FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2021/02«│ 2021/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2021/04
19:57:54
昨日はお出掛けしてたんで日記の更新を休ませていただきました。
 四人でお食事(消費金額約4万円)
   ↓
 三人でセクキャバ?(消費金額約4万円)
   ↓
 一人でゲイバー2軒(消費金額約4万円)
ま、ボクがお金を出したのは一人でいったゲイバーだけですけどね。

あっ、そう言えば食事にいく前にある会社に寄ったら、「yamanari君、ディーゼルのレディースのジーンズ(26inc)があるんだけどはけるならあげるよ」って言われたんで、皆さんの前で生着替えショーをすることに(笑)
「足細ぉ~!」「肌白ぉ~い!」「緑のパンツぅ~!」「お尻見てたらムラムラするぅ」って好き勝手なヤジ?が。
ジーンズは余裕ではけたんていただきましたが勃○しなくてよかった(笑)
余談が長くなりました。

cim5207-1.jpg

怪しいオジサンと別れ一旦ホテルに戻ったんですが、とりあえずタイ滞在二日目にして三回目のマッサージ(足マッサージ1時間200B(約600円))に。
マッサージが終わってから晩ご飯を食べに。

010.jpg
上左:店内はビリヤード台があり、道路に面してオープンカフェになってる
上右:食べたのはまたもやパッタイ。麺は幅広のセンヤイを使ってます
下左:カワイイ店員さん。右側の子です。
下右:顔の写メを撮る勇気はなかったです(^^;)

晩ご飯を食べた後、ホテルの部屋に戻ってオジサンとの約束どうしようかなぁって悩みました。
夜遅くにどこかに拉致される危険性だってあるわけだし、悪い人ってのはたいてい最初はすごく印象が良くて相手に油断させといて・・・ボクの部屋番号がわかってるわけじゃないんでこのままボクが寝ちゃえばそのままで終わるんだけど・・・オジサンはずっと待ってるのかなぁって・・・。
ホントに悩みましたがとりま約束の時間にホテル前にいこうと決めました。
そうと決まればもしかの時のことを考えカラダをキレイにしておこうとシャワーを浴びました(^^;)

CIMG5472.jpg
↑画像汚くてゴメンね。何か設定をミスって今回の旅の画像は全部汚いんだよね(^^;)

シャワーをしてキレイなカラダになったボクは約束の時間に部屋からホテル前にいきましたが・・・・すごい雨が降ってました。
この雨じゃ、バイクで移動はムリだなぁって思いながらオジサンがいるかどうか探しましたがいませんでした。
ボクはある意味ホッとした気持ちと、ちょっと残念な気持ちと・・・複雑な気持ちに。
でももしかしてオジサンがこの雨の影響で少し遅れてるだけかもと思った僕はしばらくホテル前の屋根のあるところで雨を見てました。
10分ぐらい雨を見ていたでしょうか、あれだけ強く降ってた雨があがりました。
オジサンは結局来なかったけどボクはせっかく部屋からホテル前まで降りてきたので、昨日もいったナイトバザールを見に行きました。
10分か15分ぐらいウロウロしてたんだけど、ナイトバザールも一度見てるので新鮮さもなく飽きてきたので、ホテルに戻ることにしました。

ホテルまで帰ってきたら・・・オジサンがいました(笑)
数時間前まで一緒にいて、それからはレディボーイのお店に誘われ何か怪しいと感じてたはずのオジサンなのに、久しぶりに友人に会った気分に(^^;)
「今来たの?」
「違うよ、約束の時間には来てたんだけど雨が降ってきたから雨宿りしてたんだよぉ」
「そうなんだぁ、ボクは雨降ってるからもう来ないのかなって思って散歩してたよぉ」
ってな感じで。
と言うことで、ボクは再びオジサンのバイクの後ろに乗って出発。
バイクはかなり長い時間走り、街から離れ街灯もなく暗い何か倉庫街みたいなところに入っていきました。
ボクはやっぱ怪しいんじゃないかぁってオジサンのバイクに乗りながら逃げる方法を考えたりしてましたが、その時、ネオンがあるお店が見えてきました。
お店の前にはちょっと雰囲気の悪そうなお兄さんが5人ほどいましたが、オジサンはそのお店の前でバイクを止めると「ここだよ」って、店内に入っていきました。
お店はGOGOBOYとニューハーフを足した感じのお店で、ボクが入った時にはショーが始まってました。
オ○ニーショーしてました(笑
その後もいろんなショーがあり、ファッ○クショーはなかったけど、お決まりのシャワーショーや、二人が泡だらけになってもつれあう泡泡ショー等々。
お客さんはバンコクと違って地元ピープルでチョー満員。
ファランは数人、日本人はもちろんボクだけ(笑
しかしオジサンはなんでこんなお店を知ってるんだろぉ・・・
もしかしオジサンもゲイ?
そう言えば夜に着替えてきたオジサンはパツパツのジーンズをはいてきてたし・・・
オジサンに「よくこのお店に来るの?」って聞いたら、オジサンは「ノー!ノー!」と言って笑ってました。
「よくこのお店のこと知ってたね」って言うと、バーカウンターで働いてる男の子が友達だからって。
えらい歳の離れた友達だなぁって思ってたら、どうも友達の子供さんみたい。
で、その子を紹介するからって、バーカウンターで働いてるのにその子をボクの座ってる席まで連れてきて座らせたんです。
イケメンでもないけれど仕方ないのでその子にも飲み物をとってあげました。
そんなこんなで1時間ぐらいそのお店にいたけど、イケメンもいないしボクは帰りたくなってオジサンに「もう帰ろう」と言ってお店を出ました。
ボク1杯、オジサン2杯、バーカウンターの子1杯、合計4杯で760B(約2280円)。
まぁ、良心的だわね。
お店を出たボクとオジサンはまたバイクに乗ってホテルに戻る・・・つもりだったのに・・・
オジサンが・・・豹変?

と、言うところで今回も長くなったので続きは次回にします。
長い話になると区切るところが難しいんだよねぇ(^^;)

cim5207-2.jpg


20:27:23
CIMG5214.jpg

やっと旅二日目の日記です。
この日、9時間寝ちゃいました(笑
飛行機内で寝れないまま観光に出掛け、夜はナイトバザールでブラブラしたので睡眠不足だし、疲れもあったんでしょうね。
今日は街ブラの予定なんだけど、今日も天気はいいみたいです。
ボクの旅は結構いつも歩くことが多いんだけど、この日もかなり頑張って歩きました。
歩いていったのはワット・チェディー・ルアンとワット・チェンマンです。
ま、お寺ですね。

006_20091013175254.jpg
上:ワット・チェディー・ルアン
下:ワット・チェンマン

かなり歩いて二つのお寺を回り、疲れたので近くのこじゃれたカフェでビールを飲みました。

007.jpg
左:一見こじゃれたカフェ
右:タイで最も売れてるビア・チャーン

カフェを出て、今からリバーサイトにあるレストランにいって昼食を食べようと思ったんだけど、暑いしもう歩く元気はないんでトゥクトゥクでいこうと思い、トゥクトゥクを探してたら先にバイタク(バイクタクシー)のオジサンがいたので地図を持って値交渉。
最初は値交渉に応じていたオジサンもなかなか折り合いがつかなくて、最終結論を出せないのかオジサンは近くで露店を出していたオバサン(オジサンの奥さん?)のところにいって相談する始末。
仕方ないのでボクもオバサンのところに再度地図を見せて値交渉。
オジサンでは結論の出なかった40B(約120円)をオバサンはいとも簡単にOKしました(笑
オバサンに了解をもらったボクとオジサンはバイクに乗ってバイクでリバーサイドにあるレストランに。
レストランについたのでボクはオジサンにお金を渡し店内に入ろうとしたら、オジサンが先に入っていって何故かボクを一番見晴らしのいい席に案内してくれるんです(^^;)
お店の人でもないのに変だなぁとは思ったんだけど、特に気にすることなくお店の人にメニューを見せてもらってオーダー。
その間、オジサンはボクの向かい側の席に座ってます(笑
ボクが食べ終わるまで待つって言うんです。
まぁ、確かにこのお店はちょっと辺鄙な所にあるので待っていてくれたら便利だけど、まだ次どこにいくか何にも決めてないしなぁって思いながら、ボクだけが食べるのも何か気が引けるというか食べづらいし、オジサンにも「何か飲んだら?」って言ったらビールを頼んでました・・・飲酒運転です(^^;)
ボクが食べてる間、ビールを飲みながらずっとしゃべってるオジサン。
かなりのおしゃべり好きで、悪いオジサンではなさそうですが・・・

008.jpg
上左:お店から川を見たところ
上右:店内風景
下左:パイナップルに入ったチャーハン?
下右:しゃべり続けるバイタクのオジサン

食べ終わったボクは、当分ぼぉーっとしてましたが、どこにいきたいというところも特にないしマッサージにいくことにしました。
再びオジサンのバイクに乗り、ボクの指定したマッサージ店に。
バイクから降りると再びオジサンはバイクから降り、ボクを店内に案内・・・
マッサージが終わるまでボクを待つって言うんです(^^;)
ボクが「えっ、2時間ぐらいかかるよぉ」って言ったんですが、「大丈夫!大丈夫!」って・・・。
確かにこのマッサージ店はさっきのレストラン以上に辺鄙なところにあり、マッサージ後のことを考えても待っててくれたら便利なんだけどね(笑
そこに現れたのはオネエバリバリのマネージャー。
まずはマッサージのメニューをボクに見せて「どのコースにする?」って聞くんで、ボクはメニューを見ながら90分のアロマオイルマッサージを選びました。
料金はマッサージ代が600B(約1800円)にミニマムが同じく600Bです。
さすがにこのマッサージ店は普通のマッサージ店より高いです。
次にマネージャーはBOYのアルバムを見せて「どの子にする?」って聞くんで、ボクは何故かオジサンと一緒にアルバムを見ながら・・・指名。
今日の日記も長くなってるのでマッサージについては詳しく書きませんが(詳しくはもしかして今度の生ラジオ放送で話す・・・かも)、マッサージが終わって帰ってきたらオジサンはマネージャーと談笑してました(^^;)

009.jpg
左:マッサージ店の前
中:マッサージ店の建物
右:マッサージのお部屋

その後、ボクはオジサンにホテルまで送ってもらって相応のお金を払い、部屋に戻ろうとしたら、オジサンが「夜にレディボーイのお店に連れていってあげる。夜10時に迎えにくるからホテルの前で待ってて」と言って去っていきました。
しかし、どうなんでしょう。
だいたいレディボーイのお店って何のことかよくわからないし・・・いくら位するお店なのかもわからないし、悪いオジサンではなさそうだけど、もしかして変なところに連れていかれるかもわからないし・・・ちょっと危険な香りもするし・・・。
とにかく一旦部屋に戻りました。
今日も長くなってしまいましたね・・・続きは次回に。
読んでいただいてる方には長くなって申し訳けないです。
どうしても旅日記は長くなります。
これでも結構ちょっとした出来事は省略してるんですけどねぇ(^^;)

CIMG5469.jpg


20:00:10
旅から帰ってきてから数年ぶりに口内炎になってしまったyamanariです。
やっぱ慣れない食生活が原因なのでしょうか・・・

と言うことで前回の日記はチェンマイのホテルにチェックインしたところまででしたね。
とりまホテルの部屋に入ってハダカになってガイドブックを見て、本日の行動についてどうしようか考えました。

CIMG5379.jpg
CIMG5378.jpg


長い時間かけてチェンマイまでやってきたけど、時間はまだ朝。
今日一日まだ十分あるし、雨が降ってない間にチェンマイ観光一番の楽しみだった山岳民族を見に行こうと思いました。
山岳民族の住んでる所までは少し遠くて、単独でいくのは無理なんで現地旅行会社にいって車をチャーターしようと思い現地旅行社にいきました。
現地旅行社にいって山岳民族村までの車のチャーターを聞くと2000バーツ(約6000円)って言うじゃないですかぁ。
思ってたよりちょっと高いなぁって思って返事しなかったらお店の人が「ツアーだと600B(約1800円)でいけるよ」と言いました。
どうしようか悩んだんだけど、やっぱ2000Bは高いし、一度ツアーってのにも挑戦してもいいっかぁって思って午後からのツアーを申し込むことに。
ツアーはホテルまで迎えに来てくれるんだけど、まだ時間があったのでその時間を利用してマッサージにいこうとマッサージ店が何軒か並んでる通りに。
お店の前にある看板を見てるとタイマッサージが1時間200B(約600円)。
安いなぁ~って思って感心してたらお店の中から店員が勧誘に来たので思わず「高い!」って言ったら150B(約450円)にしてくれました(笑。
タイマッサージって知ってる人いると思うけど、ちょっと激し目のマッサージなんです。わかりやすく言えば60分間プロレス技をかけられるって感じぃ?(笑
関節技、えびぞり、またさき、肘攻撃、膝攻撃、ゲンコツパンチ・・・もう次から次へと技が繰り出されます。
かなりのテクニシャンです。
もうね、カラダがかなり軽くなるか、それともカラダが痛くなるかのどっちかだなぁって思いながらプロレス技をかけられてましたよ(笑。
で、マッサージ店ではタイマッサージ以外にも爪切りをお願いしてたんで、ちょっと時間がなくななってあわててホテルに戻りました。
まだツアーの車は来てなかったけど、ホテル前で10分ぐらい待ってたらツアーの車がきました。
全員で7名のツアーで日本人はボクだけです。それにタイ人女性のガイドさんとドライバーです。
さて、山岳民族であるモン族が住んでる村ですが、はっきり言ってちょっと期待倒れ。
すっかり観光化されてるって感じです。
民族衣装を着てる人も半数ぐらいかな、あとはジャージです。
駐車場に車を駐車して、土産物屋さんが並んだ通りをすぎるとモン族が実際に住んでる村なんだけど、確かに家はそれっぽいんだけど、家の横にはTOYOTAやNISSANの車が止められてます。
きっと女性は観光客のために民族衣装に着替えて土産物を売って、男性はネクタイを締めスーツを来て会社にいってるのかもぉ(^^:)

003.jpg
上左:土産物屋さん通り
上右:民族衣装を着た子供はホントにカワイイ
下左:学校訪問もしたけど何故か顔を白くして遊んでた子供
下右:ツアーで一緒だったカウボーイたち?

山岳民族村の次にいったのは標高1080mの山の頂上に建つドイステープ寺院。
派手派手な寺院は日本では珍しいけど、タイを始め東南アジアではよくある風景(笑
でも、市街を一望できる眺めはなかなか気持ちよくて良かったですよ。

004.jpg
上左:派手派手な寺院
上右:寺院から見た市街
下左:撮ってもらった写真
下右:暇な子供僧

と言うことで、ツアーは終了。
初めてツアーを利用したけど微妙ですねぇ。
メリットで言えば、安くいけること、ガイドが付いて説明してくれること、一緒にいってくれた人が写真を撮ったりしてくれること、もしかしてイケメンとの出会いがあるかも・・・ってとこかな。
でも、何と言っても自分のペースでまわることができないし、お土産屋さんで値切ったりとかもゆっくりする時間ないし・・・。

ホテルに帰ってきてハダカになって少しゆっくりしてたら眠くなってきたんだけど、まだ時間が早いしナイトバザールにいって、お土産を買ったりご飯を食べたりしてやっと一日目が終了しましたとさ。

005.jpg
上左:ナイトバザール
上右:アヌサーンナイトマーケット
下左:カレーナイトバザールのフードコート
下右:スープ付きパッタイ45B(約135円)


13:45:13


バンコクで入国手続きしたんで、バンコクからチェンマイは国内線になるんだよね。
なにげに海外での国内線は初めてかもぉ・・・って思ったりしたんだけど、考えたら中国でもアメリカでもあるわ(笑
中国では上海から桂林にいった時に、桂林がすごく天気が悪くて大雨だったのね。
雲もすごく低いところに分厚い雲が出てて、ボクが乗った飛行機が桂林空港の着陸するために、高度を下げて雲を通り過ぎたと思ったら空港の真上だったんだよ。
つまりちょっと降りるのが遅かったんだよね(笑
で、飛行機は再び上昇して旋回してかなり戻って二回目の挑戦・・・・も行き過ぎてたんだよぉ(^^;)
再度同じことを繰り返して三回目でようやく成功。
さすが中国だわと感心したよ。
レーダーってのがないのかよっ!って感じ(笑
で、桂林では2~3日いて、それから北京にいく予定にしてたんだけど、飛行機のチケットを買おうとしたら全て満席で、空席があるのは一週間後ぐらいになると言うんだよ。
そんなに長くこんな田舎にいてても仕方ないので必死に他の便はないかとか頼んだのね。
そしたら何とか2~3日後の便を用意してくれたんだけど、その飛行機に乗ってびっくりしたよ。
だって、乗客は全員軍服姿の軍人さんだったんだもん。
何か軍隊が貸し切りでチャーターしたような便に乗せてもらったみたい(^^;)
よくわかんないけど緊張したわ。 
あっ、話が脱線しました(^^;)

バンコクからチェンマイまでの飛行時間は約1時間。
バンコクまでのフライトであまり寝てなかったんで少しでも寝ないとチェンマイ到着後の観光に支障を来すと思ったボクは、寝ようと思ったんだけど・・・
飛行機が飛び立ってボクが寝ようと思ったら、朝食を配りだしたの。
家で晩ご飯を食べ、バンコクまでのフライトで軽食、そして朝食を食べ、ラウンジでフルーツを食べたボクは当然お腹がいっぱいなんだけど、今回も完食したわ(笑)
とにかく寝る時間なんて全くなかったわ。
で、チェンマイ到着。
バンコクについた時バンコクは大雨だったんだけど、チェンマイでは雨は降ってなくてラッキー。
バンコクもチェンマイも、あとからいくヴィエンチャンも今の季節ってちょうど雨期から乾期に変わるところで天気はすごく心配だったんだけど、とりま一日目は大丈夫と言うことで安心。
雨降ってたらどこにも出掛けられないからねぇ。
で、タクシーに乗ってホテルに。
今回チェンマイで泊まるホテルは、もちろん高級ホテルじゃなくて一泊3000円ぐらいの安いホテルなんだけど、チェンマイでは珍しく高層ホテルなんだよね。
で、レセプションで受け取ったルームキーを見てびっくりしたよ。
だって6030号、つまり60階だったから。
かなり高層で景色も良いだろうなぁって考えながらエレベーターに乗ったんだけど、そのエレベーターは25階までしか階数ボタンがないんだよ。
高層用エレベーターは別にあるんだぁって思って、ボクは階数ボタンを押さなかったんだよね。
で、エレベーターの乗ってた紅毛人は次から次へと順番に降りていって、最後に残った紅毛人とボクだけになった時に、紅毛人が「何階?」ってボクに聞いてきたからボクは「60階」って答えると変な顔するんだよ。
だからボクは持ってたルームキーを紅毛人に見せたら・・・紅毛人は大笑いして「これは6階だよぉ」って。
そうこのホテルは25階までしかないホテルで、ボクのお部屋は6階でした(^^;)
チェックインしてから早速観光に出掛けてたんだけど、観光編を書き出すと長くなるので今日はここらへんでお終いです。

002.jpg
上左:ホテル外観
上右:安いわりには広いお部屋
下左:一応応接セットもあり
下右:ちゃんとホットシャワーが出たバスルーム


16:13:02


ボクが今回利用した飛行機(TG)は深夜に出発して朝に到着するフライトなのね。
深夜便についてはこれまで何回か利用したことあるんだけど、この深夜便って時間を有効に使うという意味ではかなりお得だと思うんだよね。
だって昼に出発して夜に到着するフライトだと、移動するだけで一日がほとんど終わっちゃうって感じだけど、深夜便なら機内で睡眠して起きた時に到着。
まぁ、なんて便利なフライトなんでしょ!これだから深夜便は好き!・・・・と今までは思ってたんだけど・・・・
今回は深夜0時30分に日本を出発して、現地時間の朝4時20分にバンコクに到着、そして6時15分にバンコクを出発して7時25分にチェンマイに到着するって予定だったのね。
でも出発当日に航空会社からボクの携帯に電話があって、予定していたバンコク発チェンマイ行きの便が運休になって後発便に振り替えになったと言うの。
だからバンコク発が7時50分に変更になったんだよぉ。
バンコクの空港で3時間30分も何するんだよぉ~って感じ(^^;)
まぁ、でも仕方ないなって思って予定通りバンコク行きの便に搭乗。
しばらく飛んで水平飛行した時に軽食が出てきたんだよ。
家で晩ご飯食べてきてお腹は空いてなかったんだけど食べたよ(笑)
軽食はおにぎりとサンドウィッチ。
食べてる時に機長からのご挨拶の放送があったのね。
もちろんアナウンスは英語なんだけど、ボクが解読した限りではどうも機長は早く家に帰りたいらしい・・・だから急いでぶっ飛ばすんで定刻より30分も早く3時50分にバンコクに到着するって言ってるみたい・・・・バンコクでの待ち時間が4時間になったよ(^^;)
軽食を食べた後、早速寝ようと思ったんだけど、なかなか寝つけないんだよねぇ。
最近は自分のベッドでもなかなか寝つけないんで、あの狭い飛行機のシートではなかなか寝れないんだよ。
3人掛けシートに一人で座ってたボクは、何回も斜めになったり横を向いたりと姿勢を変えてたんだけど全然寝れないんで、3人掛けシートを目一杯使わせてもらってお行儀悪く横にならせていただきました。
そしたらやっとウトウトしてきたんだけど・・・まだウトウトしてそれほど時間がたってなかったと思うんだけど、「グッドもぉ~にぃ~ん」って放送で起こされたの。
目を覚ますと機内が明るい・・・朝だぁ!と一瞬思ったんだけど、ただ照明がついてるだけで外は真っ暗。
そりゃそうだよね、到着するのが深夜の3時50分なんだからね。
で、なんで起こされたかと言うと朝食が出るらしい。
さっき軽食を食べたばかりなのにもう朝食(^^;)
メニューはパン2個とスクランブルエッグとフルーツと明治ブルガリアヨーグルト。
お腹はもちろん空いてなかったけどとりあえず貧乏人根性で完食したわ(笑)
朝食を食べ終わった頃にはもう着陸態勢。
機長の予定通り3時50分にバンコクに到着したわ。
結局さぁ、寝ている間に現地に、何と便利な深夜便!・・・と思ってたんだけど、ほとんど寝れなかったんだよねぇ(--;)
バンコクの空港ではラウンジにいったり、スモーキングエリアにいってタバコ吸ったり、ショップを見て回ったりしてたけど・・・やっぱ4時間は暇暇で退屈でした。

あっ、そうそうタイは4回目なんだけど、だいたいどこにいっても「こんにちわ」と「ありがとう」ぐらいは現地語で言えるように覚えていくんだよね。
だって、この言葉って現地語で言ったほうが相手も喜んでくれるからね。
で、知ってる人も多いと思うけどタイ語で「こんにちわ」って「サワッディK」って言うんだよね。
「K」のところは男子なら「クラッ」って発音して、女子なら「カー」って発音するらしんだけど、ボクは・・・・もちろん可愛く「カー」って発音するようにしてます(笑)

あっ、そうそう今日の日記のタイトルなんだけど、バンコクのスモーキングエリアでタバコを吸ってた時に、二人の男子が入ってきたのね。
日本人でもなく、タイ人でもなく、紅毛人よ。
その二人は顔が似てたので兄弟だと思うんだけど、ちらっと見て思わず釘付けになってしまったの。
だって、顔が・・・すごくびっくり顔なのよ。
つまり普段の顔の時も驚いた時の顔なんだよね。
これでホントに驚いた時にはどんな顔になるんだろうって考えたりしてると何かおかしくておかしくて(笑
まぁ、ボクも他人の顔を決して笑えるような顔してるわけじゃないけどね・・・

と、言うような感じで旅日記を書いてると長くなって何回続いてしまうやらって感じですねぇ(^^;)
終わらない内にまた次の旅もあるかもわからないし、出来るだけスピードアップして短文で簡潔に書いていこうと思ってるんだけどねぇ・・・

001_20091010160546.jpg

上左:スワンナプーム空港
上右:ラウンジ
下左:ラウンジの食べ物
下右:ボクが食べたフルーツ


動画サイト
メンズキャンプ バディ ExGays Boys Star Movie
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード