FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2007/10«│ 2007/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2007/12
23:06:33
ボクが初めてチュウした相手は・・・・男の子でした。
小学6年生の頃、野球をしてて合宿にいった時。
二段ベッドがいくつもあるような部屋だったと記憶してるんだけど、皆が寝静まってもボクはある男の子と一つのベッドでずっとおしゃべりしてたんだよね。
でも、その男の子もとうとうちょっとウトウトしはじめた。
で、ボクは何故かその男の子にチュウ
ほっぺとかおでこ、そして唇に。
何回もチュウするもんだから、その男の子が起きてしまって一言。
「口にはするなよ」・・・・って
ここでボクはポジティブに考えて、口にはするなってことは口以外だったらいいんだぁ~って解釈して、またまた口以外のところにチュッチュチュッチュ
でも口以外と言ってもその時にお顔以外のところ(あそことか・・あそことか・・)にチュウなんて考えられなかったから、出来るところといったらほっぺとかおでこぐらいしかないんだよねぇ。
だから、すぐに飽きてしまって(?)、またまた唇にチュッチュチュッチュ(^^;)
その子は寝てしまったのか、呆れてしまったのかナニも言いませんでした。
そしてボクも眠たくなったのか、飽きてしまったのかウトウト。

次の日から思いっきりその彼のことを意識しだしました(爆
チュウも初めてなら、男の子を意識したのも初めて。
ボクにとって記念すべき相手だったのに・・・・もう名前も思い出せません

1210az-blog.jpg

2007/11/27
23:20:51
クリスマスにはまだ早いけど
ディズニーだって
USJだって
もうクリスマスバージョン
ボクのBLOGだって
今日からクリスマスバージョン

今年のクリスマスも一人きり・・・決定かな

216h-blog_20081018004937.jpg

2007/11/25
15:03:41
ボクはどっちかというとお調子モノだと自分で思ってます。
調子に乗ったら結構まわりの人が呆れるほどノリにノリまくりし、
調子に乗らなかったらまわりの人が心配してくれるほど静かです。

だからこのBlogだけでなく、いろんな人に誘われて(おだてられて?)、いろんなことに挑戦するわけなんですが、反応がなかったりするともうイヤになって飽きちゃう
SNSなんかもいくつ登録してそのまま放置していることか・・・

とまぁ、まわりくどいことを言ってますが、ナニが言いたいのかというと今回の画像
前回の画像がOKだったので引き続きノーカットバージョン載せてみました
この画像はボク的に結構お気に入り画像で、ライトアップ修正バージョンはこのblogでも公開済みの画像です。

159-1-blog_20081018004740.jpg


15:06:17
気づいたらここんとこパンツ画像が続いててNUDE画像は久しぶりぃ
まぁ、前回のパンツ画像はほとんどNUDE画像だと思うんだけどネ

ていうか、今回のNUDE画像は光ナシ
以前も書いたと思うんだけど、BLOGの画像公開ってどこまでがOKでどこからがOUTなのかがよくわからない・・・。
OUTになったらどうなるんだろう・・・。
突然消されるのかなぁ・・・。
その場合画像だけ?
それともBLOG全部消される?

でもまぁ、ボクとしては光とかボカシとかで画像の一部に修正を加えるってのはあまり好きじゃないんだよね。
たまに画像効果として使うのは面白いと思うけど・・・。
『ち○ち○』とか『毛』とかが見えたらダメだのかなぁ。
芸術性と言ったら大袈裟だけどアートという観点からすると見えても全然エロくはないと思うんだけど。
かえってボカシてるほうがエロい。
だからボクとしてはもっとOPENにしていきたいと思ってるんだけど・・・
だけど今回の画像ぐらいのがギリギリなのかなぁ

157h-blog.jpg

2007/11/20
22:33:31
昔、一度だけTバックのパンツを買ったことあるんだけど、なんかお尻に食い込むし、実用的ではなかった
でも、いろんなブログとか見ててボクもエロいパンツを買ってみようと決心。
もちろん、画像upのために買ったんだよぉ(爆
これが実用的になる(使い道がある)かどうかは・・・・

実はこのパンツ・・・かなりエロい。
画像ではわからないと思うけど・・・前部分が・・・なんというか、網目なんだよね
だから透けて見えるんだよぉ
ホントエロすぎぃ~。

まぁ、こういう遊びもたまには面白いんじゃないかと思っただけぇ~

3602-blog.jpg

2007/11/19
23:46:55
最近は赤い色のパンツを結構好んで購入するようになった。
赤い色のパンツをはくと運がつくらしい。
東京の巣鴨あたりで・・・

2710ah-blog.jpg

2007/11/17
23:44:22
みんなはパンツって何枚ぐらい持ってるんだろう・・・・
ボクはね、数えたことないけどだいたい50枚ぐらいは持ってると思う。
ネットなんかでパンツはよくチェックしていて、いいパンツがあればつい買ってしまう。
でも、パンツってほかすことって滅多にないんだよね。
破れたりとかすればもちろんほかすんだけど、滅多に破れることなんてないし

でも、今日は久しぶりにパンツを一枚ほかしました。
今日の画像のヤツがほかしたヤツなんだけど
ちょうど、ちんちんの前あたりの布が透けて見えるぐらい薄くなってきてたので。
なんでちんちんの前部分の布が薄くなってきたのか不明だけど・・・。


0107ahz-blog.jpg

03:10:28
年に2~3回ぐらい旅行にいくんだけど、旅行先のホテルでは必ずといっていいほど写真撮影してきます

なんかいつもは自分の家ばかりで撮ってるから、いつもと違う、非日常空間なのでついつい撮影意欲がわいてきます。
以前飛行機のトイレの中で撮ったこともあったっけ

非日常空間にはつい敏感に反応してしまいます。



3102-blog.jpg

2007/11/15
21:58:11
前回の日記の続きになるけど・・・
何故ボクが自分のハダカを公開してるのか・・・
自分でも正直わからないんだよね。

前回も言ったけど、自分に露出癖があるとは思ってないし・・・
でも潜在的にはあるのかもわからないし

自分のカラダをカッコイイとは全く思ってないし・・・
でも潜在的にはナルシストの気があるのかもわからないし


でも、男のハダカを美しいなぁって思った・・・男のハダカを意識しだした・・・自分がハダカになるきっかけになった・・・のはあります。
それはリンクしていただいてる『しいま』さんのブログです。

初めてしいまさんのブログを見た時はその美しさに驚きました。
もちろんそれまでメイプルソープなんかの男性ヌード写真は見たことあるけど、それは有名な写真家の写真だし、外人モデルが被写体だしって感じであまりにも現実味がなかったんだけど、しいまさんのブログでは全てセルフで撮った写真を載せてる。
しいまさんのブログはもう何年も見続けてると思います。
確か、途中何度かアドレスが変わって、その存在は行方不明になったりしたけど、探してまたお気に入りに入れて
かなりお気に入りでファンレターを出そうかなって思ったほどです

だから、しいまさんのブログを見たのがボクが自分のハダカを公開するようになったきっかけみたいなものかなぁ。
もちろんしいまさんのようなキレイなカラダでもないし、文章が上手いわけでもないから、なかなか同じようなことはできないのはわかってるけど・・・。

それが今やしいまさんのブログをリンクを貼らしていただいて、また貼っていただいて・・・。

ボクがブログを始めて知ったことは、結構同じように自分のハダカを公開してる人っているんだなぁってこと。
もちろん好みってのがあるから、いいなぁって思うのもあれば、ちょっとなぁって思うのも当然あります
でもそれは体型の好みであったり、写真の撮りかたの好みであったり・・・仕方ないよね。

そして、今リンクを貼らしていただいてる人はみんなすごくキレイなカラダをしてる人ばかりで、ボクがブログを更新していくうえで、いろいろと参考にさせていただいています。

ぜひ見てください。
でも、ボクと比較しないでね
素材の悪さはなかなか隠しようがないんだからぁ

ということでこれかもヨロシクです。


266-blog_20081018004709.jpg

2007/11/13
23:58:44
年に数回(2~3回)海外旅行にいきます。
主にアジアです。
旅行にいった時にその街並みを写真に撮るのが好きです。
いいカメラを持ってるわけでも写真に知識があるわけでもないんですが、とにかく街の風景を撮るの好きです。

それに加えて最近は・・・自分自身の写真も撮るようになりました
今回の旅行は新しいカメラを買って初めての旅行だったので、まだ全然使い方がわからなくて説明書も一緒に持っていきました。
でも夜景とかがどうしても上手く撮れなくてまだまだよくわかってません。

今日の画像はヴィラの庭で撮ったんですが、下が石なので裸足で歩くと痛かったです。
でも、こういった屋外での写真というのは滅多に撮れるわけでもないので、せっかくなので撮ってみました。

露出が好きな人もいると思いますが、ボクは露出の趣味はない・・・と思います。
なんか、外でハダカになってると猥褻物ちん列罪?とかでお巡りさんに捕まりそうな気がして、露出を楽しむどころではないからです。

でも、こんな自分のハダカを公開してるんだから・・・きっとナニか近い趣味というかフェチみたいなものがあるんだろうなって思います。
露出の素質があるのかもわかりません

自分でもよくわかりません・・・露出の趣味があるのか・・・何故自分のハダカを公開してるのか・・・



273-blog_20081018004655.jpg



12:14:57
少しの間、オヤスミしてたんで更新ができませんでした。
旅行にいってたのです。
また、ガンバッテ更新していくんで
ヨ・ロ・シ・クです。

271-blog_20081018004641.jpg

21:18:36
先日までボクがこれまで痴漢にあった出来事を書いていたばかりですが・・・・

昨日の出来事です。


仕事帰りに取引先の人と飲みにいき、その帰り駅に着いてトイレにいきたくなったのでトイレに。
トイレの入り口に20代半ばと思われる男性が立っていました。
一瞬ボクと目があいましたが、ボクはあまり気にせずトイレにはいっていきました。
何故かこの男性もボクの後からトイレに入ってきました。
トイレの中には誰もいませんでした。
ボクは数台並んだ小便器の一番はしに立ちました。
ボクの後から入ってきた男性は数ある小便器からわざわざボクの隣の小便器に。
それでもボクは気にせずおしっこをしだしました。
その時です。
その男性は隣でおしっこをしてると思ってたのですが、実は隣に立っていただけで、ボクがおしっこしだすと同時に、ボクにひっつくぐらいに近づいてきて、真上からボクの・・アレを覗いてきたのです。
おしっこをしてる最中だったのでどうすることもできず、真上からガン見されました。
丸見えです。
あっけにとられていたので抵抗もできず、そのままボクはオシッコを続け、その男性は見続けてました(^^;)


ガン見されること数秒間、誰かがトイレに入ってくる靴音がしたので、その覗き見野郎はあわててトイレから出て行きました。
何が目的だったのでしょうか。
よほど見たかったのでしょう・・・・ボクの・・・・アレを(爆

237ah-blog.jpg

2007/11/03
00:40:15
生まれて3回目・・・そして最後に痴漢に遭ったのは映画館でした。
成人用映画じゃないです。
一般の映画館です。

大学を卒業し、働きだした頃だと思います。
いつものように休日に一人で映画を見に行きました。
生憎、上映開始時間に少し遅れ慌てて映画館に入ったらまだ次回上映作品の予告編が流れてました。
館内は真っ暗闇でまだボクの目が暗いところに慣れてなくて、最後部の座席の後ろに立って空いている席を探してました。

その時、ボクのすぐ横にきた男性(年齢等不明)がいたのです。
なぜそんなにひっつくように横に立ってきたのかフシギでした。
でも、とにかく座るところを探さなくてはと思い、立ったまま目で空いてる席を探してました。

隣にたってる人のことも忘れてボクは席を探していたのですが、突然その人はボクの太股をそぉっと触ってきたのです。
ボクはビックリしてカラダが硬直してしまいました。
ボクの太股を数秒触っていたその手は徐々に上のほうに移動し、ボクのオシリを触ってきました。



ボクは声を出すことも逃げることもできなくてカラダを硬直したままだったので、その人は大丈夫だと思ったのか、更にエスカレートしてきました。
それまで片手(左手)だけで触ってたのですが、今度は左手はオシリを触ったままで、右手で前のほうを触ってきたのです。
ボクはびっくりして声を出そうかとか逃げ出そうかとか考えたりしましたが、思うだけでなかなか行動には移せませんでした。
少しの間両手で前と後ろを触ってたのですが、今度は両手を前のほうに持ってきてボクのジーンズのベルトをはずしてきました。
ベルトをはずした後、ジーンズのボタンをはずしてファスナーを一気に下げました。

慣れた手つきってこういうことを言うのでしょう(もちろんその時はそんなことを考える余裕もありませんでしたが)。
びっくりしてナニもできないボクに対して、その人は一気にファスナーまで下げて下着越しに触ってきたのです。
下着の上から触ってきたと同時にジーンズを膝あたりまでずらしてきました。

(これ以降のことは省略)



以上がボクの3回目の痴漢経験でした。
これが成人映画館ならわかるけど普通の映画館だったてのが今考えてもびっくりですよねぇ。



尚尚・・・・・
★印までは実際に起こった話で、
★印以降は妄想です
オシリを触られた時点で、ボクは慌てて空いてる席を見つけ座りにいったらもうついてきませんでした

235a-blog.jpg

2007/11/01
09:30:04
2回目に痴漢にあったのは大学生の頃。
大学に入学してある同好会に入ったボクは、先輩や上級生と一緒に遠征に。
宿泊したのは宿泊施設(仮眠施設?)のあるサウナでした。

大きなお部屋に多くの布団が並べられており、一つ一つの布団の境には高さ30cmぐらいの柵がありました。
多人数であったにもかかわらずひとかたまりに寝れたボクたちでしたが、一番下級生であるボクはかたまりの端っこでした。

真っ暗な大部屋なので、布団に入ったらすぐに皆が黙って寝ることに。
何分かたってボクもウトウトしかけた頃、ダレかがボクの足を触ってきたのです。
薄目をあけて見ると、ボクらかたまりの反対側(つまりボクの隣)に寝てる人の手が、柵を越えてきてボクの足を触ってるじゃないですかぁ
ボクは怖くなったのと、ダレも話してないシーンとした真っ暗闇ということもあり、声も出せずじっとしてました。

最初は隣の人が寝ぼけてるのか、寝相が悪いのかなってちょっと希望的観測もしてたんだけど、ボクの足を触る手の触り方が、そうじゃなくてはっきりとこれは痴漢だと気づきました。
その手は、ボクの足から徐々に上のほうに伸びてきてボクの太ももを触ってくるじゃないですか。
そして少しの間ボクの太ももを触ってた手はさらに上のほうに・・・・・。
とうとうボクのパンツの上からボクの大事なところを触ってきました
ボクはどうしようって考えてたけど、これ以上触られるとヤバイことになると思って、勇気を出して反対側に寝てるボクの先輩のほうに寝返りをうって、先輩を起こしました。

寝ぼけてる先輩に今痴漢にあってると事情を説明すると、先輩は面倒くさいのか『どこか違うところで寝たらいいやん』とだけ言いまた寝だしました。
ボクは仕方ないので思い切って起きて、違う布団を探して違うところで寝ました。
寝る場所を移動すればその痴漢もついてくるんじゃないかなって思ったんだけど、そういったこともなく寝ることができました。
2回目の痴漢体験はただそれだけです。

次の日、皆の間でこの痴漢騒動の話で盛り上がったのは言うまでもありません


0702az-blog.jpg

動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード