FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2021/02«│ 2021/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2021/04
21:46:22


今日、来月のTVガイドを買ってきたんだけど、終わったはずの「渡る世間は鬼ばかり」が2週にわたって放送されるみたいです。
橋田壽賀子 87歳
石井ふく子 85歳
赤木春恵  88歳
宇津井健  80歳
う・・・ん、高齢化社会の現代を象徴するかのようなドラマですねぇ

今朝の朝日新聞の記事に『葬儀費用 進む透明化』ってのがあって、これまでわかりにくいと評判の悪かった葬儀費用の「見える化」が進んでるということで、それはいいことだなって思って読んでたんだけど、「葬祭ディレクター」って資格があるんですね。
厚生労働省が技能を認定する資格らしいけど、何の技能?
どんな試験なんでしょうね。
ちょっと考えてみたんだけど、゛参列者の涙を誘う上手な司会゛ぐらいかし思い浮かばなかった

今日(土曜日)も仕事でしたが、明日(日曜日)も仕事です。
忙しいってことは有難いな、って思わないとね。

P1010262.jpg

21:58:17


暇すぎるGW後半初日は小津と志ん朝三昧でした

小津安二郎は、『お早う』と『秋刀魚の味』の2本を見ました。
『秋刀魚の味』を見るのはもう5回目ぐらいで、『お早う』は初めてです。
『秋刀魚の味』は、小津安二郎監督最後の作品なんですけど、50年前の映画で、当時21歳の岩下志麻が出てます
岩下志麻の父役が笠智衆で、笠智衆の学生時代の先生役が東野英治郎で、東野英治郎の娘役が杉村春子って、どんだけぇ~!!
年齢が全然わかりません
昔の映画を見ると、その当時の世相や風景、人間関係や考え方などがわかって面白いですよ。

古今亭志ん朝は、『文七元結』『そば清』『芝浜』『火焔太鼓』『崇徳院』の5席もyou tubeで聞きました。
落語は人情噺が好きなんですよねぇ。

今日も又、少しの時間だけど大掃除を決行し、大量の服とパンツを捨てました!

DSC02481.jpg



22:00:43
0402.jpg

いやね、アレはやっぱ細いより太いほうがいいよね
って、大多数の人が思ってるのかも知れないけど、
あまり太すぎるのはちょっとなぁ
って、ボクは思うんですよね。

てか、太い細いの問題だけじゃなくて
長い短いって問題もあるじゃないですかぁ。
あれってどうなんでしょうね。
短すぎるとやっぱ多分物足りなさが残るんじゃないかなぁ
って、思うんだけど
長すぎるってのも何か問題があるような
って、思ったりもするんですよね。
でも、どんな問題があるのかはちょっとわかりません。

しかし、この国の人は短すぎますよね。
日本人としてちょっと外国の人に対して恥ずかしいです。
前任の鳩山ぽっぽさんが266日
その前のアキバ系麻生さんが358日
その前のむっつり福田さんが365日
その前の安倍チンゾーさんが366日
よくもまぁ、国のトップがこれだけ変わるもんですよね。
イラ菅さんは昨年の6月8日にスソーになったから
今でだいたい370日ぐらいかな。
でも又替るや替らないの綱引き中。
おそからはやかれ
はやからおそかれ
またまた近いうちに替るんでしょうね。
次の人は長いんでしょうか。
長いのを特に望んでるわけじゃないけど、
あまりにも短すぎるのはやっぱ問題がありますよね。

今日、iPhoneのことでわからないことがあったからアップルストアに行ってきました。
やっぱ、アップルストアのお兄さんって素敵ですね。
イケメン度は7点ぐらいのイケメンでしたが、すごく優しい喋り方で手取り足取り教えてくれました。
実際には手も足もノータッチですけど、雰囲気がそういう感じということです。
ボクのことを子供のように、弟のように・・・優しく教えてくれました。
アップル兄さんLOVE!

0403.jpg



19:50:24
昨日は予定外に遅くまで飲みました。
昨日一緒に飲んだのは、二代目彼氏(以下「二代目」)、二代目彼氏の姉(以下「姉」)、そして二代目が近くのお好み焼き屋さんで会って仲良くなった39歳なんだけどどう見ても20代にしか見えないサーファー風のイケメンノンケ男子(以下「ノンケ男子」)、とボクの4人。
場所は二代目の家。
イケメンのノンケ男子クンが参加してるので二代目は明らかにいつもと違った感じでウキウキ状態でした。
それを見てボクと姉は笑いっぱなし。
そのノンケ男子クンはまたすごく優しいんです。
姉が来る時間が遅くなったんだけど、夜は危ないから迎えにいってあげないとダメなんじゃないかと言ったり(ボクと二代目は普通に大丈夫!大丈夫!と言いましたが)、 ちょっと飲み物がこぼれたりしたらすぐに拭いたりとか、喋ってても好男子であることがわかるイケメン好青年なんです。
本人は女性に全然もてないと言ってたけど絶対もてる感じの人。
二代目はこのノンケ男子を狙ってるのかなんかボディタッチが多いです(笑)
しょせんノンケなのにムリ!ムリ!と思いながら、ボクと姉はその光景を見てまた大笑い。そのノンケ男子、ボクの足の指のところにチョコレートが付いてしまってるのを発見したんです。
あれぇ、なんでボクの足にチョコレートが・・・と思って、部屋の床を見るとチョコレートがいつのまにか落ちてたみたいで、ボクがそのチョコを踏んづけてたみたいです。
ボクはティッシュで自分の足を拭こうとした時、そのノンケ男子はボクの足を持ってティッシュで丁寧に丁寧に足の指についてチョコレートを拭き取ってくれたんです。
予想外の彼の行動にボクはなんかドキドキ・・・どうも顔が真っ赤になってたみたいで、その顔を見て笑いころげる二代目と姉。
ホント、イケメンノンケ男子の優しすぎる優しさってのはゲイにとって罪ですよねぇ(^^;)





01:52:31
さて、8月22日は何の日でしょ~かぁ?
ハイ、タイトルにもありますようにちんちんの日らしいです。

そんな記念日があるんだぁ~ってびっくりしましたけど、記念日となった由来を調べてみると・・・

1903年の8月22日に、日本で初めて路面電車(新橋~品川間)が走ったらしいんです。
だから毎年8月22日は、ちんちんの日・・・じゃなくてちんちん電車の日らしいです


さて、今週、長塚圭史演出の『sisters』を見てきました。
   出演:松たかこ、鈴木杏、田中哲司、吉田鋼太郎などなど

で、先々週見たのが蜷川幸雄演出の『道元の冒険』
   出演:阿部寛、栗山千明、北村有起哉、横山めぐみ、高橋洋などなど

で、来週見るのが蜷川幸雄演出の『ガラスの仮面』
   出演:大和田美帆、奥村佳恵、夏木マリ、月川悠貴などなど

少し見過ぎです
お金もバカになりません
少し舞台は自粛しないといけません



3803-1.jpg






23:45:28
中学1年になって女の子と初チュウや放課後ラブラブデートをしていたボクですが、特にその後ナニをするわけでもなく、どちらからも別れ宣言するでもなく、中学1年らしく自然離別となりました

その後、放課後は帰る方向が同じということで、そんなに仲がよかったわけでもないんだけど、ある男の子と一緒に帰ることに。
その子はクラスで一番背の低い男の子でした。
でも、背の低い順番に一列に並ぶときは何故かボクが一番前で、その彼が二番目。
何故そうなるのかというと・・・
彼はいわゆるいじめキャラだったのでした
ボクは特にいじめられキャラじゃないんだけど、その彼には相性が悪いというか、もちろん力とかは彼のほうがあったし・・・とにかくお前が一番前に並べということで、ボクが一番前だったのです。

そんな彼と家が同じ方向
帰り道、彼の家のほうが先にあるのでたまにお邪魔して遊ぶこともありました。
さっきも言ったけど、特に仲がいいわけでもなく、趣味があうわけでもなく、会話が続かないというか・・・そんな時何故かプロレスごっこになるのです

彼のほうが力も断然強く、当然ボクが押さえ込まれることになり、力の強い人間に押さえ込まれるともうカラダの自由がききません。
彼はボクを押さえこむと、必ずボクのちんちんを握ってくるのです
握るというか、揉むというか・・・
ハイ、もちろんそんなことされて黙ってるボクのちんちんではないです
当然勃○します。
ボクはカラダの自由がきかないなりに暴れていやがります(フリ?)。
それでも彼は手をゆるめようとはしません。
でも・・でも・・最後までするかというと彼は最後まではしないのです。
もちろんボクのズボンを脱がすようなことや、ズボンの中に手を入れてくるようなことはしません。
そして最後の最後まではいかずにボクは解放されるのです。

それで彼は満足したかのようにもうナニもしてこないのです。
たまに、ボクのほうから二回目を仕掛けることがありました
で、またプロレスごっこが再開し、力の強い彼がボクを押さえ込む、そしてちんちんを揉まれる、そして勃○する・・・・・で、終わり・・・。

何回か彼の家でプロレスごっこをしましたが、いつも同じパターンでした。
そんな彼ともいつのまにか一緒に帰ることがなくなりました。

今ならハッキリと言うのに・・・。
『やるなら最後まで責任とれよっ!』って

3801a-blog



動画サイト
メンズキャンプ バディ ExGays Boys Star Movie
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード