FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2009/05«│ 2009/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/07
21:35:32
マイケルジャクソンが亡くなりました・・・
大阪の深夜番組で「ジャイケルマクソン」という番組があります。
見たことないからどんな番組か知らないけど。
てか、北京とは全然関係ないけど・・・

b3393-1a.jpg


旅日記を長々と2回も書いてるのにまだ北京に足を踏み入れてないという異常な状況の中で今日も続く3回目です。
過去2回を反省して、今日はぶっ飛ばしてダイジェストで一気に最終日まで報告します。
嘘ですけど。
ということで、機内での物々しい検温試験にパスしたボクは早速機外に出たんですが、機外でもなんか数台の赤外線カメラで撮られてるゲートを通りました。
たぶん体温によって色が変わって見える赤外線診断みたいなものをモニターで見てるんだろうなって思って、ボクはそれが見たくてゲートを通り過ぎたあとモニターをのぞき込みました。
係員にシッ!シッ!って追い払われました(^^;)
しかしアジア最大の空港である北京空港では過去経験したことのないような入国手続き。
厳しいんじゃなくて、スルースルーね。
すぐに空港外に出ちゃいましたよ。

aa01.jpg
【左】空港
【右】ターミナル間を移動するモノレール

さて、空港から街にはタクシー、エクスプレス、バスがあるんですが、ボクは当然バスです。
タクシーがいくらするのか知りませんが、エクスプレスは27元(約405円)、バスは16元(240円)です。
行き先は「西単」ってところです。
英語表記で「Xidan」って書いてました。
ボクはチケットカウンターで「シーダン!」て言ったら係員も「シーダン!」と行ってチケットをくれました。
通じたみたいです(笑
チケットも買えて、空港から出て指定された場所で待ってました。
10分ぐらい待ってたら係員が来て「あっちへ行け!」って指を指しました。
指が指されたところを見るとそこはバスが数台止まってる駐車場。
どうも中国ではバスが迎えにきてくれるんじゃなくて、ボクがバスを迎えにいかないとダメみたいです。
ボクがバスに乗って10分ぐらいで満席状態に。
乗客はボクと、西洋人夫婦1組を除いて中国人です。
いよいよバスの出発です。
「西単」駅までいくつかの場所で止まりながら約1時間のバス旅です。
久しぶりに来る北京の街並みを見ながらの1時間はあっという間でした。
「西単」で降りて、そこから地下鉄で天安門前まで移動です。
時間がまだ早いのでホテルにいく前に天安門付近だけは観光しとこうと計画してましたから。
地下鉄では必ずセキュリティチェックがあります。
空港と同じようにカバン等の持ち物をローラーに流して赤外線で中身をチェックしてます。
地下鉄代はどこまで乗っても一律2元(約30円)。
かなり安い地下鉄代です。
滞在中、地下鉄にはかなりお世話になりましたが、この安い地下鉄代が嬉しいですね。
切符を買う方法として人のいる窓口と自販機があります。
中国人のほとんどは何故か人のいる窓口で買ってます。
ボクは当然自販機です。
話さなくてもいいですから。
自販機はモニターに映った路線図から自分のいきたい駅を押すと料金が出てくるので、お金を入れると切符が出てくるというシステムです。
自販機は各駅に5台ぐらいあるんだけど何故か半分ぐらいは壊れてるんです。
壊れてるのかどうかわかんないんだけど、お金を入れてもお金がそのまま出てくるのです。
中にはほとんどの自販機が壊れてる駅もあり、もういい加減鬱陶しくなって窓口で買いました。
ボクは行き先の駅の英語表記を見て、あてずっぽうで発音してましたが、通じたのか黙って切符をくれます。
後でわかったことなんですが、一律二元なので行き先を言わなくてもお金を出すだけでよかったみたいですね(笑

aa02.jpg
【左上】バス乗り場
【右上】バスの切符
【左下】バスの中
【右下】地下鉄

ということで、ようやく次回から観光が始まります。
かなりゆっくりしたペースで進んでる北京旅紀です。


動画サイト
メンズキャンプ バディ ExGays Boys Star Movie
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード