FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2019/11«│ 2019/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/01
2013/07/03
19:28:51
8DSC03229.jpg

ハノイの旅日記、今回が最終回とします。
もう書くこともないのでね
だから、今回は写真だけと思ったけど・・・マッサージの報告だけしておきますww
マッサージといっても残念ながら期待してるようなマッサージじゃありません、普通の真面目なマッサージです

2軒のお店に行ったんですけど、一軒目、表通りにあるお店より路地にあるようなお店のほうがローカル価格で安いだろうと思って行ったんですよ。
こんな路地の奥にあるお店ね↓
8DSC03439.jpg
フロントにいたオジサン?に値段を聞くと、ボディマッサージが1時間40万ドン(約2000円)と高いこと言うので、「高いね!じゃあ、ヤメた。」と言ったら・・・そこから値交渉が始まって、結局ボディ1時間に足マッサージ30分で35万ドン(約1750円)で交渉成立しましたww
ベトナムでボディマッサージってのはオイルマッサージのことなんだけど、短いトランクスみたいなパンツに穿き替えて結構際どいところ(付け根等)までしっかりマッサージしてくれました
マッサージしてくれたのはオバちゃんでした。

二軒目に行ったところは、ボディマッサージ60分と足マッサージ60分がセットになっていて26万ドン(約1300円)。
先に足マッサージするからと言われ、足マッサージ用のリクライニングのイスが5台並んだお部屋に連れていかれたんだけど、そこでは既に4人の西洋人がマッサージ中でした。
そしてボクに着替えろといってまたトランクスのようなパンツを渡されたので、「えっ、ここで?」って聞いたら「そうだよ」って。
一軒目のお店では更衣室があってそこで着替えたんだけど、ここでは皆の見てる前で生着替え・・・・・
こういうのは初めてですねぇ。
あっ、ヤバイよ・・・今日はちょっとエロいパンツ穿いてきたよ・・・
その時穿いていたのはこのパンツね↓
6DSC04463.jpg
仕方ないのでサッと脱いでサッとマッサージ用のパンツを穿きました
ボディマッサージは二台のベッドがある二人用のお部屋に移動。
西洋人と並んでマッサージを受けました。
マッサージが苦手なのか西洋人は「あぁー、うぅー」って大きな声を出して痛がってましたww

以上。
あとは何枚かの写真で旅日記を終了させていただきます。

8DSC03358.jpg
ベトナムを象徴するこの三角の笠

8DSC03760.jpg
アオザイってホントに綺麗ですよね

8DSC03788.jpg
軍人か警察官か、はたまたコスプレイヤーかww

8DSC03790.jpg
理容店はアウトドア派ですww

8DSC03831.jpg
公園だけでなく道路でも軍人将棋?

8DSC03748.jpg
暖かい国の木はすごいです

8DSC03696.jpg
そんなところで寝ると湖に落ちますよ

8DSC03828.jpg
料理屋の店前にいた店の看板猫です

DSC03330.jpg
エアコンは水漏れしたけど結構立派なバスルーム

そんなこんなでハノイ旅日記は終わりぃ。
また

DSC04418.jpg

2013/07/01
23:00:44
0DSC03494.jpg

ま、ボクの海外の旅にはいろいろとトラブルがつきものなんだけど、これまではどうにかこうにか持ち前の笑顔で切り抜けてきました

今回のトラブルといえば、まず靴下w
日数分靴下を持っていったと思ってたんだけど、最後の日、穿こうと思ったら片足分しかなかった
困るよねぇ。
片足だけで穿いて片足は裸足で帰るか、両足裸足で帰るか、新しい靴下をどこかで買うか、ゴミ箱に捨ててある昨日穿いた靴下を穿くか・・・
悩んだねぇ。
悩んだ結果、ゴミ箱から昨日穿いた靴下を片足だけ拾って、穿きました

あとホテルの部屋のエアコンね。
せっかく部屋をチェンジしてもらったのに、新しいお部屋のエアコンが故障したんだよね。

7DSC03833.jpg

何かポトッ・・ポトッって水が漏れる音がするなって思って、その音がする場所を探したらエアコンから水が漏れれたんです。
漏れてたところにバスタオルを置いてしばらく様子を見てたんだけど、これは朝まで放置したら大変なことになるなって思って、フロントに電話。
すぐに来てくれて直してもらったんだけど、30分ぐらいエアコンなしでちょっと蒸し風呂状態になりかけでした

さて、今回最大のトラブル!
海外初心者みたいなことであまりにもカッコ悪いトラブルなのでブログに書こうかどうか迷ったんだけどね。

タイトル「恐怖の・・・」ww
0DSC03535.jpg

あるところに行くのにバイクタクシーを利用したんです。
料金は4万ドン(約200円)でした。
で、そこから帰りに今度はタクシーに乗ったんです。
タクシーとバイクタクシーは料金は同じぐらいだと聞いてました。
乗る前に運転手と値交渉しようと思ったら、「メーター!」ってメーターを指さして言ったんで、メータータクシーなら安心だなって思って乗ったんです。
タクシーの中では運転手さんと楽しく会話してたんですよ。
35歳で息子さんが二人いて何歳と何歳とで・・・とか・・・

で、降りる時に、メーターを見ると数字が「350」って出てたんです。
何だ350?って・・・と思い、よくわからないけどバイクタクシーが4万ドンだったんで、きっと3万5千ドンなのかなと思って3万5千ドンを財布から出して運転手に渡そうとしたんです。
そしたら運転手が「NO!NO!35万だよ!メーター見ろよ!」って言うんですよ。
35万(約1750円)って、そりゃ高いよ!

これが噂に聞いたインチキメータータクシーだなって思って、仕方ないから10万ドンで手をうってもらおうと思い、10万ドン渡そうとしたんですけど、運転手は「NO!」と言って怒るというか怒鳴ってくるんですよ。
どうしようかなぁって思い、でも10万ではダメだって言うし、35万なんてあまりにも高すぎるから払いたくないし・・・もう少しだけ上乗せして払おうかなと思って、財布の中を見てたんですよ。

そしたら運転手がいきなり手を伸ばしてきて、ボクの財布からお札を引っこ抜いたんです。
そして引っこ抜いたお札から35万ドンを取って、残りをボクに返してきたんです。
それだけだったらまだ良かったんだけど・・・
帰りの空港行きのタクシー代のために50万ドン札を一枚入れていたんですけど、それをものの見事な素早さで引き抜いて自分の太股の下に隠したんです。
50万ドン札と一緒に隠そうした20万ドン札は隠しきれず運転手の股の間に落ちてました。
ボクがそれを指摘すると、20万ドン札は返してくれたんですけど、50万ドン札は知らない、盗ってない、と逆切れ状態でボクに怒鳴り散らしくるんですよ。

ボクはずっと「ボクの50万ドン返せ!」って主張してたんですけど、運転手はボクに今にも殴ってきそうな勢いで怒鳴ったりしてきて、全然話が噛み合わない状態になって、しまいに運転手はボクが座っていた後部座席の扉を開けて「もう出ろ!」って言ってきたんで、どうしようかなってボクは考えたんですよ。
警察に行くってのも手だろうけど、この状態で・・・50万ドン札が出てきてもボクの名前を書いてるわけでもないし・・・
それよりこのまま抵抗してたらどこかに拉致されて、睡眠薬を飲まされてレイプされたり・・・
DSC04494.jpg

もしくはバラバラに切り刻まれたり・・・
0DSC03348.jpg

ボクは諦めて、タクシーから出ました。
タクシーはボクが降りるとすぐにどこかに行ってしまいました。

被害総額85万ドン(約4250円)。
運転手の手が届くようなところで財布を出したボクが悪かった・・・
不幸中の幸いでもないけど、まだ財布の中に入っていた日本円(一万円札数枚)を盗られなくて良かった、レイプもされなくて良かった、バラバラに切り刻まれなくてよかった、と。
これまで海外で怖い状態になったことも数回あるし、知らない人についていって後から考えると怖い状態になってもおかしくないよなってなことも平気でやってきたりして、いつかボクって海外で殺されるかもなって思ったりしてたんですけど、幸い大きな被害を受けることもなかったので、ちょっと気が緩んでたんでしょうね。
やっぱ海外では気をつけないとダメだなって反省しました。

DSC04489.jpg


2013/06/29
23:08:34
0DSC03648.jpg

スケジュールが予め決まっていてスケジュール通りに行動しなくてはいけないツアーと違って、好きな時に好きな場所に行き好きなことが出来る個人旅行ですが、欠点は自由すぎるということです。
つまり朝、好きな時間に起きればいいってことです。
だから大概、ボクの旅の朝は時間が遅くスタートするんです。

でもそれではアカンと・・・朝には昼や夜には見ることのできない景色が見れるんだと思い、今回は早朝に起きてお散歩することにしたんです。
せっかく起きるならまだ明るくなる前に起きようと5時15分に目覚ましタイマーをセットし、起きたんです。
でも残念ながら5時15分に起きるともう明るかったんです。
ボクは慌てて服を着替え、5時30分にホテルを出ました。
ホテルのロビーではまだ従業員がソファで寝ており、ドアのところにいたガードマンにドアを開けていただきました。

ベトナムの朝は早いと聞いてましたが・・・

既に仕事をしてる人
0DSC03536.jpg

散歩してる人
5DSC03539.jpg

上半身裸になって体操をする人
5DSC03548.jpg

道路を一部勝手に閉鎖してバドミントンをする人
5DSC03559.jpg

集団で体操をする人(子供は眠そうww)
5DSC03593.jpg

ダンスをする人
5DSC03603.jpg

本格的にダンスをする人
5DSC03623.jpg

変な宗教かと思われる人
5DSC03608.jpg

集団で体操をする人PART2
5DSC03629.jpg

伝統芸能?の練習をする人
5DSC03666.jpg

木をさすって何かのおまじないをする人
5DSC03661.jpg

なかなか面白い風景を見ることができました。
そんな朝の散歩でした。

DSC04425.jpg


2013/06/27
19:16:37
6DSC03490.jpg

夜の散歩といっても、お仲間が集まると言われてるホアンキエム湖周辺に行ったわけではないです
それでもせっかくなので夜のハノイも見とかないとね、ということでのお散歩です。

ハノイの夜はすごい単車と人でした。
6DSC03455.jpg

ベトナムには交通ルールというのがあるのかどうか、信号が赤でも平気で単車が走ってきますので、青だからといって安心して横断歩道を渡ってられません。
てか、3人乗りの単車や4人乗りの単車が何台も走ってます。
定員は何名なんでしょうか。
6DSC03475.jpg

人力車?まで4人乗ってます。
6DSC03461.jpg

さすがに自転車は2人しか乗ってません。
6DSC03503_20130627185622.jpg

土曜日と日曜日にはナイトマーケットが開かれます。
6DSC03444.jpg

特にお土産になるようなものが売ってるわけじゃなく、観光客用というよりローカルピープルのためのマーケットって感じでした。
でもドラエモンってのはどこの国に行っても売ってますね。
6DSC03447.jpg
あと、キティちゃんねww

ジャズバーにも行ってきました。
6DSC03270_20130627191840.jpg
ハノイビールを飲みながら、ハノイでジャズを聴くってのもなかなか乙なものでした。

6DSC03272.jpg
たぶん右側の初老の人が店のオーナーかなんかでしょう。
何曲かしてからいきなり登場してきて「れでぃーすあんじぇんとるまん・・・」って一言挨拶して、それから何曲かしたら一抜けしてましたからww

今回の写真は雰囲気を出すためにHDR写真風に加工してお送りしました

DSC03400-1.jpg




2013/06/25
22:33:00
今回ボクが泊まったホテルはエコノミーなプチホテルです。
全部で10室か15室ぐらいの小さなホテルです。

でもレセプションはなかなかオサレで
4DSC03190.jpg

ウェルカムドリンクをいただいたりしました。
4DSC03189.jpg

お部屋はこんな感じで
4DSC03191.jpg

安いお部屋だから仕方ないんだけど
4DSC03194.jpg
窓がね、お外に面してるんじゃなくて内廊下に面してるんですよ。
だからカーテンを開けてあんなことやこんなことが出来ないんです

ま、あんなことやこんなことはいいんですけどね、ただカーテンを閉めっ放しってのはちょっと息苦しい。
そして暗い。
だから二日目の朝食を食べた後、レセプションに行って「窓のついたお部屋があるなら変えてくんない?」ってお願いしました。
そしたら「あるけど、一泊70米ドル追加」って言うんで、「それは高い!ヤメルわ」って諦めました。

で、諦めてお部屋に帰ったら、レセプションから電話があって「一泊35米ドルでどう?」ってディスカウントしてきましたww
だからボクはそのお部屋をとりあえず見せてもらいました。

こんな感じです。
4DSC03281.jpg
4DSC03282.jpg
4DSC03850.jpg

外の道路に面していてバルコニーまであったんで、ちょっと高いけど部屋をチェンジしました。
高いだけあって、一泊目のお部屋になかった歯ブラシはあるわ、パソコンはあるわ。
朝は、バルコニーのイスに座ってお外を眺めながらコーヒーを飲んでタバコを吸って・・・なかなか快適でした。

体重計まで正確でしたww
一泊目に泊まったお部屋で体重計があったので測ったら47kg
「えぇー、うそぉーん

でも新しいお部屋で測ったら50kgに増えてましたww
DSC04472.jpg

でもチェックアウトする時に、部屋をチェンジした代金を支払おうと思ったら、70米ドル×3泊分=210米ドルを請求されました
部屋をチェンジした時と同じ人だったので、
「あなた最初は一泊70米ドルって言ったからボクが止めたって言ったら、後から35米ドルでどうだって言ったよね?それにボクが部屋をチェンジしたのは二日目でこのお部屋で二泊しかしてないよね?だから35米ドルの二泊分で合計70米ドルだよね?」って言ったんです。
じゃあ、その人は思い出したのか「そうだった、そうだった・・・」ってww

バスルームです。
DSC04490.jpg

2013/06/24
00:05:51
0DSC03237re.jpg

海外での楽しみのひとつである現地で食べた料理を、いつも旅日記ではグルメリポートと題してリポートしてるんだけど・・・?ww
今回はグルメリポートは出来ません!
何故なら・・・ほぼフォーしか食べてないからです

◆フォー・ボー
3DSC03249.jpg
ボーというのは、牛肉ってことです。

◆ベジタリアン・フォー
3DSC03367.jpg
サニーレタスみたいなものが別の器に大量に盛られており、そのサニーレタスみたいなものをフォーの器に入れながら食べます、と思います。

◆フォー・チン
3DSC03513.jpg
チンというのは、よく煮込んだ牛肉ってことです。

◆フォーの一種(忘れた)
3DSC03721.jpg

結局4回フォーを食べましたww
最後の名前を忘れたフォーはホテルの朝食で食べたのですが、今回のホテルはビュッフェ方式ではなくオーダー方式です。
で、ホテルの朝食では他に・・・

◆フレンチトースト
3DSC03280.jpg
横にあるのはフルーツサラダです。

◆フライドヌードル(チキン)
3DSC03846.jpg

◆オムレツ
3DSC03718.jpg

をいただきました。
それ以外に食べたのは・・・

◆生春巻き
3DSC03366.jpg
本当は、生春巻きというのはホーチミン等南部地方で食べる料理で、ハノイでは揚げて食べるらしいですが、メニューにありましたの生にしました。
やっぱ生がスキですからww

◆フライドライス(ポーク)
3DSC03823.jpg
ビールはハノイビールです。
ハノイ滞在中に飲んだビールは全てハノイビールでした。

スイーツで食べたのは・・・

◆シン・トー
3DSC03259.jpg
シェーク状になった飲みもので冷たくて頭が痛くなります。

◆チェー(ミックス)
3DSC03429.jpg
氷をガリガリ砕き、砕いた氷をフルーツがたくさん盛られたグラスに入れかき混ぜながらカキ氷みたいにして食べます。
海外では生水を決して飲まないようにしてますので、こんな露店の氷が少し気になりましたが、食べたら冷たくて最高に美味しかったです。
お腹は壊しませんでした。

◆プリン
3DSC03453.jpg
ベトナムといえばプリン。やっぱベトナムのプリンは甘くて美味でした。
お店の前で立って食べてて、あまりにも美味しいのでもう一個買おうかなって思いましたけど、二つ食べたらお口の中が甘ぁ~くなるのでやめました。

その他、ハノイはとにかく暑いので、少し歩いてはカフェで休憩してましたので、マンゴラッシーやウォーターメロンスムージー、もちろんマンゴジュース、そしてアイスクリームを食べたりしてました。

以上、グルメリポート?でしたww

DSC04517.jpg



2013/06/22
21:47:14
0DSC03209.jpg

世界遺産には目もくれず、とにかく今回はハノイの街歩きを!
ってのが今回のテーマですが、街歩きするエリア内にもたくさんの観光名所?があります。
だからその中からいくつかの観光名所?には行きました。
今回はそんな街歩きのエリア内にある観光名所?をご案内します。

◆ホアンキエム湖
ハノイにはいくつかの湖がありますが、ホアンキエム湖は街の中心にある湖で、湖周辺にはカフェやお土産屋さんとかのお店があります。
湖周辺は遊歩道になっていて、地元の人たちも散歩したりベンチに座ってのんびりしたりする憩いの場所です。
※情報によりますと、深夜この湖周辺にはゲイが集まるらしいです。でもその多くがマネーボーイらしいです。ボクは深夜には行ってませんのであしからず。

2DSC03204.jpg
2DSC03220.jpg

◆玉山祠
ホアンキエム湖上の小島にあります。
体長約2mの大亀の剥製があり、これは1968年にこの湖で捕獲されたものですが、2012年にも大亀がホアンキエム湖に生息していることが確認されているらしいです。

2DSC03699.jpg
2DSC03701.jpg


◆ハノイ大教会
1886年に建てられたハノイでは最も大きな教会ですが、外壁はカビとホコリで黒ずんでいてそれがまた何ともいえない趣きです。
ミサの時間には中に入れるということを聞いてましたが、残念ながら時間があわず中には入りませんでした。

2DSC03731.jpg

◆文廟
1070年に孔子を祀るために建立された廟で、境内にはベトナムで最初の大学が開設されたそうです。
受験生が合格祈願のためにお参りするってことですので、天満宮みたいなものですねww

2DSC03751.jpg
2DSC03766.jpg
孔子様?

◆レーニン公園
レーニン像がありますが、その前でベトナムの若者がスケボーしてましたww

2DSC03796.jpg

◆ベトナム軍事歴史博物館
ハノイにはいくつかの戦争に関する博物館がありますが、ここは主にベトナム戦争時の北ベトナム軍、アメリカ軍に使われた戦闘機や戦車等が展示されています。

2DSC03808.jpg
2DSC03806.jpg

以上かなww
徒歩でも行ける世界遺産(タンロン遺跡)や、ホーチミンの遺体が安置されているホーチミン廟、ホーチミンが住んでいたホーチミンの家(ホーおじさんの家)等々、他にもたくさんありましたがボクの歩く方角じゃなかったので行けませんでした。
また、次の機会にということで

DSC03404.jpg

2013/06/20
22:26:44
0DSC03394.jpg

昨日、深夜電話の音で起こされました。
電話をかけてきたのはスリランカの友人Sで、時間を見ると深夜3時・・・
日本とスリランカには3時間半の時差があるってことわかってるのかなぁ

0DSC03379.jpg

ベトナムと日本の時差は2時間で、ベトナム訪問は2回目。
ベトナムへは数年前にホーチミンに行ってますし、他にもホイアンやフエが観光地として有名ですし、リゾート地としてはニャチャンとか人気もありますよね。
それに比べてハノイは首都なのに、観光地としては少し人気がないかなぁ。

てか、今回の旅先をハノイに何故決めたのか・・・
5月下旬のある日、ボクはハノイ行きの飛行機のチケットを取る夢を見たんです。
朝起きた時、まだボクの頭は寝起きでボケていたので、そのハノイ行きのチケットを取ったのが夢なのか現実なのかよくわかりませんでした。
確認のためPCの電源を入れ、確認すると・・・当然、夢ですのでチケットなんて取れてません。
ボクはやっぱ夢だったのかと何かくやしい思いをし、そのまま本当にチケットを取ったのでしたww
嘘のような本当の話です。

0DSC03709.jpg

ハノイの街は観光地としては人気ないのかも知れませんが、ハノイからバスで約3時間ぐらいのところにあるハロン湾という有名な世界遺産があります。
ですからハノイへの旅行する人は必ずと言っていいほどこの世界遺産ハロン湾へ行きます。
ボクも当初はハロン湾に行こうかなって思ってました。
日本で申し込む日本語ツアーだと1万円ぐらいしますが、現地で申し込む現地ツアーだと35ドルぐらいで行けます。

でも、ハロン湾は遠いので、日帰りツアーでも早朝に出発して、帰ってくるのが夜。
正味2日半しかない時間がないボクの今回の旅では、その一日がどうしても勿体無く感じ、世界遺産を見るよりまずはハノイの街歩きを楽しもうと決めました。
何が言いたいかというと、今回の旅は旅日記を書くほどの内容はないということです・・・ww

DSC04506.jpg

2013/06/18
18:56:58
DSC03843-1.jpg

飛行機の席については、長距離路線では必ず通路側を選びます。
でも、3時間ぐらいまでの短距離路線なら窓側を選びます。
でも通路側、窓側は選べても隣に座る人までは選べません。
太った外人さん(ファットマン)が来ないことだけを願うばかり。
太った外人さんが隣に来た場合は、必ずといっていいほど席と席の間の肘掛は占領されるし、腕は10cmほどボクのテリトリーにはみ出るし、当然、足だってはみ出てる。
せっかくの楽しい飛行機が最悪の気分。
でも今回は細い女性ばかりだったので良かったです。

aDSC03185.jpg

直行便で行くと早く着きますが、5時間も6時間もとなるとちょっとイヤになりません?
そういう場合には、経由便で行くとかなり楽だってことを感じました。
もちろん時間のロスが出来るだけ少ない乗り継ぎに限りますけどね。
関西空港から台北までが約2時間半、そして台北から河内wまでが約3時間。
今回は、チャイナエアラインとベトナム航空を乗り継いで行って来ました。

DSC03854-1.jpg

3時間ぐらいなら映画を一本見るとちょうどいい時間ですし、途中で一旦飛行機から降りれる、そして食事が2回ついてくる、飛行機代も安い。
経由便もいいですよね。
また、しばらく旅日記が続きますので、よろしくです。

DSC04510-1.jpg


動画サイト
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード