FC2ブログ
ボクがセルフで撮ったゲイ・ヌード【MEN'S NUDE】と下着【UNDERWEAR】の写真、そしてボクのセキララ日記を綴った【ゲイ・ヌードブログ】です。
2018/09«│ 2018/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/11
00:36:19
IMG_1837-1.jpg

シギリヤロック登山に疲れて、何か所か寄り道をしたり休憩したりしながらホテルに戻った
と、前回の日記で書きましたが、
その寄り道の一つは、マッサージにいったんですよね。

IMG_1840-1.jpg

スリランカでは過去2ケ所ぐらいマッサージ店に行ったことあるんだけど、
その内の1ケ所は、マッサージしてくれてた女性が突然『エロサービス』のお誘いをしてきて、それを断ったら女性が拗ねて(怒って?)、途中で止めたもんだから、事情を知った友人Sがお店の人に凄い怒って(何言ってたのかわからないけど)、ケンカになりかけた、という苦い思い出もあったりして、あまりいい思い出がなくて、スリランカではマッサージに行くことは諦めていたんだけど、疲れてホテルに戻ろうと言ったボクに友人Sが『マッサージ店に寄るか?』と言ってくれたので行くことにしたんですよ。
過去の経験からイヤな予感はしたんだけど、このお店では受付でマッサージする人を男性か女性か聞かれたので、すかさず男性と言いました。
もし女性を選んでいたら、また『エロサービス』のお誘いを受けるかもわかりませんからね。

で、マッサージをしてくれるお部屋(小屋)に案内してくれたんだけど、三代目彼氏と同室でした。
つまりツインになっているマッサージルームです。
で、マッサージをしてくれる男性がマッサージルームに入ってきたんだけど、二人ともどう見ても二十歳そこそこの若い男の子でしたw
まず下着だけ穿いたままマッサージするか全裸でするか聞かれ、ボクはもちろん全裸を選択、三代目彼氏は下着を穿いたままを選択してました。
マッサージはうつぶせになって背面を足から頭まで順にマッサージして、それが終わると仰向けになって又足から頭までマッサージって感じなんですけど、もう、手つきがエロでしたw
うつ伏せの時はお尻ばかり揉んでくるしその手つきが・・・
仰向けの時はチン○周辺ばかり揉んでくるしたまにチン○も・・・
そして両手で両乳首を・・・乳首のマッサージなんてないでしょw
ボクは乳首が弱いのでその時は声を出さないように(隣に三代目彼氏いるので)、身体をよじりながら我慢してました。
マッサージしてる男の子はその姿見て笑ってたし。
完全にエロサービスのお誘いを受けてるパターンなんだけど、特にそこらへんのお誘いもなかったわけで・・・
終わってから三代目彼氏に聞くとだいたい同じようなことされたらしい。
そういえば三代目彼氏は乳首を触られてるとこそばくてキャッキャッ笑ってましたわw
いつも思うんだけど、ゲイだからこんなことされて喜んでるけど、ノンケだったらどう反応するんでしょうね。
それとも、ボクらが見た目でゲイだとバレたのか・・・

ホテルに戻ってから休憩してから友人S宅に。
IMG_5529-11.jpg
奥さんのお尻を写したわけじゃありませんよ。
奥さんと二人の娘さんがディナーの準備をしてくれました。
そして奥さんの手料理ディナーです。
IMG_5531-11.jpg

食後にはデザートも。
IMG_5532-11.jpg
カード(水牛のヨーグルト)です。
コレに甘いハチミツをかけて食べます。

そんなこんなで最後に娘さんと記念撮影。
IMG_5535-11.jpg
確か、17歳と14歳だったと思います。

ま、その時の楽しいひと時についても書いたらキリないんだけど、マッサージが話が長くなったので、今日はこのありで終わりにします。

IMG_1859-blog.jpg

2018/10/11
23:06:13
アーユーボワン(こんにちは)
IMG_1749-Edit-1.jpg

ダンブッラ二日目です。
午前早い時間からトゥクトゥクに乗ってお出掛けです。
IMG_1754_HDR-1.jpg

目的地に向かう途中、友人Sの案内で寄り道をしながら。
IMG_1763-1.jpg
畑仕事をしている時に野生の象が現れたら、避難するために、そこらじゅうにこういう木の上に避難場所(ツリーハウス)があります。

そして本日の目的地は・・・
IMG_1786-1.jpg
シギリヤロック(世界遺産)です。
シギリヤロックがどういう場所かというと、
5世紀、クーデターを起こして王様の父から王権を奪い取ったんだけど、弟から復讐されるのが怖くて、このシギリヤロックの頂上に王宮を建てたんだよね。
でも、結局、弟から復讐された、という話です。

ボクが初めてスリランカに来たのはもう7年前。
TV番組かでこのシギリヤロックを見て、『よし、ココに行こう!』ということでスリランカに来たんですよね。
その後、2回目に来た時(5年前)にも、シギリヤロックの頂上まで登りました。

入口ってわけじゃないけど、入口付近にあるので、ここを通過する時は『さぁ、登るぞ!』って感じの大きな岩です。
IMG_1795-1.jpg

入口を通り過ぎると、厳しい登り道が始まります。
IMG_1808-1.jpg
7年前はまだここを訪れる人は少なかったと思うけど、今は人の多さも凄いことになってます。
だから朝早くに来たんですけど、それでも人は多かったです。

IMG_1798-1.jpg

やっぱね、自分は高所恐怖症だと再認識しました。
IMG_1815-1.jpg

IMG_1824-1.jpg

7年前の1回目は、この階段を登るのが怖くて怖くて、途中で挫折しそうになりました。
5年前の2回目は、一回経験しているせいか、それほど恐怖感を感じることもなく登れた、と記憶しております。
で、今回3回目なんで、全く気にしてなかったんですけど、怖くて怖くて、ずっと足がブルブル震えてました。

でもガンバッテ、頂上です。
IMG_1805-1.jpg
頂上に登るって下を眺めると360度周りはジャングルです。

登るということは当然下りなければいけないわけで・・・
IMG_1814-1.jpg
恐かったけど、登りのほうがやっぱ怖かったです。

実は、このシギリヤロック近くに、ピドゥランガラロックというのがあって、そこの頂上からシギリヤロックを望むということを予定していたんだけど、シギリヤロックを登るのに体力を使い果たして、行けませんでしたw

疲れきってしまって、このあと何か所か寄り道したり休憩したりしながらホテルに戻りました。
この日の夜は、友人Sの奥さんがディナー(手料理)にご招待してくれているので、又、夜に友人Sに迎えにきてもらうことにしました。

IMG_1847-blog.jpg

2018/10/09
00:05:18
前回の続きです。

ダンブッラにある石窟寺院です。
IMG_1707-1.jpg

世界遺産なんですよね。
石窟寺院はちょっと小高い山の上にあるので、登っていかなければならなくて、石窟寺院から見た街の景色はこんなのです。
IMG_1714-1.jpg

今回は裏側から登っていったんですけど、表側はこんな感じで、黄金寺院とも呼ばれてます。
IMG_1717-1.jpg

IMG_1718-1.jpg

この日はこれで観光は終わりにして、ホテルに戻ってホテルのレストランで晩御飯を食べました。
IMG_5515-1.jpg

IMG_5512-1.jpg

ダンブッラというと、スリランカでは大きな街のほうだと思うんですけど、夜にちょっと飲みに行くとか、食べに行くといったお店とかは全然ないような街なんですよね。
ま、そういう意味では旅先での夜のお楽しみ?は全然望めない街なんですよ。
これまでよく行っている海外の街の中でもかなり田舎。
付近はジャングルだらけですからねw

ホテルの部屋の中にはヤモリ?が
IMG_1727-1.jpg

部屋のベランダにはリス?が
IMG_5521-1.jpg

ホテルのお庭にはトカゲ?が
IMG_5546-1.jpg

そんなこんなでダンブッラ一日目が終了しました。

IMG_1850-blog.jpg

2018/10/06
16:26:57
バンダラナイケ空港です
IMG_5485-1.jpg

スワンナプーム空港で7時間待って、またTGに乗って着いたのが・・・
スリランカのバンダラナイケ空港です。
はい、今回の旅は『スリランカ』でした。
スリランカは3回目、5年振りです。
着いたのが深夜0時半頃。
一泊目のホテルは予約してなかったので、空港の旅行代理店に。
いくつか代理店があるんだけど、過去2回と同じ代理店に行きました。
過去2回、代理店に行ってまず『タバコ吸いたい』って言うと、
『カウンターの内側で吸ったらいいよ』と言われ、
こんなところで吸っていいのかよ!って思いながらも吸っていたので、
今回も代理店に行って『タバコ吸いたい』って言ったんだけど、
今回は吸っていいとは言ってもらえませんでしたw
タバコにたいして厳しくなったのかなぁ。

ということで、手配していただいた空港近くの安宿に。
IMG_1653-1.jpg

IMG_5486-1.jpg

シンプルな部屋で、セキュリティ的にはかなり不安のあるお部屋でしたw

翌日、代理店で頼んだタクシーで目的地であるダンブッラに向かいます。
IMG_5490-1.jpg
なんでドライバー以外の人が乗っているのかなと思ってたら、途中で降りましたw

ダンブッラまで約3時間なので、途中で朝食をとりました。
IMG_5493-1.jpg
ビュッフェでしたけど、半分がカレーでしたw
カレーは避けててもいつか出会ってしまうはずなので、出来るだけ避けるように心掛けてますw(辛いカレーは苦手なもんで)

ダンブッラのホテル到着
IMG_5542-1.jpg

ホテル到着後、すぐ友人Sに連絡し、5年振りの再会。
IMG_5496-1.jpg

まず向かったのはSのお家です
IMG_5508-1.jpg

奥さんとも久しぶりの再会です
IMG_5509-1.jpg
写真に写ってるのが奥さんと、甥っ子です。
この時Sの娘さんはいなかったけど、ボクとの再会を楽しみにしてるよと言ってくれました。
ボクも当時(5年前)、9歳と12歳だった娘さんがどう成長したのか会うのが楽しみです。
翌日、Sさんの奥さんの手料理をいただくことになっているので、翌日に再度Sさん宅を訪問することにして、お出掛けしました。

IMG_1676-1.jpg

IMG_1678-1.jpg
遺跡ですね。
長くなったので続きは次回で。

IMG_1848-blog.jpg

動画サイト
ゲイビデオ・ゲイ動画のゲイビデオズ ゲイビデオ・ゲイ動画のゲイビデオズ ゲイビデオ・ゲイ動画のゲイビデオズ Acceed Gay制作委員会 KO COMPANY
FC2カウンター
月別アーカイブ
最近のコメント
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
QRコード
QRコード