FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2010/05«│ 2010/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2010/07
20:42:12
CIMG7444.jpg

前回までシェムリアップ旅日記を書いておりましたが、今回も旅日記です。
嘘です・・・いえ、本当です・・・いえ、半分本当で半分嘘です・・・(笑。
まぁ、真実を言うと旅と言うわけじゃないんだけど、先週の金曜日から今日月曜日まで仕事半分、遊び半分で東京・横浜に出掛けてたんですよ。
仕事も遊びも兼ねて来てましたので結構タイトな日程でバタバタしてました。
おかげで治りかけていた咳の状態が少し悪化したようなしてないような・・・。
しばらくタバコはガマンする・・・じゃなくて控えめにすることにします。

東京に来てまず見たのは・・・三原じゅん子でした(笑
tokyo04.jpg

東京に来てまず食べたのは・・・ジョジョエンでした(笑
jyojyo1.jpg

もちろんいきつけ?のニチョの沖縄料理屋さん『島たぁ~ち』にもいきました。
CIMG7523.jpg

もちろんと言いましたが、今回本当は『島たぁ~ち』にいくつもりはなかったんだよね。
三丁目のとある居酒屋さんに入ったんですよ。
席に案内されて飲み物を頼むと、すぐに飲み物(ビール)と付き出しをもってきていただいて、しばらくの間ビールを飲みながらメニューを見て注文する料理を決めてたんですよ。
で、注文する料理を決めたんだけど、なかなかオーダーを聞きにきてくれないんです。
お店の人はそんな忙しそうにしてるわけじゃなく、店員同士お喋りをしてるような状態なんだけど、何故か注文を聞きに来てくれないんです。
まぁボクも忍耐強いかつ控えめかつイケメンな人間なんで、付き出しをちびちび食べながらビールを飲んで、オーダーを聞きに来てくれるのをずぅ~っと待ってたんですけど、とうとうビールを全部飲み終わってもまだオーダーを聞きに来てくれませんでした。
仕方ないのでボクはビールを注文しただけでそのお店を出て、『島たぁ~ち』にいったというわけです。
こちらから注文をお願いしなければいけなかったんでしょうか。
さすが東京、恐るべし東京、大都会東京です(笑

あと東京でお出掛けしたところは大井です。
出張旅費を取り戻すためにケイバジョーにいってきました。
出張旅費もバカになりません。
小銭を稼ぎにいかなければ出張も出来ないですからね。
こういうのをスモールビジネスと言うんでしょうか(笑
t02.jpg

まぁ、今回は大井に貯金(寄付?)してきたという結果となりましたが・・・
スポーツ新聞に載ってる専門家の予想なんてアテにはならないです。
これからは自分の直感だけを信じるようにして、次回こそは出張旅費を稼ぎに大井でガンバリたいと思います。

CIMG7428-1.jpg


19:48:38
いやぁ、勝つか引き分けるかで決勝トーナメントに進むとは期待してたけど、3点も取るとは・・・
しかしYAMAHA改め本田の活躍は神がかりだね。
一点目のブレ玉のFKは期待に応えた見事なシュートだったし、三点目のあの切り替えしとアシストには鳥肌がたったよ。
以前活躍した中田もそうだけど、やっぱ何らかのアレを持ってる人間ってのは日本人的じゃない何らかのアレ(メンタル面)の強さが必要なんだと思うな。

さぁ次はパラー具合。
パラー具合ってよく知らないけど、予選を1位で突破したぐらいだから、きっと具合はいいんでしょ。
でも日本もかなり具合が良さそうなんで、いい戦いをしてほしいですね。

CIMG7344.jpg

ようやくシェムリアップ旅日記最終回です。
シェムリアップ旅5日目、と言っても最終日です。
この日の夜の便に乗って帰るので、一日フリーです。
朝起きてまず朝食にいきました。
写真を見て思い出したんですが、麺類のスープが美味しくて2杯食べました(笑

a36.jpg

朝食を食べて部屋に戻ってきて、またプールにでもいこうかと思ったんですが、実は前日にプールから帰ってきた時点で日焼けした肌が真っ赤になってて、シャワーを浴びたらかなりヒリヒリして痛かったので、これ以上日焼けしたら大変だと思いこの日のプールは自粛しました。

CIMG7356.jpg

で、最終日はどこにいったかと言えば・・・・どこにもいきませんでした。
ずっとホテルの部屋にいました。
ホテルから出たのは昼食を近くのベーカリーに買いにいった時だけ(^^;)

CIMG7375.jpg

部屋で、ネットしたり写真撮影をしたり・・・そして又も日課の昼寝(笑

CIMG7363.jpg

夕方の18時にチェックアウトして、迎えが来る19時までホテルの1階にあるソファでのんびりしてました。

今回の旅は体調が少し悪かったとはいえ、毎日昼寝するなどホントにのんびりした旅でした。
夜22時ぐらいの飛行機に乗ってカンボジアを出国し、ベトナムのホーチミン空港で乗り継ぎ。
考えたらまだ晩御飯を食べてなくてお腹も空いてるような感じだったのでラウンジでいただきました。

CIMG7379.jpg

また麺類です(笑
4種類ぐらいの麺から選べるんですが、チキンラーメンみたいな麺を選んで、そしてフルーツはウォーターメロン。
ウォーターメロンは毎日食べてたけどこの旅で一番美味しくいただいたような気がします。
しかし、ホーチミンの空港ラウンジは行きも帰りも利用しましたけど、ボクの貸切でした(笑

と言うことで、日本には早朝に到着しました。
以上、4泊6日シェムリアップ旅日記でした。
長くなりましたが最後まで読んでいただいてありがとうございます。
読む人も疲れたと思うけど、書いてるボクも疲れました(^^;)
さぁ、次は、いつ、どこに・・・いこうかなぁ(笑

CIMG7271.jpg


2010/06/22
21:21:10
四日目午前の観光(アンコール・バルーン)からホテルに戻ってきて、日課になっているプールに。
プールでは毎日決まってウォーターメロンナントカを頼んでるので、もうウエイターに覚えられていて、ボクが何も言わなくても『ウォーターメロンナントカ?』って言ってくれます。
そしてプールから部屋に戻ってきたらこれもいつものようにシャワーに昼寝。
この旅行中、毎日昼寝をしました(笑

CIMG6931-1.jpg

起きたら何時ぐらいだったんだろう・・・
結構のんびり思った以上に睡眠を取ってしまってて、起きたらオールドマーケットという一番大きなマーケットにでも歩いていこうと思ってたんだけど、ちょっと時間が厳しかったので、アンコールナイトマーケットにいくことに。
歩いてたら頻繁にトゥクトゥクのお兄さん(オッサン?)から声を掛けられるんだけど、そんなものは無視してテクテク15分ぐらい歩いてオールドマーケットにいきました。

a34.jpg

想像してたより小さいマーケットだったけど、いくつかお土産を買ったりした後、時間つぶしにナイトマーケット内にある少しオサレなカフェにいきました。
お店に入ってメニューを見てるとなんとラオビアがあるじゃないですかぁ!
もちろんビアラオを注文しました、ジョッキはアンコールビールのジョッキだけど(笑
やっぱラオビアは美味しいということを再確認。
あっ、時間つぶしにって言ったのは、実はこのオールドマーケット内には小さな映画館があって、その映画を見ようと思ってたんだけど、映画が始まる時間があったので時間つぶしにカフェに入ったんだよね。
見た映画はポルポト時代のドキュメンタリー映画で、上映時間は約40分。
客はボク一人かなって思ったりしたんだけど、10人ぐらいの西洋人たちと一緒に見ました。
まぁ、虐殺とかの結構重い内容の映画だったので、映画が始まる前はうるさかった西洋人たちもシーンとなって重い足取りで映画館を出ました(^^;)

a35.jpg

映画が終わって外に出るともうすっかり夜空に。
オールドマーケットから少し歩いて有名なパブストリート(右上の写真)に。
どこのお店もオープンカフェ風になっていて西洋人のたまり場になってましたよ。
ボクはどこかのお店に入ろうかなって思ったんだけど、お酒飲むよりお腹が空いてたので近くの屋台街にいくことにしました。
たくさんの屋台が並んでいてどこにしようかなって思って歩いてたら、日本語で『そこのカッコイイお兄さん!』って呼ばれたので、思わず立ち止まりついそのお店に入っちゃいました(笑
食べたのは中華焼きそば?普通に美味しかったですよ。
正直全部食べるのはきつかったんだけど、何か残したら悪いなって思って無理して食べました(^^;)

と言うことで、屋台街からまた歩いてホテルに帰りました。
歩いてたら何回も何回も声をかけられるんだけど、一番多いのはもちろん客待ちしてるトゥクトゥク。
でもなかには、ボクの歩く速度に合わせてボクの横をバイクで走りながら『レディマッサージ?ハッパ?』ってのも多かったです(笑

CIMG7203.jpg

旅日記・・・次回が最終回かな。


22:38:27
オランダ戦残念でした。
得点するチャンスは何度かあったと思うんだけど、結局得点できず。
勝手な感想を言わせていただくと、選手交代のミスです。
はい、次はデンマーク戦ですね。
夜中の3時30分からの試合開始だけど、もちろんボクはガンバって起きてテレビで応援しますよ。
寝るかもわからなけど(笑



シェムリアップ旅は四日目の朝を迎えました。
この日からは全くのフリー。
まずは朝食。

CIMG7189.jpg

相変わらずあまり食欲はなく果物中心の朝食でした。
朝食後、今日一日どうしようかってのんびりお部屋で考えてたんだけど、とにかくアンコール遺跡エリアのフリーパスチケットがこの日までだったんで、旅行前からチャンスがあればいってみようと思ったところにいくことに。
元気だったら自転車を借りてサイクリングみたいな感じでいこうかなって当初は思ったりしてたんだけど、目的地までこの暑い中40分ぐらいかかるので体力に自信がなく断念。
ホテルお抱えのトゥクトゥクでいくことにしました。

a31.jpg

左上:アンコール遺跡エリアに入場するためのチケット売場です。ボクは三日間券を購入してるので、このチケット売場の横の道でチェックされ入場です。
右上:入場チケット売場を越えてからは真っ直ぐの気持ちいい道を走ります。
左下:真っ直ぐの道をいくとアンコール・ワットの横のお濠にぶち当たります。
右下:黒人さんは元気よく自転車で走ってます。

と言うことで、目的地に到着。
旅行前から計画していた目的ってのはコレ↓です。

CIMG7234.jpg

アンコール・バルーンです。
このバルーンはアンコール・ワットの西2kmの場所にあって、上空200mからアンコール・ワットを見ようというものです。
高所恐怖症のボクですが、せっかくなので乗ることにしました(笑
雨や風が強い時は運行中止になるっていってたけどこの日は快晴!
規定人数に達しないと飛ばないって聞いてたし、ボクがチケットを買ってから10分程待たされましたが誰も来ませんのでどうなることやらって思ってましたが、ボク一人の貸切状態で上空に!

a32.jpg

もしかして足が震えて立ってられなかなって思ってましたが、バルーンがしっかりしてそうだったし、前日にガイドにバルーンについて聞くと『今までバルーンが墜ちた、とか、ダレかが墜ちた、ってな話は聞いたことはない!・・・たぶん』と聞いていたので案外平気でした(^^;)
でも右下の写真を見てください。
上空から真下を見るとこんな感じなんです(笑
もちろん高所恐怖症のボクは真下なんて見ることはできません。
この写真はバルーンからカメラだけを外に出して撮ったのです(笑

アンコール・バルーンに乗った後、再びトゥクトゥクに乗ってお土産屋さんで有名なアンコールクッキーと言うお店で止めてもらい、マンゴーカキ氷が食べました。

CIMG7262.jpg

そんなこんなで本日午前のボクの短時間の観光(約2時間)は終了。
お昼頃にはまたホテルに戻ってきました。
ホテルに戻ってきたらいつものようにプールにいきましたとさ(笑

CIMG7264.jpg


16:28:23
今日はオランダ戦ですね。
間違いなくかなり格上の相手だけど、今回のワールドカップを見ていても、明らかに格下の国が格上の国に対して勝ったり、引き分けたりしてるので、今晩の日本もガンバって欲しいものですね。

体調悪いのに午前、午後と酷暑の中、遺跡周りをして、かなり体重が減ってるんじゃないかって思って、ホテルの部屋にある体重計に乗ったけど・・・51kgもありました(笑

CIMG7200-1.jpg

まぁ、心配してたわりには体重は全く減ってはなかったけど、とにかくカラダが疲れてダルダルだったのでマッサージ店にいくことにしました。
カンボジア式マッサージはかなり痛いってわかってるので、今回はオイルマッサージにしようと思ってホテルから出掛けました。
と言うことでホテル近くのマッサージ店に、確か60分10ドルだったかな。
このマッサージ店面白かったのは、男性を客の対象に考えてなかったのか、マッサージ時に穿かされる使い捨てパンツがかなぁりローライズでちっちゃい(笑
それに何と言ってもかなり透き通ってる薄い生地(笑
ボクがたまに日記で画像アップしてるTMの透き通ってるパンツより透き通ってます(笑
丸見えじゃん!って思いながら、まずはうつ伏せになってスタート、そして仰向けにチェンジした時に・・・マッサージしてくれてる女性は部屋の電気を暗くしました。
なるほどね、一応そういうところはそういうことなんだぁって思いました(笑

マッサージが終わると何か食欲が出てきた感じがしたので、ホテルの道向かいにあって到着した時からチェックしていたタイスキ店にいきました。
一人でお鍋って大丈夫かなぁって思いながらお店の中に入って『一人だけど大丈夫?』って聞きましたがウエイトレスが『大丈夫!』って言うので、席まで案内してもらい・・・かけたところで、ボクからかなり離れていたところに立っていた別のウエイトレスさんがボクに手を振りながら走ってきて『いやぁ、また会ったねぇ~』(クメール語なんで実際は何て言ったのかわからないんだけど、そう言ってるようでした)って感じでボクに親しげに笑顔で話しかけてきたんです。
ボクは彼女の顔を見たんですけど・・・彼女がダレなのかどうも思い出せません(^^;)
まぁ、でもせっかく彼女がそんな感じでボクのところに来たし、知らんふりしてるのも悪いので、ボクも覚えてるフリをして親しげにしました。
まだこの旅でそんなにたくさんの人と会ったわけじゃないはずなのに思い出しません・・・。
ホテルで会ったのか、ランチを食べたお店で会ったのか、どこかお土産屋さんか観光地であったのか・・・結局彼女は最初から最後までボクの鍋の面倒を見てくれてて、ボクはずっとその間どこで会った人か思い出そうとしてましたがダメでした。
まぁ、彼女がダレなのか気にはなりましたが、あまり悩むのはカラダに良くないので、彼女がダレかとボクを勘違いしてるってことでボクの中では結論を出しました(笑

CIMG7181.jpg

あっ、そうそうこのお店では道路沿いの窓側の席に座ったんだけど、タイスキを食べてる時、窓の外からボクをじっと見てるようなすごい視線を感じたんです。
ボクが窓のほうを向くと・・・・いてたんです、アイツが。
ボクはびっくりしました・・・その大きさに。
山や森の中にいるならわかるんだけど、こんな街の中で普通にいるなんて・・・それもあんなビッグサイズのアイツが。
こっちの様子が見えてるのか見えてないのか知らないけど、ホントにボクのほうをじっと見てました。
ボクはせっかくなので写真を撮ろうと思って、カバンからカメラを取り出しアイツにカメラを向けると、アイツはカメラに撮られるのがイヤなのかゆっくりと歩いて去っていきかけました。
だから『ハイ!チーズ!』と言うわけにいかず、窓越しで慌てて撮ったのでかなりボヤけてるけど、一応公開しておきます。
コレ↓です。

CIMG7182.jpg

体長は頭の先からしっぽの先まではたぶん45cmぐらいだったからなぁ。
長さだけじゃなくて太さも結構あって立派なアイツでした(笑
ボクが珍しいので急いで必死に写真を撮ろうとしてたらお店の人が『お前何撮ってるんだぁ?』って言うような顔でボクを不思議そうに見るので、ボクは『いやぁ、かなりデカいねぇ』って言ったんですが、『カンボジアではそんなもの珍しくも何ともないよ!』って言うような顔で、鼻で『フン!』ってして去っていきました

そんなこんなでシェムリアップ三日目が終了しましたとさ。
いつもの悪いくせですが旅日記飽きてきました(^^;)
でもせっかくなのでもう少し続けます(笑

CIMG7215.jpg


2010/06/17
22:45:43
ブルセラじゃなくてブブセラね。
サッカーの試合を見てない時にも何かブブセラの音が聞こえてるようです。
CIMG7165.jpg

三日目、プール&昼寝の後の午後からの観光は小回りコースです。
たくさんの遺跡を見て回ることができました。

プラサット・クラヴァン(921年)
a24.jpg

スラスラン(12世紀末)
a25.jpg

バンデアイ・クディ(12世紀末)
a26.jpg

タ・プローム(1186年)
巨大は木々が遺跡に絡みつき神秘的な遺跡で有名。映画『トゥーム・レイダー』のロケでも有名。
a27.jpg

タ・ケウ(11世紀初頭)
今回の遺跡で一番怖かった階段。上から階段の写真を
撮ったけど階段が見えないぐらいの斜度(笑
a28.jpg

トマノン(12世紀初頭)
a29.jpg

チャウ・サウ・デボーダ(12世紀初頭)
a30.jpg


CIMG7336-1.jpg


23:42:03
いやぁ、昨日は日本勝って良かったねぇ。
ワールドカップ開催前の親善試合や交流マッチでは負けてばかりいたし、岡ちゃんも試行錯誤してるのか試合ごとにメンバーを入れ替えたりしてたもんねぇ。
この間まで日本のエースは中村シンスケだって言ってたのに、今や中村シンスケは補欠で、エースは完全にYAMAHAに代わったからね。
そのYAMAHAが点を入れたんだからすごいよ。
なんといってもカルメンにはあの江藤選手がいるからって思ってたんだけど、どうもカルメンは調子悪かったみたいだね。
そんなことより一番心配だったのは日本のディフェンダーのトォーリャーが日本のゴールにヘディングシュートしないかってことだったんだけど、それもなかったら良かった良かった。
まぁ、個人的な趣味で言うと・・・内田 篤人が好きかな(笑
でも今はやっぱHONDAかな。
あの日本人らしくないビッグマウスが好きです。

CIMG7205.jpg

三日目、朝早くおきて朝日観賞、そして朝食、少し休憩した後、今日の観光です。
今日もガイドをお願いしていて、今日の観光はアンコール遺跡の小回りコース、そして午後から大回りコースです。
体調はまだまだよくはなかったけど、少し良くなったような。
観光の予定は今日までなんで、今日一日ガンバって観光です!
と言うことで、午前は小回りコースです。

プリア・カン(1191年)
a18.jpg
ニャック・ポアン(12世紀末)
a19.jpg
タ・ソム(12世紀末)
a20.jpg
東メボン(952年)
a21_20100615005819.jpg
プレ・ループ(961年)
a22.jpg

昼食(2010年)
a23.jpg
これがカンボジア料理らしい。
パンプキンプリンは絶対食べようと思ってたんだけど、この昼食で出てきたから良かったです。

そしてこの日も午前の部の観光が終わったら一旦ホテルに戻ってきて約3時間の休憩。
ボクはもちろん・・・プール&昼寝をしました。


22:45:03
CIMG7312.jpg

まもなくキックオフ!
ニッポン ガンバレ!
カメルーンかカルメーンか知らないけど
日本には
HONDAがいるんだぞぉ!
あれっ・・・・YAMAHAだったかなぁ・・・(^^;)
とにかく今日負けたらもうほとんど可能性がなくなるからぜひ勝ってほしいものだ!

CIMG7038-1.jpg

と言うことで三日目、午前4時30分に起きました。
午前5時にガイドが迎えに来るって言うものだから。
どうも朝日が出るのが午前5時40分らしいです。
前日体調不良等もあって夕日を見ることができなかったので、この日はガンバって起きました。

とにかく初めてアンコールワットを訪問した時はドキドキ感でいっぱいだったけど、この日見た朝日はボクが今まで18年間?生きてきた人生の中で一番素晴らしい朝日でした。
感動と言う意味ではやっぱこれが一番だね。
まだ朝日が昇ってない静かでまだほんのり暗い時間にゆっくりと西参道を歩くってのが雰囲気がすごく良くて、いかにも感動してくださいって言うか、感動せざるを得ない状況でまんまと感動しちゃいました。
でもきっとその感動はこの写真を見ただけじゃ百分の一も伝わらないんだろうなぁ。

a16.jpg
a17.jpg

朝日観賞からホテルに戻ってきて朝食。
まだ食欲が戻ってないんでフルーツ中心の朝食。
写真に写ってるのは少ないけどフルーツはもちろんおかわりしましたよ。

CIMG7063.jpg




12:45:00


前回も言いましたが、この日(二日目)の観光は午前がアンコール・トム遺跡群、午後がアンコール・ワット、夕方にプノン・バケンから夕日鑑賞、そして夜はアサプラダンスを見ながらディナーです。
午前・午後の観光はすでに終了して、残すところは夕日鑑賞と古典舞踊ダンスショーを見ながらのディナーだけとなりました。

夕日鑑賞をする場所であるプノン・バケンの山はそんなに高い山ではないですが、結構急斜面を歩いて登っていかないと駄目らしいです。
正直この時のボクの体調は良くなくて、というか暑さのせいなのか熱のせいなのか、かなりカラダも疲れてて、後の予定をすべてキャンセルしたいぐらいでした。
そんなことを考えてた時、ガイドさんがボクに「今日は雨模様で雲がかかってるのでたぶん夕日は見えないと思います。」って言ったもんですから、ボクは「じゃあ、夕日鑑賞は中止しましょう。一旦ホテルに戻って休憩して、夜からアサプラダンスショーを見にいきましょう」と言いました。
夕日はまた旅行中に見る機会はあるだろうし(結局なかったけど)、体調が悪いのにたぶん見ることができない夕日観賞に無理していく必要はないとの判断によりキャンセルした次第です(^^;)
ま、ホントはアサプラダンスショーもキャンセルしたいぐらいの気分だったんだけど、少し休んだら少しは元気になるだろうと思って、それはとりまキャンセルせず、直前になってどうしてもいく気分じゃなかったらその時にキャンセルしたらいいわって思ってたんで。

ホテルに送ってもらってる途中、急にアイスクリームを食べたくなったので、ドライバーに無理言ってスーパーマーケット前で止まっててもらい、アイスクリームを買ってホテルに戻りました。

CIMG6978.jpg

ホテルに帰ってから2~3時間の休憩時間中、アイスクリームを食べたボクは本日2回目の昼寝(笑
海外旅行にきて2回も昼寝したのは初めてなんじゃないかなぁ。
ホントにのんびりした旅だけど、こんな突然のプラン変更も一人旅ならでは勝手さですよね。
一人旅じゃなかったら、こんなわがまま言えないもんね。

CIMG7281.jpg

ベッド脇の部屋の電話が鳴る音が聞こえてきて起床。
目覚ましを合わせてたんですが、全く気がつかず、待ち合わせ場所であるホテルのレセプション前にボクが来ないのをガイドさんが不安になってホテルの内線を入れてくれたんです。
それで目覚めたボクは急いで着替えレセプション前まで降りていきました。

アプサラダンスを見ながらのディナーはビュッフェ形式です。
食事自体は食欲もないことからたいして美味しく感じなかったですが、フルーツ(ウォーターメロンとドラゴンフルーツ)は美味しいと思い何切れもいただきました。

a15.jpg
a14.jpg

アプサラダンスショーは・・・
まぁ、正直バリ島や他の国でもよく見てるようなダンスですから、そんな驚くような珍しいものでもなかったです(^^;)
アプサラダンスショーを見ながらのビュッフェ形式でディナーを食べられるお店は何軒かあるんだけど、どこのお店もだいたい12ドルです。
ボクが泊まったホテルのすぐ近くにもありました。
でもボクは送り迎え付きで頼んだので30ドルでした・・・・勿体無いような・・・(笑

そんな二日目もこれで終了です。



21:52:03
CIMG6839.jpg

午後の観光はアンコール・ワットです。
なんだかんだ言っても今回の旅のメインです。

a09.jpg

木々で覆われた一本道を車で走っていくといきなり視界が広がり大きな大きなお濠にぶち当たります。
お濠の向こう側には石壁が続いています。
お濠の回りを少し走るとテレビや写真でよく見たアンコール・ワットの建物が見えてきます。
正面入口前で車を降ろしてもらい、ガイドが歩いていくのを無視して少しの時間立ち止まってアンコール・ワットを見てたのですが、アンコール・ワットにようやく会えたという感動が押し寄せてきます。
残念ながら修復中のためか正面の塔には足場を組んで緑の養生幕がありましたが、そんなことはどうでもいいような気がします。
お濠の中には一本道があり、その参道をゆっくりと歩いているとき、これからアンコール・ワットの中に入るんだといったドキドキ感が。
お濠の中で水遊びをする少年もいました。

ま、そんなことを書いてるといつまでも終わらないのでとにかく写真を。

環濠と西参道
a10.jpg

修復中の中央祠堂、そして聖池とボク
a11.jpg

淋浴の池の跡と急階段
a12_20100611211935.jpg

中央祠堂内とさらなる急階段
a13.jpg

昨年や一昨年だったら一番高い中央祠堂(第三回廊)にはいけなかったらしいです。
今年で良かった(笑
急階段はタイの経験からして「行きはよいよい、帰りは怖い」で、中央祠堂に昇る最後の階段を昇ったあと写真を撮ったりしてたんだけど、実は降りる時のことを考えドキドキしてたんだよね。
帰り、階段の上から下を覗くと降りれるかなぁって不安に思ったりしたんだけど、勇気を出して降りるとそれほど怖くありませんでした。
「あれっ、慣れたのかな」って思ったりもしたんだけど、よくよく考えると、実はこの階段には手摺があったんでそれほど怖くなかったことが判明しました(笑
それに後から造った階段だから踏み面もしっかりしてたしね。

しかし、この巨大な建物を先人たちはどうやって建築したんでしょうね。
すごいですよねぇ。
アンコール・ワットに訪問したのは今回の旅ではこの一度だけで約3時間の訪問だったけど、また近いうちにじっくり訪問したいと思うぐらい良かったなぁ。

CIMG7360-1.jpg



22:16:34
前回も書きましたが、アンコール遺跡群観光は午前がだいたい8時頃から11時頃まで、午後が3時から6時頃までの二部制となってます。
一旦ホテルに送ってもらい、そしてまたホテルまで迎えにきてもらうというシステムです。
その間、4時間ぐらいありますが、昼食で1時間としてフリータイムは約3時間です。
ボクは風邪のためホテルでのんびりしてたんですけど、この間プールにいって汗をかき、そしてお部屋で昼寝という過ごし方をしてました。

CIMG6823.jpg

プールにはプールサイドカフェというものがあって、いつもボクがいくもんですからそこのお兄さんにも覚えていただいたみたいで・・・てか、覚えやすいんでしょうね。
日本人はボク一人ですし、それも競パン姿もボク一人ですから(笑
外人さんも残念ながら競パン姿っていないんですね(^^;)
だから珍しいんでしょう、ボクが(笑
初めてプールにいった時、タオルを貸してくれるところがあって、そこにタオルを貸していただきにいった時に、そこの係員のお兄さんがボクの姿を見て、股間をまともに見てましたからね、3秒ぐらい(笑

CIMG6908.jpg

プールサイドカフェにいってお兄さんに注文して、自分の席で横になってるとお兄さんがボクの注文したウォーターメロンスムージーを持ってきてくれるんだけど、お兄さんは最初の日こそウォーターメロンスムージーを置いていくだけだったんだけど、どんどん親しげに喋ってくるようになって、三日目なんて座って喋りだしてきて、まぁ簡単な会話なんだけど『どこから来たのか』から始まって、『いつまでいるんだ』とか『いつチェックアウトするんだ』とか・・・しまいに『部屋番号は?』って聞かれて、夜襲われるのかなって期待・・・じゃなくて不安に思ったけど、部屋番号までは聞かれませんでした(^^;)

外人のお客さんにも覚えてくれたみたいでボクを見かけると手を振ってくれたりしてました。

a08.jpg

最初の日は、30分でギブアップしました、暑くて暑くて(^^;)
プールの中にずっといると大丈夫なんだけど、プールからあがったら15分が限界です。
それぐらい暑い!暑い!暑い!
ちなみにプールには四日連続いこうと思ってたんだけど、三日目が終わった段階でシャワー時にカラダヒリヒリする、カラダも真っ赤になってきたんで、三日間でやめました。
ちなみに、こんな感じに焼けました(笑

CIMG7316-1.jpg

と言うことで、この日プール+昼寝をして、午後からのアンコール・ワット観光にいきました。
アンコール・ワット観光については次回に。


20:18:12
日本に無事帰ってきましたぁ!
これからは日本で写真の編集でもしながらじっくりぼちぼちのんびりと旅日記を書いていきますんでよろしくぅ。

CIMG6845.jpg


と、言うことで、今回は二日目の午前の観光編ですね。
観光編の日記はどうしても写真が多くなるんで、文章は少なめに、たんたんとボクがいったところの写真を順に公開していこうと思ってます。
今回はアンコール・トム遺跡群というところです。
アンコール・ワットは有名で知ってると思いますが、シェムリアップには数多くの遺跡があって、アンコール・ワットはそのなかの一つです。
で、全ての遺跡がアンコール遺跡群として世界遺産に登録されてます。

アンコール・トム遺跡群は1辺3km、周囲12km、幅130mの環濠に囲まれており、その中にいくつかの遺跡があります。
その広さは東京ドーム60数個分(900h)らしいです。
12世紀末から13世紀初めにかけて造りあげられた遺跡です。

南大門
a01_20100608200022.jpg

バイヨン
a02_20100608200712.jpg

パプーオン
a03_20100608200726.jpg

ピミアナカス
a04_20100608200741.jpg

象のテラス
a05.jpg

ライ王のテラス
a06.jpg

午前に観光したところは以上です。
とにかく、遺跡の入り口付近まではチャーターした車で連れていってもらえるのですが、そこから一つ一つの遺跡が大きくて(広くて?)、かなり歩かないとダメな遺跡が結構あります。
体調が悪いのと暑さとでかなり疲れました。

この日のお昼はビュッフェ。
一応コレ↓
a07.jpg

フルーツ(スイカ・パイン・ランブータン)は美味しく全ていただいたのですが、もともと食欲が進まず、その他は半分ぐらいしか食べれませんでした。
あっ、期待のアンコールビアも、そんな調子だったんであまり美味しく感じることはできませんでした。

シェムリアップの観光は、一日観光といっても午前と午後にわかれており、その間、約2~3時間ホテルに戻って休憩します。
最初はやっぱり暑い国の人は休憩が長いなぁ~って思ったりしてたんだけど、実際観光してみると、観光客側も休憩が必要だとわかりました。
一日中観光を続けてたら暑さと疲労のため倒れる人続出?
ボクも体調が悪かったとはいえ、こんなに毎日毎日昼ねした海外旅は初めてです(^^;)

CIMG6844.jpg


2010/06/07
17:25:56


さて、二日目観光の日です。
一晩ぐっすりと寝るつもりだったんですけど何回も夜中に目が覚めてしまって、朝起きても体調は全く変わらなかったです。
でも、この日は午前8時にチャーターした車が向かえにきてくれます。
ホテルは朝食付きなんだけど、体調が悪いボクは食欲もなく、それに食べるとなるとその分早く起きないとダメなんで、朝食抜きで観光にいくことにしました。
ガイドは20代の男性です。
イケメンじゃなくて残念でしたが、そんなこともこの体調ではたいした問題ではありません。
ということで観光スタートです。

今日の予定は、午前がアンコールトム遺跡群、午後はアンコールワット、そして夕方にはプノン・バケンという山からサンセット観賞、そして夜はアプサラの踊りを見ながらのディナーの予定です。
観光初日は頑張ろうと思ってかなりハードなスケジュールを組んだんですけど、この体調じゃ全部スケジュール通りこなせる自信はありません。
でも仕方ないので、いけるところまでいこうって気分です。

あっ、プチ情報なんですが、アンコールの遺跡はアンコールワットだけが西向きで、あとの遺跡は全て東向きに建てられてます。
だから写真撮影のことを考えると、アンコールワットは午後にいったほうがいいということです。
反対に逆にいったほうが観光客が少ないというメリットもあるらしいですが。

あっ、またプチ情報なんですが、アンコール遺跡にはヒンズー教と大乗仏教の寺院があります。
その時の王の信仰によって違った神が祭られたみたいで、大乗仏教の寺院の中にヒンズー教のレリーフがあったりとかあるみたいです。
ちなみにアンコールワットはヒンズー教の寺院です。

あっ、またまたプチ情報なんですが、アンコールの遺跡群(エリア)に入るためには通行許可書のような入場券が必要なんです。
エリアの入り口に検問所があって、毎日チェックされます。
あと遺跡の入り口でもチェックされます。
一日券が20ドル、三日券が40ドル、七日券が60ドルなんですが、ボクは三日券を購入しました。

CIMG7136.jpg

ということでアンコールトム遺跡群から観光がスタートです。
写真もたくさん撮りました。
今回の旅はたぶんたくさん写真を撮るだろうなぁって思ってましたが、予想通りというか予想以上に撮ってしまって、このブログで紹介するのはもちろんほんの一部になんですが、どの写真を日記でアップするか考えないと・・・・ということで観光の日記は次回からとします(^^;)
ちなみにボクの画像も今回まではカンボジアとは全く関係ない以前の写真を使ってましたが、次回からはカンボジアで撮った写真を公開していく予定です。
ということで、今日はここまで!

でも、何か旅日記としては写真が少なすぎて寂しいので一枚だけアップしておきます。

CIMG6943.jpg
アンコール・ワットです!


23:56:24


前回の日記の最後で、「そんなカンボジア一日目でした」って書きましたが、まだ一日目は終わってませんでした。

前回は風邪を引き体調が悪いながらも、どうにかこうにかカンボジア・シェムリアップに到着し、ホテルにチェックインしたところまでしたよね。
無事チェックインしたのが19時頃でしたでしょうか。
とにかく風邪でカラダの節々が痛いボクは早速マッサージにいくことにしました。
シェムリアップの街のマッサージは安いです。
だいたい1時間5ドルです。

*カンボジアの通貨単位はリエルなんだけど、普通にアメリカドルも使えます。だからボクは今回リエルには交換してません。ただ細かいお釣りの時はリエルで返ってきます。

マッサージ好きのボクはカンボジアでのマッサージの安さに毎日でもマッサージにいこうと思ってたんです。
でもこの日だけは、とにかくカラダが痛いのを何とかしてほしいって気分でいったんですが・・・

あのね、タイ式マッサージって皆さんご存知だと思いますし、ボクは旅日記にも書きましたがラオス式マッサージってのも知ってますよ。
でもね、カンボジア式マッサージってのは聞いたこともないんで、まぁ普通のマッサージだと思ってたんですよ・・・
まぁ、カンボジアってタイもラオスも隣国ですからねぇ(^^;)
マジで自分のカラダがここまでボキッ!ボキッ!って鳴るようなマッサージは初めてです。
最初は日本式の指圧だったんですけど、その押す力が半端じゃない強さなんです。
指圧が終わったら足で踏みつけるわ、逆ゾリエビ固め?みたいな(笑
エアコンが効きすぎてて寒気が襲ってきたり、反対にマッサージ師の荒業に冷や汗のような汗が出たりで、いつ「エアコンの温度下げてください」「もっとソフトにマッサージしてください」って言おうかなぁって思ってたんですが、そのタイミングも見つけられないまま60分間が終了しました。
カラダのフシブシが痛いのをマッサージで少しでも癒そうと思って来たのに、反対に余計にカラダの調子が悪くなったみたいです。
おかげ様で、全く食欲ってのがなくなり、ご飯を食べにいく元気もなくなり、パンか何か買ってホテルの部屋で食べよう思ってホテル近くのスーパーマーケットに寄って食べれもしないのにいろいろ買っちゃいました。

CIMG6813.jpg

ドーナツ:中の緑の餡みたいなものが甘すぎて食べれず二口ぐらい食べただけ
シナモンロール:ガンバッテ半分ぐらい食べました
エクレア:甘すぎて一口食べてやめました
日本の梨:全然味がよくなくてスカスカでしたが、これは全部食べました
プリン:四個入りだけど一個食べたらもう食べる気がしませんでした
スタバのコーヒー:これは全部飲みました

ホテルの部屋に帰ってきて部屋のエアコンを入れると寒いし、エアコンを切ると暑いし・・・もしかしてエアコンのせいじゃなくて、ボクのカラダが暑くなったり寒くなったりの繰り返しかも・・・
とにかく明日からの観光に備えて、この状態を早く脱するためにこの日はエアコンは入れずに早めに寝ました。
ということで、一日目が終了です。


23:35:47
CIMG6122.jpg

いやぁ、大変でしたぁ、てか、今も大変です。
旅行出発前日になって突然体調が悪くなったんです。
症状は、寒気・咳・鼻水・頭痛、そしてカラダの節々が痛い・・・風邪ですね。
夜もカラダが熱くて何回か夜中に目を覚まして、その度にカラダが熱いもんだから冷蔵庫にあるアイスクリームを食べてました。
朝起きた時もカラダが熱かったんで熱を測ったら37.4度。
これまで海外旅行にイク時にこんな体調の悪かった時はないし、海外でもお腹が痛くなったりとか全くなかったのに、今回ばかりはかなりヤバイ状態です。
でもこれぐらいの熱で計画していた旅行をやめるわけにいかないし、飛行機で寝たらマシになるかなって思って、カラダがダルくて動くのつらかったけど、頑張って関西空港に。
関西空港の薬局で早速風邪薬を買い、出国手続き後は、ラウンジで無料のマッサージ機を1時間ぐらいしてました。
で、関西空港からベトナム航空に乗ること約5時間。
寝たかったのに全然寝ることもできず、着いたのはベトナム・ホーチミンです。
何年か前にホーチミンは来てるんだけど、全く記憶になかったです。
今回はホーチミンが目的地じゃなくて乗り継ぎです。
時間が来るまで空港では一切ぶらぶらせずラウンジでのんびりしてました。
ホーチミンからカンボジア・アンコール・エアラインに乗ること約1時間。
着いたのはカンボジア・シェムリアップです。
カンボジア・アンコール・エアラインの乗客の約95%が韓国人の団体さんで、韓国のおばちゃんの賑やかなこと賑やかなこと(笑
大阪のおばちゃん並でした。

Picnik コラージュ01

上左 関西空港のラウンジ
上右 マッサージ機を約1時間
下左 ホーチミン空港のしょぼいラウンジ
下右 シェムリアップ空港

ということでカンボジアに無事到着しましたが、風邪の諸症状は一向に治る気配はありません。
カンボジアに到着したのは夕方。
早速ホテルにチェックイン。
チェックインの手続き後、ボーイさんが部屋に案内してくれたんだけど、サンライズビューのデラックスルームを予約していたのに、どう考えてもシティビューなんです。
『この部屋もしかしてデラックスルーム?』
「いえ、こちらはスーペリアルームです」
『デラックスルームをお願いしたんですけど・・・』
「デラックスルームに変更したいんですか?」
『いや、そうじゃなくてデラックスで予約したんです!』
ボーイさんは「ちょっと待って」と言い、スーペリアルームの部屋からレセプションに電話をし確認してもらってるみたいです。
その間ボーイさんはボクに「エージェントの連絡が十分取れてないってことがよくあるんですよねぇ」って。
ということでデラックスルームが空いてたみたいで、無事部屋をデラックスルームにチェンジしてもらいました。

Picnik コラージュ02


あっ、一日目は到着が夕方なんで何の予定もないんだけど、二日目三日目と観光するための車をチャーターしています。
今回移動日の一日目を別にすると行動できるのが四日間。
前半の二日間は観光に頑張り、後半の二日間は予定を組んでません。
観光にいきたかったらいけばいいし、街ブラしたかったらそれでもいいし、ホテルのプールサイドでのんびりしたかったらそれでもいいしって感じで、そんときに考えようと思って。
前半二日間の観光については、レンタサイクルやトゥクトゥクでの観光も考えたんですが、とにかく暑いってこともあるし、雨季に入ってるってこともあって、車をチャーターしたんです。
でもカラダがこんな調子悪いんで車をチャーターして良かったです。
やっぱエアコンの効いてる車がいいですよね。
てか、車はいいんだけど、それすら体調的に危ない状態でちょっと不安です。
そんなカンボジア一日目でした。

20:58:45
CIMG6767.jpg

今日はいつもより朝早く起きたんで眠いです。
朝から新事業の打ち合わせがあったもんですから。
ゆくゆくは100個の事業をしようと思ってます。
でもそんなにたくさん儲けようとは思ってません。
1個の事業で月1万円儲ければOKです。
で、100個で月100万円・・・それで十分です(笑
まぁ、夢のような話ですが、どこまで現実化していくことができるか楽しみです。

と言うことで、明後日から旅に出掛けます。
明日は仕事で遅くなるだろうし、旅の準備もしなくちゃいけないんでブログの更新はたぶん出来ないと思います。
旅先には一応ネットブックを持っていくんで、また旅先からブログを更新できればなぁって思ってます。
明後日以降、現地からの更新を楽しみにお待ち下さい。
また、旅から帰ってきてからの旅日記もお楽しみに!
それでは、ちょっと早いけど、いってきまぁす☆

CIMG6786.jpg


動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード