FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2009/09«│ 2009/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/11
20:27:23
CIMG5214.jpg

やっと旅二日目の日記です。
この日、9時間寝ちゃいました(笑
飛行機内で寝れないまま観光に出掛け、夜はナイトバザールでブラブラしたので睡眠不足だし、疲れもあったんでしょうね。
今日は街ブラの予定なんだけど、今日も天気はいいみたいです。
ボクの旅は結構いつも歩くことが多いんだけど、この日もかなり頑張って歩きました。
歩いていったのはワット・チェディー・ルアンとワット・チェンマンです。
ま、お寺ですね。

006_20091013175254.jpg
上:ワット・チェディー・ルアン
下:ワット・チェンマン

かなり歩いて二つのお寺を回り、疲れたので近くのこじゃれたカフェでビールを飲みました。

007.jpg
左:一見こじゃれたカフェ
右:タイで最も売れてるビア・チャーン

カフェを出て、今からリバーサイトにあるレストランにいって昼食を食べようと思ったんだけど、暑いしもう歩く元気はないんでトゥクトゥクでいこうと思い、トゥクトゥクを探してたら先にバイタク(バイクタクシー)のオジサンがいたので地図を持って値交渉。
最初は値交渉に応じていたオジサンもなかなか折り合いがつかなくて、最終結論を出せないのかオジサンは近くで露店を出していたオバサン(オジサンの奥さん?)のところにいって相談する始末。
仕方ないのでボクもオバサンのところに再度地図を見せて値交渉。
オジサンでは結論の出なかった40B(約120円)をオバサンはいとも簡単にOKしました(笑
オバサンに了解をもらったボクとオジサンはバイクに乗ってバイクでリバーサイドにあるレストランに。
レストランについたのでボクはオジサンにお金を渡し店内に入ろうとしたら、オジサンが先に入っていって何故かボクを一番見晴らしのいい席に案内してくれるんです(^^;)
お店の人でもないのに変だなぁとは思ったんだけど、特に気にすることなくお店の人にメニューを見せてもらってオーダー。
その間、オジサンはボクの向かい側の席に座ってます(笑
ボクが食べ終わるまで待つって言うんです。
まぁ、確かにこのお店はちょっと辺鄙な所にあるので待っていてくれたら便利だけど、まだ次どこにいくか何にも決めてないしなぁって思いながら、ボクだけが食べるのも何か気が引けるというか食べづらいし、オジサンにも「何か飲んだら?」って言ったらビールを頼んでました・・・飲酒運転です(^^;)
ボクが食べてる間、ビールを飲みながらずっとしゃべってるオジサン。
かなりのおしゃべり好きで、悪いオジサンではなさそうですが・・・

008.jpg
上左:お店から川を見たところ
上右:店内風景
下左:パイナップルに入ったチャーハン?
下右:しゃべり続けるバイタクのオジサン

食べ終わったボクは、当分ぼぉーっとしてましたが、どこにいきたいというところも特にないしマッサージにいくことにしました。
再びオジサンのバイクに乗り、ボクの指定したマッサージ店に。
バイクから降りると再びオジサンはバイクから降り、ボクを店内に案内・・・
マッサージが終わるまでボクを待つって言うんです(^^;)
ボクが「えっ、2時間ぐらいかかるよぉ」って言ったんですが、「大丈夫!大丈夫!」って・・・。
確かにこのマッサージ店はさっきのレストラン以上に辺鄙なところにあり、マッサージ後のことを考えても待っててくれたら便利なんだけどね(笑
そこに現れたのはオネエバリバリのマネージャー。
まずはマッサージのメニューをボクに見せて「どのコースにする?」って聞くんで、ボクはメニューを見ながら90分のアロマオイルマッサージを選びました。
料金はマッサージ代が600B(約1800円)にミニマムが同じく600Bです。
さすがにこのマッサージ店は普通のマッサージ店より高いです。
次にマネージャーはBOYのアルバムを見せて「どの子にする?」って聞くんで、ボクは何故かオジサンと一緒にアルバムを見ながら・・・指名。
今日の日記も長くなってるのでマッサージについては詳しく書きませんが(詳しくはもしかして今度の生ラジオ放送で話す・・・かも)、マッサージが終わって帰ってきたらオジサンはマネージャーと談笑してました(^^;)

009.jpg
左:マッサージ店の前
中:マッサージ店の建物
右:マッサージのお部屋

その後、ボクはオジサンにホテルまで送ってもらって相応のお金を払い、部屋に戻ろうとしたら、オジサンが「夜にレディボーイのお店に連れていってあげる。夜10時に迎えにくるからホテルの前で待ってて」と言って去っていきました。
しかし、どうなんでしょう。
だいたいレディボーイのお店って何のことかよくわからないし・・・いくら位するお店なのかもわからないし、悪いオジサンではなさそうだけど、もしかして変なところに連れていかれるかもわからないし・・・ちょっと危険な香りもするし・・・。
とにかく一旦部屋に戻りました。
今日も長くなってしまいましたね・・・続きは次回に。
読んでいただいてる方には長くなって申し訳けないです。
どうしても旅日記は長くなります。
これでも結構ちょっとした出来事は省略してるんですけどねぇ(^^;)

CIMG5469.jpg


動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード