FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2008/09«│ 2008/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/11
23:02:55
秋と言えば・・・読書の秋。
ボクは本を読むことが好きで(秋にかかわらずだけどww)、そんなに読むのも早くないし読む時間も限られてるんですが、一年に数十冊もしかして百冊ぐらいは読んでると思います。
そのほとんどが小説なんですが、その小説の内、約半数が歴史小説です(今も山岡荘八の『新太平記』を読んでます)。
中学生の頃から小説が好きで暇さえあればよく本を読んでました。

これに対して実は漫画ってのがかなり苦手でした。
テレビではいくつかの漫画(アニメ?)を見てたことはありますが、いわゆる週刊誌や月刊誌などの漫画を読むことができませんでした。
周りの友人たちを見てるとホントに皆よく漫画雑誌を買って読んでるので、ボクも少しあせってきて大学時代に一番売れてる週間少年ジャンプってのを買ってみました。
結果は・・・全くダメでした。いろんな漫画がありましたが最後まで読める漫画は一つもありませんでした。
それだけ漫画が苦手だったんです。
でも今はかなり改善されました。
いくつかの漫画は読めるようになって、特に吉田秋生さんの『BANANA FISH』や『YASHAー夜叉ー』は大好きで他の吉田秋生作品とともにコミック本も所有しています。

今回初めてBL(ボーイズラブ)コミックってのを読みました。
羅川真里茂さんの『ニューヨーク・ニューヨーク』という作品です。
この漫画はゲイをテーマにしててたまたまネットで大絶賛されていてのを知って一度読んでみようと思って買ったのです。

081003_214303.jpg


内容は・・・・(ウィキペディアより転載)
ゲイの男性を主人公にしているものの世間一般に流通しているようなボーイズラブ的な内容ではなく、ゲイである事を隠して生活をする難しさやそれに伴うジレンマ、ゲイへの偏見や弾圧、肉親への罪悪感、エイズ (HIV)、更にはゲイのカップルが養子を取る事で発生する問題まで、現実に生活しているゲイの人々が直面しているあるいはするであろう極めて深刻なテーマを多岐に渡って扱い、少女漫画誌に連載されていた作品でありながら男性を含む幅広い層からの支持を獲得した作品として知られている。 2000年にドラマCDが発売された。

「花とゆめ」という少女漫画雑誌に1995年から1998年まで連載されてたということですからもう10年も前の作品です。
ボクは一気に全部読みましたが、ゲイとして生きていくための様々な問題が描かれていていろいろと考えさせられるとともに、少し感動して涙がチョチョギレました
コミック本で全4巻、文庫本で全2巻なので興味ある方はぜひ読んで下さい。
買って損はない漫画だと思います。
AMAZONの中古で買うと安いし(笑


9907-blog.jpg


動画サイト
DUGA
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード