うことです。
ボクが考えた行程と違ってきますが、もう遅い時間だし早くホテルにいって寝たかったので、提案通りにすることに。
但しホテルの条件としてエアコンが付いてることとホットシャワーのあるホテルをお願いしました。
夜、少しは涼しくなるとはいえさすがにエアコンなしではムシムシして熟睡できそうにないし、いくら暑いとはいえシャワーが水だとやっぱ冷たいしゆっくり落ち着いてシャワーが出来ないと思ったからです。
ツアーデスクの人は何軒かのホテルに電話してこの条件に合うところを探してくれましたが、なかなか空いてるところがないのか見つけることができません。
そしたらオッサンが更なる提案を、「もう時間が遅いし空港近くのホテルだったらすぐにいけるし、早く寝ることができるぞ」って。
ボク「まぁ、それでもいいんだけど、とにかくボクは明日ダンブッラにいくのでそれは不便じゃないか?」
オッサン「ホテルの近くにバス停があるからそこからバスに乗ってダンブッラにいけばいい」
ボク「じゃあ、そのホテル近くからバスに乗ってコロンボにいけばいいんだね?」
オッサン「いや、そこからのバスはコロンボには行かないのでダンブッラに直接いけばいい」
ボク「直接ダンブッラにいけるバスがあるの?」
オッサン「いや、クルネーガラという町にいって、そこで乗り換えてダンブッラにいくんだ」
う・・・・ん、早くもボクが考えて組んだスケジュールとは全然違ってきてるし、バスを乗り換えるなんて明日は無事ダンブッラに行くことができるんだろうかと不安不安不安・・・
まぁ、でも仕方ないかと思い、タクシー代とホテル代込みで5500ルピー(4400円)を払いホテルに。

a04_20110306022326.jpg

ホットシャワー付きのホテルを頼んだんですが、シャワーとトイレが一緒になってて、シャワーをすると床がびしょびしょになってトイレにいけない・・・
不便なバス&トイレ・・・結局シャワーするのは諦めました
今回の旅はバックパッカーなんだから一日位シャワーに入れなくてもそれがバックパッカーってもんだから
ちなみに部屋の鍵は壊れててかかりませんでした。
虫や蚊がいそうで刺されて変な病気(デング熱とか)になるのはイヤなので、服を着たまま、ジーンズをはいたまま寝ましたとさ。

一応そんなホテルですけど、一枚だけ記念撮影しときました
DSC01065.jpg


22:11:04
日本に帰ってきてから咳が出だしたので、トゥクトゥクにずっと乗っていたから排気ガスで喉をやられたのかなって思ってたんですが、どうも風邪を引いたみたいで寒気が止まりません

a-DSC01292-1.jpg

バンコク・スワンナープ空港に着いてタラップを降りたらムッとした熱気が。
このムッとした熱気に不快感を感じるどころか、すごく懐かしさを感じて、やっぱタイに入国しようと急遽予定変更。
トランジットツアーカウンターに行くことに。
トランジットツアーって言うけど、大人数で観光地に行くツアーじゃなくて、個人的にガイドと運転手が付いて決められたコースを周ってくれる観光ツアーなんですよね。
バンコク市内のいろんな寺院巡りをするツアーや、伝統舞踊を見ながらディナーを食べるツアーとかいろいろあるんだけど、いくつかのツアーは時間的にムリがあったりして、結局残ったコースから決めたのが「チャオプラヤー川クルーズ」コース。
チャオプラヤー川と言えば、ボクが一昨年メガネを落としてしまったところです(2009年10月17日の日記参照)。

トランジットカウンターの女性に連れられて並ばなくてもいいVIP専用の入国カウンターで入国手続き。
手続きを終えたところで、お世話役がトランジットカウンターの女性から、ツアーガイドのリトルレディ(約140cm)と呼ばれるオバチャンに交代です。
オバチャンと二人でベンチに座って車を待ってる間、「マッサージは好きかい?」って聞いてくるので「好きだよ」って答えると、人目を一応気にしながらカバンの中からマッサージ店のチラシをボクに見せてきました。
コースが決まってるのにマッサージなんて行って時間が大丈夫なのかなぁって思って、チラシを見ると、チラシに載ってる写真は全裸の男女が泡まみれになって抱きあってる写真
そしてオバチャンは手帳に「body to body + sex =4000 」と書いてボクに見せてきました。
政府公認のトランジットツアーのガイドが「エロの営業かよ!」って思いながら、丁重に「エロはいらねぇよ!」ってお断りしました。
そしたらオバチャンはボクが値段に不満があると思ったのか、ディスカウントしてきました
ディスカウントするならイケメン紹介しろよ!

DSC01361-1.jpg

ツアーはチャオプラヤー川に行く前に、強制的に宝石屋さんに連れていかされ、いかにタイの宝石が素晴らしいかの映画を10分位見せられ、宝石を加工している工場を1分位見せられ、最後に宝石を売ってるショップに連れていかれました
その後にやっとチャオプラヤー川クルーズです。
チャオプラヤー川でボートに乗るってのは経験があるんだけど、これまで支流というか運河までいったことはなかったんで、なかなか面白かったです。

a-001.jpg

観光を終えてエロ営業が熱心だった政府公認のリトルレディともお別れして、空港で今度はエアクルー用のゲートから出国手続きをしました。
スリランカ行きの飛行機までまだ時間があったので、ラウンジでビールを飲んだりフルーツやらを食べたり
タイに入国してから何も食べてなかったのでこれが今日のボクのディナーです。

DSC01059.jpg

22時20分定刻通りにバンコクを出発したタイ国際航空、日本人は見渡す限りボク一人だけ?
アウェイの気分でようやく海外に来たなって実感が。
飛行機が飛び出すと早速食事が配られました
22時20分発、飛行時間3時間半の飛行機に食事いる?
皆夜ご飯はもう食べてるだろうし、ボクもこの時間に食事はいらないなぁって思って一旦は断ったんだけど、サラダとフルーツだけでも食べようと思っていただきましたが、サラダを食べてその辛さにびっくり!
さすがスリランカ行きのフライト!
ようやくスリランカに上陸するんだなって実感が湧いてきました。

次回からスリランカ編が始まる予定です(笑

DSC01227.jpg



22:52:40
a-DSC01028.jpg
今回ボクと一緒に旅したリュックです(関西国際空港にて)

旅日記のスタートです。
今回もいろんな出来事があって楽しい旅でしたが、旅のレポートって難しいですよね。
いくら自分自身が楽しかった出来事でも、それを文章に書いてその楽しさが読み手に伝わるかどうかってのは疑問だし、感動した景色の写真をアップしても実際どんな感じだったかはやっぱ写真では伝えることには限界があるからね。
でも今回、スリランカにいこうと思ったのはどこかで見つけた一枚の写真からだったんですよね。
それは「シギリヤロック」っていう大きな岩の写真を見て、ボクは絶対にいつかここにいこうと決めたんです。
このブログでも、一昨年の北京旅日記が終了したときの日記(2009年7月20日)にも、シギリヤロックの写真をアップしてます。

そんなスリランカの旅なんですが、実はなかなかスリランカの情報がなくてちょっと苦労しました。
ガイドブックも「地球の歩き方」だけはありましたが、その他のガイドブックにスリランカはありません。
とにかくスリランカにいこうと飛行機のチケットを一度取ったんですが、洪水発生で延期。
この洪水のニュースも出発1週間程前にわかって、予約していたホテルもキャンセル。
今回も洪水の事後情報がなく、再延期も考えましたが、もうすっかりいく気分だったので「とにかく行ってしまおう!」と決行することにしました。

DSC01142.jpg

天候のことも心配だったんですが、今回の一番の不安はスリランカ国内の移動手段でした。
当初、移動が心配でしたので、スリランカに滞在中はずっとタクシーをチャーターして周遊しようかなって思ってたんです。
少々、費用はかかりますが、そのほうが余計な心配をすることなく、それに時間を有効に使うことが出来るし、それだけ多くの場所にいけますからね。
だから現地旅行社を調べて2社にメールを送りました。
1社からは全く返事なし、もう1社からはボクがメールを送ってから1週間後にやっとメールあり、そのメールに返事をするとその回答はまた1週間後・・・・・スリランカって遠い国なんだなって
気の小さいボクにはこんな旅行社は心細くてアテにできません
そんなこんなで久しぶりにバックパック旅を決意したのです。
少し大きめのリュックも今回新調しました。
学生時代はバックパックひとつで自由気ままな旅をしてたんですが、最近はずっとスーツケースを持っての大人の旅。
何か懐かしい気分でドキドキウキウキです。

a01_20110303223305.jpg
乗ったのはタイ国際航空ロールスロイス号です

と言うことで、関西国際空港を出発して約6時間、経由地のタイ・バンコクに到着です(笑
バンコクに着いたのは午後3時45分、スリランカに向けてバンコクを出発するのは午後10時20分、この間、約7時間です。
この7時間をどうして過ごそうかといろいろ考えました。
いろいろ考えたあげく三つに絞りました。
1.乗り換え時間が6時間以上の人が対象のトランジットツアーに参加する
2.普通にタイに入国し、ちょっと観光して普通にタイを出国をする
3.空港内にあるトランジットホテルを利用してシャワーあびたり寝たりする
いろいろ考えましたが、6時間利用で3000BTH(約1万円)と結構高いんですけど、スリランカの過酷な旅?に向けて、3の方法を選び空港内でゆっくりすることに決めたんです、いや、決めてたんです、いや、そのつもりだったんです・・・・バンコク・スワンナプーム空港に着くまでは・・・

スリランカの旅日記第1回はスリランカに着くどころか、経由地のバンコクに着いたところまでです・・・・やっぱ、旅日記長くなりそうだなぁ・・・

DSC01143.jpg



22:15:21
本日無事帰りました。
スリランカは初めての訪問で情報も少なく不安がいっぱいでしたが、楽しい旅を満喫してきました。
内容も満喫なので、次回からスタート予定の旅日記が長ぁ~くなりそうです
でもボクのブログを読んで一人旅をした、海外旅をしたってメールやコメントもいただくことがありますので、少しでも日本男子(オカマ?)が、勇気を出して一人旅をしていただけるような、楽しい旅を伝えられるような旅日記にしたいと思います。
ヨロシコ





動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード