FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2009/03«│ 2009/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2009/05
22:51:55
今日いつものように通勤電車の中で音楽を聴いてたのね。
最近までiPhoneを胸のポケットに入れてたんだけど、あまりにも紐(コード)が余っちゃって邪魔だから、数日前からズボンのポケットに入れるようにしたんだよね。
調子よく聴いてたんだけど曲が一通り終わっちゃったのか、音楽が聞こえてこなくなったんで、仕方なくiPhoneをポケットから出そうと思ったら・・・ボクの手が当たっちゃいました・・・女の人のお尻に(笑
でも女の人は無反応だったんで、気が付かなかったのかなぁと思ってそのままiPhoneの曲を替えて、もう一度ズボンのポケットに直そうとした時・・・また当たっちゃいました(笑
でも女の人はやっぱり無反応でした。(←きっと不感症)
最近日記で冤罪について書いたばかりなんでちょっとドキッとしました。

で、それで又音楽を聴いてたんだけど、なんか気になってたんだよね。
つり革を持ってる女の人が(さっきの人とは違う人)。
満員電車なのにさぁ、真っ直ぐ立たないでつり革にもたれるように、つまり酔っぱらった人みたいに、つまり前かがみになるように、つまりお尻をぷくっと突き出すように。(←わかったぁ?)
最初は若い女の人(20~25歳?)なのにだらしない立ち方だなぁって思ったりしてたんだけどさ、そのぷくっと突き出たお尻がちょうどボクの・・・つまりアレにまともに当たってるんだよね(笑
ま、そういう場合、当然ボクは腰をひいて当たらないようにするんだけど、今日の通勤電車はいつも以上に超満員で身動きが出来ないというかさぁ、腰をひくなんて出来ない状態だったんですよ。
で、変にモゾモゾするのもおかしいかなってじっとしてたんだけど、電車だから揺れるわけですよ。
つまりつり革を持った女の人のお尻も微妙にあっちに揺れたりこっちに揺れたりするわけですよ。
つまりボクの・・・アレは女の人のお尻によって愛撫されてるみたいなもんですよ(笑
朝って反応しやすいよねぇ?
まぁ、何というか、普段でも反応しやすい体質のボクにとって朝は特に・・・アレなわけで、その朝からそんなことされてしまったら当然・・・アレなわけで・・・(^^;)
ハーフポッキーぐらいの状態になったかな(笑
まぁ、サイズ的にはボクの場合ハーフポッキーしても気が付かれないかもしれないけど、やっぱ固さが・・・ねぇ(^^;)
でもどうすることもできないからそのままの状態で十分ぐらい愛撫されてました(笑
満員電車でつり革持って立ってる人は真っ直ぐ立ちましょうね。
そうじゃないとこっちが真っ直ぐ立っちゃいます???(笑

つまり今日の日記で何が言いたいのかと言うとさ、わざとじゃなくても手が当たる場合があるってことなんだよ(笑。
昔、FカップだったかGカップだったかの女子と付き合ってたことがあったんだけど、通学の電車でよく痴漢に遭って胸を触られるって言ってたのさ。
でも触られると言ってもがばぁっーと触られるんじゃなくて、それは巧妙に手の甲とか腕の一部を押し付けてくるって言ってたんだよね。
そん時は腕の一部を押し付けて何がいいんだろねぇ、とか言ってたけど・・・ボクはわかったんです、大きな胸は当たりやすいってことが。
FカップとかGカップの大きさになるとわざとじゃなくてもすぐ腕とか当たっちゃいますよ。
だから胸の大きな人が近くにいると気を付けないと、冤罪になる場合がありますよぉ!って、ことが言いたかったのさぁ(笑

あっ、今、思ったんだけどさ、女の人って大切なところの大きさがわかるブラジャーを買う時って恥ずかしくないのかなぁ?
普段は服とかで隠してるからいいけどさ、ブラジャーを買う時って店員さんに自分のサイズを自主申告してるんだもんねぇ。
そういうのって男にはよくわからないなぁ。
もし男の人にも自分のサイズを自主申告しないと買えない下着とかがあったら恥ずかしいもんねぇ。
ホントは「13のAカップ」なのにちょっと見栄はって「17のDカップ下さい」て言っちゃったりして(^^;)

すいません、今日の日記も長くなりました。
ちょっと書いてたら気分が乗ってきたんで(笑





動画サイト
メンズキャンプ バディ ExGays Boys Star Movie
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード