FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2009/05«│ 2009/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/07
21:21:57
どうにか飛行機に間に合ったはいいけど、寝不足でおネムちゃんのボク。
飛行機ではぐっすり寝ようと思ったけど、たかが3時間の飛行時間なのにお食事が出ます。
出た食事は多少お腹がすいてなかってもいただくのがボクの主義(笑
飛行時間が短いせいか時間帯のせいかたいした料理ではなかったです。
「びーふorふぃっしゅ?」とも聞いてくれず選択の余地もありませんでした。
食事が終わってコーヒーを飲んだらもうゆっくり寝る時間もないので中途半端に寝るよりは起きておこうと思ったんだけど、やっぱ睡眠不足だったんで、頭が十分機能せず、寝てるのか起きてるのかわからない状態に。
現実か、夢か、幻か・・・・
突然機内が騒然となりました。
どうもハイジャックされたみたいです。
マスクをした犯人が通路で銃を乗客に向けながら全員席に座るよう叫んでます。
何故か数多くいる乗客の中からボクが指名され通路に引っ張り出され、いきなり「服を脱げ!」と命令されました。
服を脱がなければならない意味がわかりませんが、銃を向けられた人間はなんて無力なんでしょう。
ボクは抵抗することも反抗することも一切せず、犯人に言われた通り服を全部脱いで全裸になりました。
全裸になった時点で考えました。
ハイジャックされ命の保障もない最悪の状況の中で一人の乗客が全裸にされた時に他の乗客はそれを見てどう思うんだろうかって。
やっぱそういう状況の中でも「ちっちゃ!」とか「アイツ、なんで勃○してるんだよ!」とか思うものなんでしょうか。
ボクだったらきっと思うと思います。
こういうのって緊張と緩和というやつなんでしょうか。(←違う違う ワラ)
ま、どちらにしろどう考えても犯人に無理矢理ハダカにさせられてるのに勃○してるのってオカシイですよね。
気を付けないと・・・
と、いうようなことを夢の中で考えてたのか、起きてる状況で考えてたのかわかりませんが、とにかくそんなことを考えてたら、「当機はまもなく北京国際空港に到着します」とCAの機内放送があり、その放送にボクはハッとして現実に戻りましたが、しっかり勃○してました(笑
勃○しながら北京空港に着陸するなんて、たぶん大部分の乗客が経験したことのない快挙だと思います。
飛行機も止まり、さて機内から降りようと思ったらマスクをしたハイジャック犯が突然機内に入ってきました。
銃を乗客に向け全員座るよう叫んでます。
正夢になったんだぁ!
と思い、ボクは服を脱ぐ準備をしました。
今度こそ勃○しないようにしないと・・・
でも、ハイジャック犯ではありませんでした。
持ってるのは銃ではなく変な機械。
乗客全員のお熱を測るらしいです。
変な機械を乗客のおでこの部分に近づけるだけで一瞬で体温がわかるみたいです。
すごい体温計です。
さすが、雨が降らないようロケットを発射する国だと感心してたら、どうも乗客の一人が異常数値になったみたいで、何度も計測してます。
乗客全員がパスしないと機外には出れません。
皆、その乗客を見てました。
どうなるんだろうと思ってたら、今度は普通の体温計をもってきて脇の下に挟んで計測してます。
最先端の機械を用いながら最終的には原始的な方法でチェックするところが面白いところですね(笑
脇の下は熱がなかったみたいでこれで無事乗客全員が合格。
ようやく乗客全員が機内から出ることができるようになりました。

余計なことダラダラと書いてしまい長くなったので北京旅日記第2回はここらへんで終わらせて頂きます。
北京旅日記なのにまだ北京に上陸してません。
北京の写真もまだ一枚も出てません(^^;)





動画サイト
メンズキャンプ バディ ExGays Boys Star Movie
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード