FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2009/05«│ 2009/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/07
21:32:46
北京から帰ってきてからは土日も含めてずぅっと仕事だったんだけど、一段落ついたので今日休みましたぁ。
お昼近くまで寝て、昼からはのんびりDVD鑑賞。
録画してまだ見てない新しい映画もいくつかあるんだけど、どうしても何回も見た古い映画を見ちゃうんですよねぇ。
今日見たのはヒッチコックの『北北西に進路を取れ』。
もう10回以上は見てるけどやっぱ面白いなぁ。

1997.jpg

さて、今回はボクが泊まったホテルの紹介です。
旅の計画をたてる時の楽しみのひとつがホテル選びですよね。
いろいろネットで調べて比較して・・・。
希望は立地がよくて豪華なホテルに豪華なお部屋(出来ればお姫様ベッド笑)、そして格安料金。
もしくは立地がよくて隠れ家的なホテルでオシャレなお部屋、そして格安料金。
って、こんなところなかなかないんです。
立地がよくて豪華なホテルに豪華なお部屋なんていくらでもあるし、立地がよくて隠れ家的なホテルでオシャレなお部屋ってのも探せばあるんだけど、最後の・・・・・格安料金ってのがネックなんだよねぇ(^^;)
今回のホテルを選ぶ条件を二つに絞りました。
一つ目は、2泊3日という短い旅なので立地が悪いと観光や移動に余計な時間がかかり時間が勿体ないので立地を最優先する。
二つ目は、飛行機が特典航空券を利用して無料なので、ホテルも格安でとことん安く旅をする。
ということで、立地は天安門や王府井付近にするとすぐ決めたのですが、格安ホテル選びは結構悩みました。
学生時代に中国に来た時はずっとドミトリーでした。
一つのお部屋にベッドが10個ぐらいあって、いろんな国の人と同居。
シャワーやトイレも共同。
宿泊料金は安いところは確か180円、高いところでも1000円もしなかったと思います。
ドミトリーではいろんな国の人が泊まっていて(何故か日本人はいなかった)、格安ホテル等の情報交換とかもでき宿泊代も安いのでバックパッカーにはもってこいの条件でした。
今回もいろいろ調べてるうちに一泊1200円というところを見つけたんだけど、確認するとやっぱドミトリーでした。
一瞬、安さを追求するならドミトリーでもいいかなぁって思ったんだけど・・・・もうバックパッカーじゃないし(^^;)、それに部屋が共同、シャワーも共同ってのはいいんだけど、トイレが共同ってのがなんだかなぁ~って思って。
あっ、話はそれるけど、ボクもともと自分の家以外ではトイレ出来ない子だったんですよぉ(笑
小学生の頃、お腹が痛くなってトイレにいきたくなった時は家まで帰ってたんだよね(笑
ということで、ドミトリーは今回は遠慮、却下させていただきました。
あとドミトリー以外で一泊1000円台のホテルをいくつか見つけたんだけど、部屋はシングルルームだけどトイレとシャワーが共同ってやつ。

ということで、ボクの条件がぴったりのホテルを見つけました。
一泊約2700円。
どんなお部屋かが全然わからなかったけど、とにかくトイレとシャワーがお部屋にちゃんとついてるし、立地がチョーいいし部屋が少々狭くても汚くても今回は我慢しようって思って決めました。
で、天安門周辺を観光した後、徒歩でホテルに到着しました。
ホテルらしくない建物、そしてフロントと呼んでいいのかわからないような小さなデスク・・・う~ん、なんか心配(^^;)
でもこのフロントのおばちゃんがすごくよかったの。
予約してることをつげたら、待ってたよぉ~って感じでwelcome。(←おばちゃんが英語を話せることにびっくり)
愛想がいい中国のおばちゃんって感じ。
マニラのライス国務長官とは偉い違いです。
たぶん中国人や華僑の人以外で泊まるのが珍しいのかと(^^;)
ということでこのおばちゃんが鍵を持ってお部屋まで案内してくれました。
格安ホテルはエレベーターがないので階段です。
部屋は6階なんだけど、実質4階なんです(何故か3階の次が6階でした)。
ようやく部屋まで来てドアの鍵を開け扉を開けるおばちゃん。
この立地で約2700円という安さにどんな部屋だろうとドキドキしながら中に入るボク。
えっ?暗い!窓がない!狭い!
狭い部屋にシングルベッドが二つありました。
ベッド以外の空間が・・・
思わず「狭いね」と言っちゃいました(^^;)
おばちゃんは困ったように苦笑い。
あぁ、狭い部屋でも我慢しよう!汚い部屋でも我慢しよう!って決めたのに、思わず言った言葉がおばちゃんを傷つけてしまったかなぁって思ってたんだけど、おばちゃんが「広い部屋もあるけど見る?」と言ってきたので、とりあえず見るかぁって思って同じ6階にある広い部屋を見に行きました。
広いと言っても日本のビジホぐらいの大きさなんだけど、窓も前の道路に面してあるし、明るいし、ベッドは大きなベッド。
さっきの部屋が部屋だけにすごくいい部屋に見えます。
思わずおばちゃんと目が合ってお互いにニッコリ!
「で、いくらなの?」って聞いたら「あと約450円払ってくれたらチェンジOKよ!」って・・・・・チェンジしてもらいました(笑
ということでコレ↓が日本のビジホ並の豪華なお部屋です

aa06.jpg

立地を考えたら3000円ちょっとでこのお部屋は上出来でしょ。
右下の画像はホテルに着く前にコンビニで買った青島ビールです(笑。
やっとお部屋でのんびり・・・お出掛けする前に青島ビールを飲んで一休みしたyamanariでした(笑。

CIMG4105.jpg


21:23:56
やっと梅雨らしくなった大阪です。
今週はずぅっと雨らしいです。
雨はいいんだけど、このジメジメしたのはイヤだよねぇ。

CIMG4223a.jpg


地下鉄から地上に上がったボク。
そこにはいきなりよく見る風景。
そう、北京のシンボル、男のシンボルの天安門ですよ。
天安門の前には道路があるんだけど、道路向かいが巨大な天安門広場。
ホテルにチェックインする前に天安門周辺の観光をてっとり早くしました。
故宮博物院(紫禁城)については前回北京に来た時にも来てるし、一旦故宮に入ったら数時間は見学にかかるので今回の短い旅では泣く泣く思い切ってカットしました。
近いうちに「ラストエンペラー」でも見ます(^^;)
ということで、今回は天安門周辺の主な観光写真の登場です。


aa03.jpg

【左上】天安門
毛さんの写真が飾られてて、これまで建国宣言、文化大革命、二度の天安門事件といつも中国政治の舞台となる有名なところです。
【右上】天安門広場
南北800m、東西500m、総面積40万㎡。広場と名がくつものでは世界最大らしいです。ダダッ広くていきなり歩くのに疲れました。
【左下】人民英雄記念碑
表面には毛沢東の、裏面に周恩来の顕彰文が刻まれてます。革命運動や二度の天安門事件の舞台になったことにより警備兵が常に監視し近寄れなくなっています。
【右上】毛主席記念堂
毛沢東の遺体が冷凍保存され展示されてます。前回も入館してないので今回はと思いましたが、午前中しか開館してないらしく今回も断念しました。

aa04.jpg

【左上】人民大会堂
国会みたいなもの。行事がない日は見学できますが、汚れないため靴にビニールをカバーをしなければいけないらしいです。
【右上】中国革命博物館
毛沢東が共和国成立を宣言した時のマイク等が展示されてます。現在拡張工事中で来年のオープン時には世界最大の博物館になるらしいです。
【左下】中国国旗(五星紅旗)掲揚台
毎日、日の出時に掲揚され、日の入時に降ろされます。国旗掲揚台の周りには見張り台も設置されており、常に衛兵が見張っています。この衛兵たちは微動だにしません。旗はキレちゃいました。
【右下】故宮(端門)
天安門を抜けるとすぐにあるのがこの端門です。ここからさらに進むと午門があってそこが故宮の入口です。
ボクは潔く端門だけを見てUターンしてきました(^^;)

aa05.jpg

天安門周辺を観光してホテルまで歩いた道です。
風情があっていい道でしょ。
えっ?
何か違う写真が一枚混ざってるって?
これはですね、中国のパンツSHOPですよ(笑)
天安門近くにある小さな小さなお店。旅行前にネットでいろいろ調べてる時にたまたま見つけたので住所を控えておきました。
狭い店内に入るとカラフルなパンツがいっぱいありました。
台湾製の下着が約600円、オーストラリア製の下着が約2500円と店員さんが言ってたので、オーストラリア製の下着を一枚買いましたが、あとで袋から出して見ると「made in TAHILAND」と書いてました。
いやぁ、ここのパンツSHOPのお兄ちゃん、最初ボクを香港人と間違ってたみたいだけど、少し喋ってるうちにボクが日本人だとわかるとよく喋る喋る(笑
どうも日本のファンみたいです。
「ヘッドポーターのカバンが好きだ」とか、「日本の油とり紙は性能が良くて安い」とか、「日本人はオシャレでカワイイ」とかとか。
その勢いでパンツを値切りましたが、それはダメでした
あまりにもよく喋るのでパンツ一枚買っただけなのに30分以上このお店にいました。
忙しいのに
しかしいったいここのパンツSHOPはゲイ専用なのでしょうか、店員さんはゲイなのでしょうか・・・聞くの忘れました。

ということで、天安門周辺の観光予定地(パンツSHOP含む)を予定通り見たボクは街並みを楽しみながらホテルに向かってボチボチヨッコラヨッコラ歩いていきましたとさ。
次回は、ボクの泊まったホテルの紹介です。

ということで、中国パンツSHOPで買ったタイ製のパンツです・・・どうもなぁ

b9993.jpg


21:35:32
マイケルジャクソンが亡くなりました・・・
大阪の深夜番組で「ジャイケルマクソン」という番組があります。
見たことないからどんな番組か知らないけど。
てか、北京とは全然関係ないけど・・・

b3393-1a.jpg


旅日記を長々と2回も書いてるのにまだ北京に足を踏み入れてないという異常な状況の中で今日も続く3回目です。
過去2回を反省して、今日はぶっ飛ばしてダイジェストで一気に最終日まで報告します。
嘘ですけど。
ということで、機内での物々しい検温試験にパスしたボクは早速機外に出たんですが、機外でもなんか数台の赤外線カメラで撮られてるゲートを通りました。
たぶん体温によって色が変わって見える赤外線診断みたいなものをモニターで見てるんだろうなって思って、ボクはそれが見たくてゲートを通り過ぎたあとモニターをのぞき込みました。
係員にシッ!シッ!って追い払われました(^^;)
しかしアジア最大の空港である北京空港では過去経験したことのないような入国手続き。
厳しいんじゃなくて、スルースルーね。
すぐに空港外に出ちゃいましたよ。

aa01.jpg
【左】空港
【右】ターミナル間を移動するモノレール

さて、空港から街にはタクシー、エクスプレス、バスがあるんですが、ボクは当然バスです。
タクシーがいくらするのか知りませんが、エクスプレスは27元(約405円)、バスは16元(240円)です。
行き先は「西単」ってところです。
英語表記で「Xidan」って書いてました。
ボクはチケットカウンターで「シーダン!」て言ったら係員も「シーダン!」と行ってチケットをくれました。
通じたみたいです(笑
チケットも買えて、空港から出て指定された場所で待ってました。
10分ぐらい待ってたら係員が来て「あっちへ行け!」って指を指しました。
指が指されたところを見るとそこはバスが数台止まってる駐車場。
どうも中国ではバスが迎えにきてくれるんじゃなくて、ボクがバスを迎えにいかないとダメみたいです。
ボクがバスに乗って10分ぐらいで満席状態に。
乗客はボクと、西洋人夫婦1組を除いて中国人です。
いよいよバスの出発です。
「西単」駅までいくつかの場所で止まりながら約1時間のバス旅です。
久しぶりに来る北京の街並みを見ながらの1時間はあっという間でした。
「西単」で降りて、そこから地下鉄で天安門前まで移動です。
時間がまだ早いのでホテルにいく前に天安門付近だけは観光しとこうと計画してましたから。
地下鉄では必ずセキュリティチェックがあります。
空港と同じようにカバン等の持ち物をローラーに流して赤外線で中身をチェックしてます。
地下鉄代はどこまで乗っても一律2元(約30円)。
かなり安い地下鉄代です。
滞在中、地下鉄にはかなりお世話になりましたが、この安い地下鉄代が嬉しいですね。
切符を買う方法として人のいる窓口と自販機があります。
中国人のほとんどは何故か人のいる窓口で買ってます。
ボクは当然自販機です。
話さなくてもいいですから。
自販機はモニターに映った路線図から自分のいきたい駅を押すと料金が出てくるので、お金を入れると切符が出てくるというシステムです。
自販機は各駅に5台ぐらいあるんだけど何故か半分ぐらいは壊れてるんです。
壊れてるのかどうかわかんないんだけど、お金を入れてもお金がそのまま出てくるのです。
中にはほとんどの自販機が壊れてる駅もあり、もういい加減鬱陶しくなって窓口で買いました。
ボクは行き先の駅の英語表記を見て、あてずっぽうで発音してましたが、通じたのか黙って切符をくれます。
後でわかったことなんですが、一律二元なので行き先を言わなくてもお金を出すだけでよかったみたいですね(笑

aa02.jpg
【左上】バス乗り場
【右上】バスの切符
【左下】バスの中
【右下】地下鉄

ということで、ようやく次回から観光が始まります。
かなりゆっくりしたペースで進んでる北京旅紀です。


21:21:57
どうにか飛行機に間に合ったはいいけど、寝不足でおネムちゃんのボク。
飛行機ではぐっすり寝ようと思ったけど、たかが3時間の飛行時間なのにお食事が出ます。
出た食事は多少お腹がすいてなかってもいただくのがボクの主義(笑
飛行時間が短いせいか時間帯のせいかたいした料理ではなかったです。
「びーふorふぃっしゅ?」とも聞いてくれず選択の余地もありませんでした。
食事が終わってコーヒーを飲んだらもうゆっくり寝る時間もないので中途半端に寝るよりは起きておこうと思ったんだけど、やっぱ睡眠不足だったんで、頭が十分機能せず、寝てるのか起きてるのかわからない状態に。
現実か、夢か、幻か・・・・
突然機内が騒然となりました。
どうもハイジャックされたみたいです。
マスクをした犯人が通路で銃を乗客に向けながら全員席に座るよう叫んでます。
何故か数多くいる乗客の中からボクが指名され通路に引っ張り出され、いきなり「服を脱げ!」と命令されました。
服を脱がなければならない意味がわかりませんが、銃を向けられた人間はなんて無力なんでしょう。
ボクは抵抗することも反抗することも一切せず、犯人に言われた通り服を全部脱いで全裸になりました。
全裸になった時点で考えました。
ハイジャックされ命の保障もない最悪の状況の中で一人の乗客が全裸にされた時に他の乗客はそれを見てどう思うんだろうかって。
やっぱそういう状況の中でも「ちっちゃ!」とか「アイツ、なんで勃○してるんだよ!」とか思うものなんでしょうか。
ボクだったらきっと思うと思います。
こういうのって緊張と緩和というやつなんでしょうか。(←違う違う ワラ)
ま、どちらにしろどう考えても犯人に無理矢理ハダカにさせられてるのに勃○してるのってオカシイですよね。
気を付けないと・・・
と、いうようなことを夢の中で考えてたのか、起きてる状況で考えてたのかわかりませんが、とにかくそんなことを考えてたら、「当機はまもなく北京国際空港に到着します」とCAの機内放送があり、その放送にボクはハッとして現実に戻りましたが、しっかり勃○してました(笑
勃○しながら北京空港に着陸するなんて、たぶん大部分の乗客が経験したことのない快挙だと思います。
飛行機も止まり、さて機内から降りようと思ったらマスクをしたハイジャック犯が突然機内に入ってきました。
銃を乗客に向け全員座るよう叫んでます。
正夢になったんだぁ!
と思い、ボクは服を脱ぐ準備をしました。
今度こそ勃○しないようにしないと・・・
でも、ハイジャック犯ではありませんでした。
持ってるのは銃ではなく変な機械。
乗客全員のお熱を測るらしいです。
変な機械を乗客のおでこの部分に近づけるだけで一瞬で体温がわかるみたいです。
すごい体温計です。
さすが、雨が降らないようロケットを発射する国だと感心してたら、どうも乗客の一人が異常数値になったみたいで、何度も計測してます。
乗客全員がパスしないと機外には出れません。
皆、その乗客を見てました。
どうなるんだろうと思ってたら、今度は普通の体温計をもってきて脇の下に挟んで計測してます。
最先端の機械を用いながら最終的には原始的な方法でチェックするところが面白いところですね(笑
脇の下は熱がなかったみたいでこれで無事乗客全員が合格。
ようやく乗客全員が機内から出ることができるようになりました。

余計なことダラダラと書いてしまい長くなったので北京旅日記第2回はここらへんで終わらせて頂きます。
北京旅日記なのにまだ北京に上陸してません。
北京の写真もまだ一枚も出てません(^^;)





21:35:54
足が痛いです。やっぱ歩きすぎたのかも。
太股や付け根の部分が張ってて、肉離れ?こむらがえり?って感じです。
歩行困難とまではいいませんが、歩くのが困難です(^^;)
あっ、そう言えば「ヒミツの県民ショウ」でやってましたが、大阪ではこむらがえりのことをこぶらがえりって言います。
ただそれだけですが。

さて、旅日記のはじまりはじまりぃ~、ですが、まずは今回何故ボクが旅先に北京を選んだのかを。
本当は7月にどこかに出掛けようと考えてたんです。
行き先としては、今回はあまり休みが取れそうにないんで短期間(3~4日)でいける範囲で。
ということで、考えてたのがバンコクかマカオか台湾かなぁって。
バンコクは数回いってるけど市内しかいったことないんでアユタヤとかパタヤとか、マカオは世界遺産とかシルクドソレイユとか、台湾は・・・何となく(^^;)
でもいろいろネットで調べたりしてる時に、ANAがマイルキャンペーンをしてることを思い出し、確認してみると6月終わりまで。
関西空港からキャンペーンで利用できる訪問地は中国の数都市と香港とソウルのみ。
香港は数ヶ月前にいったばかりなんで却下、ソウルは・・・とりま却下、残るは中国なんだけど、利用できるのは北京、上海、青島、抗州、厦門。
で、北京になったんです(笑
何故北京かというと、学生時代に1ケ月ぐらい中国にいって北京には1週間ぐらいいたんだけど、万里の長城にはいってなかったからなんです。
2月の真冬の一番寒い時にいって、北京では気温が確かマイナス10℃ぐらいだったんですよね。
で、万里の長城には当然いく予定で、いく予定の前日に現地旅行社に申し込んだんだけど、当日道路が凍結でバス運行ができなくて中止。
そんなことが2回か3回ぐらいあっていけなかったんです。
だから、今回改めて北京を訪問し万里の長城にいこう!マイルキャンペーンを利用して6月にいこう!って急遽決めた次第なんです。
必要マイルは通常20000マイルなんだけど、キャンペーン中は14000マイル。
6月なんでまだ燃油サーチャージがいくらか必要で、その他にも関西空港使用料や北京空港使用料とかで5000円ぐらい払ったけど。
ということで、北京旅日記です。

当日、朝7時25分の電車でいこうと思い、6時30分に目覚ましをセットしました。
前日は遅くまで仕事があり、帰ってからも旅の準備があったり、なかなか寝付けなかったりして寝たのが3時頃。
でも睡眠時間が短いのに目覚ましが鳴る前に目が覚めました。
時計を見ると6時25分。
こういうのってなんなんでしょうね。
寝ながらももうすぐ時計が鳴るぞぉ~って予感するんでしょうか、不思議。
と、思いながらも目覚ましが鳴るまでお布団のなかでグズグズ。
5分早くてもサッと起きればいいのにってお思いでしょうが、ボクはなかなか起きないんですよねぇ(^^;)
でもなかなか目覚ましが鳴らないのでおかしいなぁって思って、もう一度目覚まし時計を確認したら・・・7時35分でした(^^;)
知らない間に目覚ましを止め、二度寝したようです(笑
あわてて準備をして予定より約30分遅れで家を出発。
余裕をもって空港に到着するよう予定してたので、飛行機にはもちろん間に合いました。
二度寝のおかげで空港で長く待つ必要もなくラッキーでした。
今回の乗った飛行機はNHのB737-700。
小型飛行機です。
待合室で待ってたオッチャンが「あんな小さい飛行機でいくのぉ!?」って驚いてました。
なんか飛行機が小さいとボクも不安なんだけど、実際は大きい飛行機と小さい飛行機とではどちらが安全なんでしょうね。
落ちたら一緒と思うかもわかんないけど、もしかして小さい飛行機だと機体が軽いので上手く不時着できるかも・・・いや、海に不時着したら小さい飛行機だとその衝撃で大破するかも・・・と、バカなことを言いながらも結構長くなったので北京旅日記の第1回をここらへんで終わらせて頂きます。
北京旅日記なのにまだ北京に着いてません(笑





22:03:26
無事帰ってきました。
ただいまぁ~(^^)
しばらく留守にして更新できず、ボクのブログを毎日楽しみにしていただいてる数少ない世界中の皆さん、申し訳ございませんでしたぁ。
ようやく復活です!

いやぁ、疲れましたぁ。
北京は天気が良すぎぃ。
歩き疲れってのもあるんだろうけど、暑さにやられたって感じです。
ボクのよくいく海外はバリ島やバンコクなんで暑さには多少慣れてると思ってましたが・・・。
考えたらバリ島やバンコクにいっても何時間も暑いお外にいるってことないですから結局は暑さには慣れてなかったんですね(笑
日本はどうでしたかぁ?
まだ帰ってきて新聞も読んでないんで、日本でどんな大事件があったのかとか何も知らないです。
とりあえずアソースソーはまだスソーみたいですね(^^;)

ということで次回からはまた旅日記が始まります。
「旅日記~マニラ~」を先月書いたばかりなのにまた旅日記・・・申し訳けないですねぇ(^^;)
出来るだけ早く日記をアップするようガンバリたいと思いますが、さっき後輩からメールがあって明日は何か急遽ボクの部署の大切な会議があるみたいです。
もぉ、まだ一週間ぐらいは旅気分に浸ろうと思ってたのにぃ~って感じですが、そうも言っておれない現実!
明日から又現実に戻っちゃいますが、ブログの中だけは旅日記を書きながら旅気分にしばらく浸ろうと思ってますんでよろしくお願いします。






2009/06/19
22:37:59
今日6月19日は太宰治が生まれた日でもあり亡くなった日でもあるそうです。
亡くなって丁度今年が100年ということで、映画が製作されたりいろいろイベントがあるみたいです。
松本清張も今年が生誕100年。
文学青年としては太宰について一言書こうかなって思ったりしたんですけど・・・もう長いこと太宰治は読んでないことに気が付きました。
大人になってから読んでないかも(^^;)
反省!

いやぁ、たまに衝動的に何かしてしまうってことあるんですよねぇ。
ないですかぁ?
ボクはしちゃいました。
ちょっとだけ・・・仕事休めそうだったんで。
ほんのちょっとだけなんだけど。
明日土曜日は仕事。
でも明後日の日曜日は休み。
続けて月曜日、火曜日と休むと三連休になる。
うん、何となくムリすれば休めそう。
三日間休みがあれば・・・・と、ムリしちゃいました。
飛行機を予約しました・・・今週月曜日に。
ホテル予約しました・・・今週水曜日(一昨日)に。
ガイドブックを購入しました・・・今週木曜日(昨日)に・・・まだ全く見てませんが。
もういきあたりばったりで(笑
学生時代以来2度目の訪問です。
帰ってくるのは火曜日の夜ですので申し訳ないですがそれまで更新できません。
ヨロシコです☆

あっ、そうだ。
よくメールフォームからメールいただきますが全部読ませていただいています。
ありがとうございます。
出来るだけ返事を出すようにしてますが、本日メールしていただいた方でアドレスが間違ってるのか返信できない方がいます。
よかったらアドレスを確認して又メール下さいね。

では、再見!





2009/06/18
23:04:37
今朝の通勤電車のことです。
珍しくイケメンが近くにいたんです。
てか、イケメンがいたので近寄っていったんですが。
電車はいつものようにかなりの満員電車。
駅に止まり扉が開く度に人が入ってきてそのおかげ押されてイケメンとかなり密着。
ボクのカバンを持った手の甲がもう少しでイケメンの・・・と、その時、運転手が急ブレーキを。
ブレーキのおかげでたってる位置とか体勢が大きく変わってしまってイケメンもいずこに・・・
せっかく「たなからぼた餅」「鴨が葱をしょって来る」「瓢箪から駒」だったのに・・・あと少しだったのに・・・
あまりにもド下手な運転手のブレーキにショックが大きく今日は日記を書く気分ではないのでお休みさせていただこうかなって思ったぐらいです。
運転手さんはもっと運転のテクを向上してほしいものです。

マッサージ好き、タイ好きなのにタイマッサージを先日初めて経験しました。
女性の人がボクの手を持って伸ばしたり、女性の足の上で腰を曲げたり。
そんなことしてるうちにボクの手が女性の胸に当たったりするんだけど、この女性は一向に気にしてません。
職業意識ってやつでしょうか。
今日は会社の帰りに指圧中心のマッサージにいってきました。
してくれたのは茶髪のイケメン風のお兄ちゃん。
イケメン風ですが決してイケメンではありません。
でもマッサージはチョー気持ち良かったです。
マッサージにいくと必ず「背中かなりはってますねぇ」って言われます。
肩こりもひどいです。
最近全くしてなかったストレッチをしなくては。






22:19:07
しかし相変わらず日本のサッカー選手はパスが好きだねぇ。
ゴール前ではシュートをしろよ!っていつも思います。
今のままではw杯ではベスト4どころか予選突破も難しいんじゃないかなぁ。
何か奇策を出さないとね。
【ということでボクが考えた奇策】
選手11人を超イケメンばかり揃える。
相手選手がドキドキして実力を出せない。

ちなみにボクは、
内田(サッカー)>入江(水泳)>内田(体操)
です。

さて、前回のセクフレ誕生!の続きです。
セクフレ候補から厳正なる抽選で1名を選び、彼のお家の最寄り駅で待ち合わせしたところまで話しましたね。
駅でご挨拶後、早速彼のお家にイクって思ってたけど、彼はボクを駅近くのオシャレなカフェに連れていってくれました。
家にいってHするんじゃないのかよっ!って思いつつもカフェでまったりコーヒーを。
1時間ぐらいまったりとコーヒーを飲みながらいろいろおしゃぶり・・・じゃなくておしゃべりしました。
よく喋る彼です(^^;)
1時間ぐらい彼がほとんど一方的に喋った後、ようやく喋り疲れたのか、彼は「時間あるなら今からボクんちに来る?」って。
当たりまえだろっ!そのためにわざわざ来たんだよっ!って心の中では思いながらも、ボクは可愛く「うん」って答えました。
彼のお家はオシャレなワンルームマンション。
あっ、ワンルームじゃなくて1Kですね。
なかなかオシャレでいいお部屋です。
家賃も少し高いと言ってました。
でも部屋が狭いんです。
部屋にベッドやテレビ、冷蔵庫、本棚等を置くともう空きスペースがほとんどありません。
もちろんソファとかもなく、ベッドがソファ替わりです。
彼にベッドに座るように言われ座ると彼が隣に座ってきました。
ここで飲み物でも出してくれると思いきや何も出てこないし、テレビをつけるわけでもなく、たぶん・・・きっと・・・彼はすぐにコトを運ぼうと思ってるんだろうなぁって・・・ボクは予想しました。
ベッドでぴったりくっついて隣同士で座ってるのでいつ押し倒されれてもおかしくない・・・ドキドキ・・・してたんですけど・・・ハイ、そのまま彼は再びほとんど一方的におしゃぶり・・・じゃなくておしゃべりしてました。
ホントによく喋る彼です。
1時間ぐらい黙って聞いてましたがさすがにボクも限界でしたので「もう帰る」と言って帰ってきました。
彼と別れてからすぐに彼からメールが来ました。
「今日は楽しかったよ。今度カフェ巡りでもしませんか?」って・・・・・・・・・・。

『SEX AND THE CITY』でも言ってます。
「車は買う前に必ず試乗せよ」と・・・。

その後、彼からは何度かカフェ巡りをいつするかのメールが来ましたが、のらりくらり返事したり返事しなかったりしてたら、とうとう彼からもメールが来なくなりましたとさ。

ということで、セクフレを見つけるのも彼を見つけるのと同じぐらい難しいですね。
セクフレを掲示板で見つけるのはもうあきらめました。
このブログで募集したいと思います。
たいした条件はないけど、一にイケメン、二にイケメン、三四がイケメンで、五に床上手。
応募していただける方は、履歴書に写真(顔&全身ヌード)を貼って、年収証明書を一緒にお送り下さい。
よろしくです!





23:50:54
最近は毎日のように会社から帰宅して寝るまでにアイスキャンデーを2つか3つ食べてるもうすっかり夏気分のyamanariです。

ということで、今回のお題は「セクフレ」です。
知ってますよねぇ?
セクシーなフレンド!
そう、いつもセクシーな格好をしてセクシーダンスを踊ってる友達です・・・って何でやねぇ~ん!
そうじゃなくってぇ、
セクレタリーフレンド!
そう、秘書のように動いてくれる便利な友達で、たまにちょっとエロい社長と秘書ごっこをします・・・って何でやねぇ~ん!
そうじゃなくってぇ、
セックスフレンドですよね。
ボクも彼氏という存在がいなくなって早8ケ月。
正直、三代目彼氏が早く欲しい・・・・って気持ちは全くないです。
もちろんいないよりいたほうがいいこともあるんだろうけど、こればかりは縁ですから。
だから適齢期に遅れた女性のようには全然焦ってなんかないです。
でもね、カラダがうずいて・・・って何でやねぇ~ん!
でもね、一人で寝るより隣でダレかが寝てるほうが好きなyamanariです(笑

ということで、何を思ったか某掲示板で募集したんです。
「セクフレ」を!(爆
いやぁ、我ながら思い切ったことするなぁって感心します。
今までボクには彼という立場の人がいたことはあるけどセクフレといった存在がいたことないんで、セクフレってのが本当に出来て付き合うことになるとどんな感じになるんだろう・・・と考える間もなく、ボクの募集に対して意外にも多くの返信がありました(^^;)
どう考えてメールをくれてるのか知りませんが、とにかくセクフレを求めてる人が結構いるってことなんでしょう(笑
で、そんなにたくさんのセクフレを作ってもカラダが大変なんで(笑、多くの応募から厳正に抽選させていただいた結果(抽選かよっ!)、一人の方に会うことになりました。
何度かメールしてお互いの画像ももちろん交換して、ある日彼の家(マンションに一人住まい←これが重要)の最寄り駅で待ち合わせ。
電車に乗ってその駅にいくと写真と同じ顔が改札のところで待っていてくれました。

というところで長くなりましたので続きは次回。





00:07:11
昨日、車でFMラジオを聞いてて久しぶりに映画「タイタニック」の主題歌を聞きました。
そうです、あのいかにも「私は歌姫よ!」って感じでセリーヌ・ディオンが熱唱してる曲です。
久しぶりに音楽を聞いて映画を見たくなりました。
以前も言ったかもだけど、あの映画、ボクは好きな映画なんだけど、結構不評ですよね(^^;)
ボクの周りでも酷評する人が結構います。
なんでだろう・・・。
ボクは公開中に2回見に行った数少ない映画ですよ。
ボクはあの映画、これまで見た映画のベスト50・・・・にはムリかもだけど、ベスト100には・・・かもしれない映画ですよ。
あっ、ベスト100ってのは外国映画だけでね。
日本映画も入れたらさすがに入らないと思うけど(^^;)
何と言っても最後のシーンが忘れられないんですよ。
ディカプリオが一人で海底に沈んでいくの・・・
あの女だけが板かなんかの上で助かるの・・・
あの女・・・恋人が沈んでいくの助けようともしないの・・・
きっと板の上に二人はムリって頭の中で計算してたんだと思うんだよね(笑


ということでいつものように暇でのんびりした休日・・・・二本の映画をDVDで見ました。
『セルロイド・クローゼット』(1995年)と『ハーヴェイ・ミルク』(1984年)です。
二本ともゲイがテーマのドキュメンタリーです。
『セルロイド・クローゼット』は、これまでのハリウッド映画の中に隠された同性愛を100本以上の作品と、映画関係者のインタビューから紹介する作品です。
インタビューにはトム・ハンクスや、スーザン・サンランド、ウーピー・ゴールドバーグ、シャーリー・マクレーンらが出てきます。
まだ同性愛を表現することも難しかった時代に、映画製作者たちがいかにわからないように表現してきたかが紹介されてて面白かったです。
『ハーヴェイ・ミルク』は・・・『ミルク』でご存じですよね。
『ミルク』は劇映画だけど、『ハーヴェイ・ミルク』は実際のフィルムを流したドキュメント。
ゲイ活動家のハーヴェイ・ミルクについては『ミルク』を見た時にも書いたから書かないけど、ミルクと市長の二人を殺した人がダン・ホワイトって人なんだけど、裁判で死刑か無期懲役って予想されてたのに結局5年ぐらいの軽い刑だったのね。
もし殺されたのが市長一人だけだったら・・・もしホワイトが白人の中産階級じゃなくてマイノリティーだったら・・・一生刑務所で暮らすことになってだろうって・・・
マイノリティーとして生きていくことを考えさせられる映画でした。





2009/06/14
00:51:42
あるゲイの友人に言われました。
「yamanari君って女にはモテるかもわかんないけど、ゲイにはモテないでしょう」って。
ボクは言い返してあげました。
「まぁ~ったくモテないよ」って(^^;)
どうもこっち受けしないタイプらしいです。
まぁ、そんなことわかってましたからズバリ言われてもショックでもなんでもないんだけど・・・。
どうしたらモテるようになれるか聞いたら、まずは髪を短髪にせよとのことでした(^^;)
それからもっと太れとのことでした。
どうしてこっちの人は短髪&ガチが好きなんでしょうか。
まったくボクと正反対・・・。

でもその友人曰く、今はそんなボクみたいなタイプがブームらしいです。
つまり草食系男子ってやつです。
確かにボクはあまり肉は食べないけど・・・
草食系男子ってよく聞くけど、いったいどういうタイプが草食系男子って言われるのか知らないのでWikipediaで調べました。
Wikipediaに書いてた草食系男子の特徴は、

1 恋愛やセックスに縁がないわけではないのに積極的でない
2 女性を単なる異性対象ではなく、ひとりの人間として平等に尊重する傾向が強い
3 恋愛至上主義的な風潮に踊らされずに、家族や仲間と過ごすのを大切にする
4 傷つけられたり、他人を傷つけることを嫌い繊細である
5 恋愛に使わないエネルギーは趣味や仕事、ファンションに向かう
6 女性に誘われれば旅行やショッピングに同行するが、恋愛に発展しないことが多い
7 いい人止まりになりがち
8 女性を一晩過ごしても何もせずに普通に寝る
9 外出より部屋にいる方が好き
10甘いものや料理が好き

ボクにあてはまってるか・・・

1 △ 積極的かどうかじゃなくて縁がない
2 ○ もちろん男も女もオカマも皆平等
3 △ 踊らされてはないが縁がない
4 ○ 傷つくのはイヤ(繊細であるワラ)
5 △ 恋愛に使いたくても縁がない
6 △ ゲイだからこっちとしては当たり前
7 ○ そうかもしれない
8 ○ 一緒にベッドに寝ても大丈夫
9 ○ 基本家にいてるのが好き
10○ 甘いもの大好きだし料理も好き

う・・・ん、やっぱ草食系なのかなぁ・・・






2009/06/13
00:21:40
今晩(もう昨日だけど)のNHKの番組「世界街歩き」の中国・黄山宏村。
いやぁ素晴らしい風景・街ですねぇ。
まだまだ知らない素晴らしい街ってたくさんあるんでしょうね。
ということでまた旅に出掛けたくなりました。

一週間ほど前までのあのブームはいずこへ・・・
パンデミックが宣言されたみたいだけど・・・
もう大阪でもマスクをしてる人はほとんどいなくなりました。
通勤電車でも10人に一人もしてません。
ボクもそろそろやめて、次のブームに備えて備蓄していこうかなと思います。

先日《ゲキ×シネ》見てきたんですよ。
ゲキ(劇=舞台)のシネマ(映画)版ね。
つまり舞台を映画として撮ったのを映画館で見るってこと。
見たのは劇団新感線の『五右衛門ロック』っていう映画(舞台?)。
出演は、古田新太、江口洋介、松雪泰子、森山未来、北大路欣也、川平慈英、濱田マリ、橋本じゅん、高田聖子 他
普通の映画と違うのは、舞台ということで上映時間が長い。
たぶん正味3時間30分ぐらいあったんじゃないかなぁ。
舞台と同じように第一部と第二部に分かれてて、その間に15分間位の休憩がありました。
それに入場料金が普通の映画より少し高くて2500円。
まぁ、でもこの舞台は12500円だったらしいから、それを映画版とはいえ2500円で見れたのは安いと思うべきか・・・よくわからないです。
で、見た感想はと言うと・・・とにかく舞台は良かった。
かなり上出来の舞台だと思います。
でも、良かった舞台だけにやっぱ生の舞台で見たかったと思っちゃいますね。
きっとそういう気分になるだろうと思って、舞台の映画版は今まで見てこなかったんだけど、何故このゲキシネを見に行ったかというと、去年ぐらいから古田新太が好きなんだよねぇ。
テレビにもたまに出てるけど、やっぱ舞台の古田新太がいい。
なのに、この去年のこの舞台見逃してたんですよねぇ。
あっ、森山未来もテレビの森山未来より舞台のほうが数百倍いいと思います。

あっ、森山未来で思い出したけど、決してイケメンとかじゃなくてどちらかと言えばブスなんだけどなんか気になる人っていますよねぇ(笑






2009/06/12
01:59:27
最近ちょっと驚く事件があってその新聞記事から

先日、出会い系サイトの会社が登録した人からのお金をチョロまかしてるって事件が報道されてましたよねぇ。
あまり興味ないしシステムがよくわからないので詳しくは読んでないんだけど・・・。
ボクがびっくりしたのは被害額。
うん、被害額というか顧客が払ったお金。
一ヶ月に500万円使った人や、一日に数万円も使った人がいるみたい。
そんな大金を使うなんて、すごぉ~~~~~い出会いが欲しいんでしょうね(^^;)
そんな大金使って結果はどうなんでしょう。
出会えたんでしょうか。
なんか新聞記事読んだ時は、こいつらバカだなぁって思ったけど、もし山ピーみたいなイケメンと確実に出会えるなら・・・ボクも大金出すだろなぁww

2~3日前の新聞に載ってたけど、自分の娘のわいせつ画像を撮って、それを売った母親が逮捕されるって事件が報道されてましたよねぇ。
ボクがびっくりしたのは娘の年齢。
2歳だって(^^;)
2歳の女の子のわいせつ画像って・・・
いやぁ、娘のわいせつ画像を売る母親もアレだけど、2歳の女の子のわいせつ画像?を買う人もアレだよねぇ。
まぁ、ダレでも他人には言えない変態趣味が一つや二つあるとは思うけど(^^;)・・・2歳の子のわいせつ画像・・・ボクには理解できないなぁ。






2009/06/10
00:37:53
一日目 成田空港からバンコクに (バンコク泊)
二日目 バンコクから陸路でシェムリアップに(シェムリアップ泊)
三日目 アンコールワット等観光(シェムリアップ泊)
四日目 シェムリアップから陸路でバンコクに(バンコク泊)
五日目 バンコクから成田空港に

飛行機代(成田-バンコク)17000円
シェムリアップ観光(移動費&観光&宿泊代)15000円
バンコク宿泊代(2泊)3000円
合計35000円
いろいろ含めても5万円。
5日間のうち、4日が移動日・・・
このプラン無謀かなぁ(^^;)

あっ、ボク旅ノートってのを書いてるんです。
いってきた旅の日記とかじゃなくて、これからどういう旅をしよぉ~かなぁ~を書いてるノートです。
例えばアンコールワットにいかに安くいくかを調べたり・・・(笑
飛行機の時間や料金を調べたり、現地バスの時間や料金を調べたり、現地旅行社のガイドツアーを調べたり、ホテルを調べたり、観光地を調べたり・・・あと、マイルを調べたり。
旅ノートの中でボクはいろんなところにいってます。
旅ノート・・・ボクの夢いっぱいのノートです。

あっ、あるマイラーの人の日記に書いてたけど、客室乗務員ってやっぱお金を払って乗った客とタダ(特典航空券)で乗った客をあらかじめ知ってて、差別するんだってね。
まぁ、差別と言うほどのことじゃないんだけど、明らかに区別はしてるみたい。
そう言えば昨年12月香港に特典航空券を使ってCクラスでいった時、食事に牛フィレ肉をリクエストしたのに、品切れになったみたいで、一番最初にボクのところにメニューの変更を聞いてきたもんねぇ。
やっぱ差別だ・・・いや区別してるんだ(^^;)






2009/06/07
22:13:25


ようやく『木更津キャッツアイ』を最後まで見ました。
塚本高史がチョット気になり出しました(ワラ

ということで温泉シリーズ最終回です。
お風呂からお部屋に戻ってきて昼食をいただきました。

aCIMG3972.jpg


思ってたより立派なお弁当でびっくりしました。
食事を食べた後は・・・

お昼寝したり・・・

aCIMG3979.jpg

何故か調子の悪いテレビを修理してみたり・・・

aCIMG3976.jpg

外のお庭を見たり・・・

aCIMG3907.jpg

そんなこんなで時間も来たのでお帰りの準備

aPicnik コラージュ


ゆっくりお風呂に入って、美味しい昼食をいただいて、個室が利用できて、いっぱい撮影も出来て、心が癒されて・・・これで約5000円って安いお買い物ですよねぇ

ということでyamanariの温泉物語でした。

aCIMG3952-2.jpg


2009/06/05
22:15:42
aCIMG3959.jpg


浴衣に着替えてお風呂に。
もしかして撮影できるかもとカメラ持参でいったんだけど数人のオジサンがいたので撮影できず。
やっぱ撮影はムリだなぁって思ってもう出ようとしてたらオジサンが全員帰ったので一人きりに。
ゆっくり撮影できました(笑
お風呂は大浴場の横に露天風呂があって、露天風呂からは山の風景が、そしてその間の眼下には川が流れていて・・・とても雰囲気があっていい風景でした。
撮影もしたからだけど、あまりにもお昼の明るい時間に入る風呂が気持ちよくて結構長い時間入ってました。
これだけでも温泉にきて良かったなって思いました。

aaPicnik abc02


お風呂から出てカラダを拭いて体重計に。

aCIMG3970.jpg


47.7・・・・・・・・ま、お風呂から出たところだから仕方ないかぁ(^^;)
てか、すっかり自分がTATOO入れてたの忘れてました(笑
次回は温泉紀行最終回・・・お部屋で編です(笑


2009/06/04
22:53:55
ちょっと考えたりしてみた・・・
今映画の宣伝のため毎日のようにテレビに出てるROOKIESメンバー・・・
マイベスト3
①小出恵介
②五十嵐隼士
③佐藤健
どうでしょうか(笑


aCIMG3915.jpg

ということで温泉にいってきました。
jyunshiさんの日記を見てたらボクも温泉にいきたくなったんで(笑
と言ってもお泊まりしたわけじゃなくて、お風呂に入って昼食をいただいてきただけなんですけどね。


aPicnik 0nsen01

旅館っていいですよねぇ。
浴衣に着替えてお風呂に入って美味しい料理を食べて・・・
てか、チェックインの時に言われたんですけどぉ・・・
「お一人ですか?」って(^^;)
一人じゃ悪いかよっ!って思いながら「珍しいですかぁ?」って聞いたら、
「女性の一人客は結構いるけど、男性は少ないですねぇ」って・・・
ま、そんな会話をしながらお部屋に案内して頂きました。
部屋に入ってから早速浴衣にお着替えしお風呂に・・・・イク前に写真撮影会(笑
やっぱせっかくの旅館、浴衣姿なんでとりま撮影はしとかないとねぇ~ってガンバッテ何枚か撮影してきました(笑



次回はお風呂編です(笑


2009/06/03
23:19:42
最近 You Tube のおかげで寝不足です。
ドランクドラゴンとアンタッチャブルを見て深夜一人で笑いこけてます。

ちなみにイチゴには練乳をかけない派です。
スイカには塩をかけない派です。
果物の生の味が好きなんで。

台北3日間 9800円
ホーチミン4日間 18800円
バンコク4日間 19800円
香港4日間 14800円
これ、飛行機代にホテル代が含まれた金額です。
安すぎます。
今の時期(夏休みまで)は旅行の格安シーズンですね。

ということで温泉にいってきました。





2009/06/01
22:28:19
しかしこれぞアメリカンドリームだね。
いやアメリカじゃなくてイギリスなんだけどさぁ。
イギリスのオーディション番組「ブリテンズ・ゴッド・タレント(Britains Got talent)」。
以前ポール・ポッツ(Paul Potts)の時にも話題になったけど、今回のスーザン・ボイル(Susan Boyle)にもびっくり。
最初は別人が舞台裏から歌ってるんじゃないかぁって思ったよ(^^;)
人は見かけに寄らないってことだね。
まだ見てない人はぜひYOUTUBEで見てください。
感動しますよ。

感動と言えば・・・
もうGW明けの話しになるんだけど、久しぶりに舞台を見に行ってきたんだよね。
『ムサシ』
作 井上ひさし 演出 蜷川幸雄
藤原竜也、小栗旬、鈴木杏、辻萬長、吉田鋼太郎、白石加代子他
いやぁ、このチケットは人気が出て取るの難しいだろうなぁって予想してたんですよ。
で、会員先行で申し込んだのに予想通り外れちゃったんですよ。
でもどうしても見に行きたかったんで・・・
あまり他人の力を使いたくはなかったんだけど、関係者を知ってる人にお願いしたんです。
そしたらなんと・・・センターの最前列だったんです(笑
やっぱ、裏の力というかコネの力というかなんかわからないけどすごいねぇ。
でも、その力のおかげで今回藤原竜也も小栗旬も至近距離で見ることができました。
藤原竜也はこれまでも蜷川さんの舞台でよく見てるけど、小栗旬は『お気に召すまま』の時も最前列だったんで、2回目の至近距離。
やっぱカッコいいね。
前回は何か距離が近すぎて恥ずかしくて直視できなかったけど、今回は小栗旬が恥ずかしくなるぐらい直視しましたよ(笑
何回か目が合ったような・・・・気がします(^^;)
えっ、何に感動したのかって?
もちろん舞台に感動し、小栗旬に感動し、最前列に感動し、そしてコネの力に感動したんです(笑






動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード